チキ便り~バスク地方のとある街より

スペイン北部からフランス南西部に広がるバスク地方から発信しています

2005年11月

美味!

土曜日にフルコース料理を食べてきました。

一品め サラダ(空腹だったので写真撮り損ねました)(^ ^;)

トマトやジャガイモ、黒オリーブなどの具に
シェフの説明によるとトリュフ入りビネガーをかけたそう。
キャビアもどき(見た目はかなり近いです)も混じってました。

二品め ポロねぎのパイ アスパラガスクリーム添え

6f048e60.jpg


これ大好きなんですよ?♪
サクサクのパイ生地の中にトロリとやわらかいポロ葱の具が
詰まっていて、今日はふわふわのアスパラガスソースまで
添えてあります。これがあっさりしててまた良く合う☆
シェフがソースの作り方を解説してましたが
私は写真を撮るのと食べるのに忙しくてレシピ覚えてません。

三品め まぐろのスカロッぺ 赤ピーマンソース添え

24883fc9.jpg


一見お肉みたいですよね。食べてみても魚の臭みがなくて
あっさりした身にこの赤ピーマンベースのソースを
からめるとちょうど良い食感なんです。
上に乗ってるのは緑のピーマンのソテー。
スペインはピーマンを使った料理もバリエーションが多くて
日本ではピーマン嫌いだった私がピーマン好きに
変換してしまったくらいです。

四品め 狩猟料理

1f70ec5a.jpg


秋は狩猟のシーズン。この画像は「野鳥」料理ですが
シェフ自らしとめてきたものです。
狩猟料理には他にも、鹿・イノシシなどもあります。
普通の食肉より味が濃いのでワインや野菜をふんだんに使った
ソースでことこと煮込むと独特な旨みが出るのです。

この後はデザート・シャンパン・コーヒーで締め。

あぁ、満腹・大満足です。
量の割に胃にこたえなかったのは、それぞれの分量が
適度だったからでしょうね。

で、どこで食べてきたかというと、レストランではなくて
義妹の家なのです。義弟は、プロのシェフ並の腕前で
バスク地方というとよく話題に出る「美食クラブ」のメンバーでも
あり、そのクラブで新しいレシピを覚えてきたり、料理番組を見たり
とても研究熱心。家族・親族はその恩恵にあやかってる
わけです。

この日は義妹の誕生祝だったのですが、親族のクリスマスディナー
元旦のランチもまたこの「シェフ」にお任せです。彼の口から
「なんで自分だけやらなくちゃいけないんだ?」なんてセリフは
決して出てきません。義弟が料理中は「台所立ち入り禁止」で
手伝う必要もないんです。

新しいメニューで皆を驚かせたり喜ばせるのが好きなのでしょう。
良い人だ(^-^)

いつも料理をふるまった後に皆から「レストラン開いたら?」と
言われるようですが、本人は「家族や友達の分を作るのと
レストランで仕事として料理するのは全然内容が違うから」
と、全くその気はないようです。趣味に留めておくのがいいと。

「じゃあ、料理本を作るのはどう?」と言うとまんざらでもない
といった表情でした。
今まで作ったメニュー一覧やレシピも自分で整理してて
「だいたいここに入ってる」と頭を指差してました。

普段は技師の仕事をしてるんですが、狩猟・魚釣りが好き
山に入ればどっさりキノコを採って来るし、大工仕事もこなすし
一家に一人こんな人がいたらいいですよねぇ。

ちなみにバスク地方でイチバンのおすすめレストランは
義弟によると「スベロア」(Zuberoa)だそうです。
私もいつか行ってみたい。

商談不成立

本業での商談(仕入れ・買い付け)ではありません。

今日、いつものように店番をやっているとかな?り久しぶりに
モロッコ人風の物売りが入って来ました。
(以前の扇風機売りと同じ人かどうかは不明ですが)

折りたたみ式の木製サイドテーブルを1個抱えてました。

私「買えませんよ」(間髪いれず)
モ「見たくない?」(アラブ系商人は粘り強?いから)
私「こんな天気だから(どしゃぶり)お客さん来ないし
  お金無いよ」
モ「あぁ、こんな日は家にいるのがいいね。買わない?」
私「月末だからねぇ、お金無いの」
モ「月末か、、、」

良く見るとそのサイドテーブルは手彫りで磨き上げてあって
なかなか良い味です。きれいに片付いた部屋に置けば
アートっぽくて素敵かも、しかし我が家では・・・

私「いくらなの?」(興味はあるので)
モ「150ユーロ(2万円ちょっと)」
私「あぁ、無理無理」
モ「いくらお金ある」(出た、アラブ商人方式)
私「だから無いって」
モ「(レジを指して)いくらある」(おぃおぃ)
私「ここのはお釣り用だからタッチできないの」
モ「いくらある」
私「いくらあっても出せないの」

アラブ式ではまず売るほうがかなり高値で初めるか
買い手が買い値を言って、そこからお互いが歩み寄るようです。
だから言われた金額を簡単に払ってはいけません。
「大好き♪」「欲しい!」と思っても瞳をキラキラさせてはいけません。

帰りかけようとしながら、店の服を指差して「服でもいい」
といった態度だったので

私「子供服だから、サイズが合いませんよ」
モ「3人子供がいるから」
私「何才の?」
モ「10才、5才、2才」
私「じゃあ、これなんかどうでしょう」(立場逆転?)
モ「うん、いいね。10才用のは?」
私「ちょっと待って、良いのがあるから出して来ます」

モ「ちょっとコレは大きすぎるな」(残念)
私「じゃあ、このシャツは?」

気に入った様子。

モ「これとこれで、、、あと50ユーロ」(現金要求?)

私「それは高い」
モ「50ユーロ」
私「持ってないもの、銀行行くヒマも無かったし」
モ「今行こう」(おぃおぃ)

この辺りで「危ない?!」とご心配いただきましたら
どうぞご安心を、ホイホイ一緒に行ったりしませんから。
それに危ない人と危なくない人の区別は目付きと挙動でわかりますから
危なかったらここまで長く対話してません。

私「ジャケットとシャツで、どう」
モ「50ユーロ」(もぅ-苦笑)
私「あぁ、この後買い物に行かなくちゃいけないしね。
  もうすぐ子供が学校から帰って来るからね。子供に食べさせる
  ご飯が最優先」(ウソ言ってません、この日は給食が無い日)
モ「50ユーロ」

と言いつつまたテーブルを抱えて去って行きました。

服2点+20ユーロなら良かったかな(笑)
自宅のPC横に置けそうなテーブルだったし。
20ユーロで彼もスーパーで家族の為に買い物できたでしょうし。
私も今一歩詰めが甘かった。まだまだ修行が足りない。

注:実店舗では通常「物々交換」的販売は行っておりません。
   念の為(^ ^:)

懲りずにミニバラ

42d4ba81.jpg


何がいけなかったのか・・・今まで我が家のベランダで
生き残っていたミニバラが壊滅状態です(T-T)
特に、何年も元気だったクリーム色のミニバラまで
枯れてしまったのが残念でした。

もっと無難なものだけ置いておこうか、とも思ったんですが
やっぱりバラがイチバン好きな花なので
「ま、ダメになっても切花よりはずっと長持ちするし」
とガーデニング愛好家の人にきっとあきれられるような態度で
また懲りずに新しい鉢を買ってきたのでした。

この色でなかったら買わなかったと思います。
バラの花のつぼみの開き具合、好きなんですよね。

ところで、明日辺りから北極寒気団が南下してくるらしいので
霜にやられないように、夜間は家の中に避難させようかな。

クリスマスのお菓子 1

fa3455e7.jpg


あんまり実感わかないんですけど、クリスマスまであと1ヶ月。
近所のスーパーもクリスマス用のお菓子コーナーを店内に設けて
色々なスペインのお菓子を並べています。

本来はクリスマス用に買い置きするはずのものですが
台所の棚にあるとつい「食べちゃおうか」となってしまいます(^ ^;)

写真のお菓子はスペインのクリスマス用お菓子の中でも
一番ポピュラーなturron(トゥロン)というものの
チョコレートバージョン・ヘイゼルナッツ入りです。
アーモンド入りと並んで我が家では人気があります。

定番はアーモンドをつぶしてペースト上にして砂糖やハチミツを
混ぜて固めたもので、最近はアーモンド版の他に
もっと種類も増えて色々な味のものが出ています。
日本の羊羹のように適当な大きさに切り分けて食べます。

88362adf.jpg


こんな感じに他のお菓子と一緒にお皿にてんこ盛りにして
クリスマス時にはどこの家庭でもテーブルに出されます。

きっと羊羹よりずーーっとカロリーが高いはずなので
買い置きのつまみ食いは危険です。
真似すると中身も外見もスペインのおばちゃんになってしまう(^ ^;)

うれしいお裾分け

もう何日も雨続きで外に出るのもおっくうなんですが
片付けないといけない用事は溜まる一方なので
雨がやんだ間に一気にやってしまいました。

13:00 実店舗を閉めて昼休みに入る

13:15 市役所で外国人用住民登録の更新
    (人が少なくあっという間に済む)

13:20 郵便局での用事 長い列(いつものことなので根気で待つ)
     その割に早く順番が回ってきてラッキー

13:35 仕事用の銀行で振込み手続き

13:40 自宅用の銀行で振込み手続き

13:50 帰宅

と、割と早めにいくつもの用事が済んで良かったんですが
その分かなりの勢いで歩きまわったのでぐったり。
「あぁ、これから昼ご飯の用意かぁ」と思うとさらに疲れが(^ ^;)
で、台所に入ると、テーブルの上にこんなものが!

e9b82005.jpg


お隣りのおばあさんお手製の
直径30cmのガリシア風ツナのパイ、焼き立てです♪
(enpanada de atun=ツナのパイ)
あぁ、なんてグッドタイミング、ひたすら感謝です。

夫は「焼いてすぐがおいしいんだから」と、もうとっくに自分の分は
食べていました。

1980-1981 REAL SOCIEDAD
CAMPEON
(レアル・ソシエダがリーグ優勝した時の記念グッズですな)

そんなレトロなブリキのトレーに乗せてあるんでウケました。

でも、もちろんお隣りのおばあさんは私がレアル好きだからって
ウケを狙ったんでもなんでもなくて、ただ焼き上げたパイのサイズに
このトレーがキチッっと合ってたから乗せただけのことでしょうけどね。

ツナのパイ+キズが入ったサッカーチームの年代ものトレー(笑)
という組合せがなんともスペインらしかったので
つい写真に撮ってしまいました。

W杯出場権獲得(やっと)

ふぅ、スペインも出ることが決まってホッとしました。
やっぱり、スペインと日本が出ないと私的には愉しみが
減りますからね。

昨日の対スロバキア戦(2戦目)1-1の引き分けでしたが
1戦目を自国で5-1と快勝していたので、気持ちに余裕が
あったのが良かったんでしょうね。

何しろプレッシャーに弱く内弁慶なスペインチーム
もし昨日負けてたら「雨が降ってたから」「寒かったから」
「グラウンドの状態が悪かったから」と、何かのせいにする
典型的なスペイン人の言い訳をしていたところでしょう。

先制点を入れられた後なかなか得点をものにできなくて
解説者も何かのせいにしたがっていたようですが(苦笑)
雨で寒くてぐちゃぐちゃのグラウンドでプレーしてるのは
相手チームも同じ条件なんだけどな(やれやれ)

1戦目に大活躍したルイス・ガルシアやレイェスを外して
かなり違うメンバーで構成したルイス・アラゴネス監督
緊迫した状態で表情も硬く、近づいたTVカメラのレンズを
手で覆う場面もありました。

「ここらでモリエンテスを入れて1点入れよう!」と
TVを見ながら子供達に向かって私が言ってると
少し後にモリエンテスとビリャが交代で入って、間もなく
ホントに1点入れました。これは嬉しかった。

久しぶりに出してもらえたシャビ・アロンソの見せ場も無かったし
安堵感が大きくて高揚感は不思議と無い試合でしたが
とりあえず結果良ければってことで。
来年が楽しみ♪

八重咲きカランコエ

a03d306d.jpg


最近ずいぶんと日暮れが早くなってきました。
天気も悪くどんよりとした日も多いので
新しい花でもゲットして雰囲気を明るくしよう
ということで買ったのがこれ♪
実物はこの画像よりもう少し小さめです。

カランコエは丈夫で、日当たりと水加減さえ良ければ
次々に花を咲かせるので、とりあえず何か可愛い感じの
鉢物が欲しい時におすすめですね。

他のものと寄せ植えにする時もわりと組合せやすい
タイプだと思います。

最近八重咲きのものをよく見かけるようになりました。
お店にはホワイト、レッド、フューシャピンクなども
あったのですが、この中途半端な(笑)色加減の
サーモンピンクを迷わずゲット。

珍しいもの、他と違うものが好きなんです(^ ^;)

一重のカランコエも可愛いですけど、八重咲きになると
なんだかミニバラをさらに小さくしたような雰囲気ですよね。

ホワイトも可憐な感じでいいんですよ。
薄色系の花で暗い冬のベランダを少し明るくする計画
立ててみようかな。

ムール貝のホタテソース仕立て

 スペインではとても庶民的な食材のムール貝、ワイン蒸し
 にしたりマリネ仕立にしたり、パエリャに入れたり・・・
 と色々な食べ方があるんですが、我が家の最近のお気に入りは
 「ホタテソース仕立て」ムール貝はもちろん、ホタテソースが
 これまたおいしいので、フランスパンにからめて食べます。

 0247b033.jpg


 とはいっても、缶詰を開けて温めるだけの、超手抜きの一品(^ ^;)
 本当はガリシア地方のメーカーのがもっとおいしいのですが
 家に一番近いスーパーの自社ブランド品(画像)でもいけます。

 バスク地方のスーパーなので、商品名も上から順番に
 スペイン語・バスク語(あとはフランス語?ポルトガル語?)
 と4つ並んでます。
 
 でも、普通のお皿に入れてレンジでチンするんじゃなくて
 我が家ではcasuera(カスエラというスペインの土鍋)に入れて
 弱火でじわっと温めます。

 3c0dddd6.jpg


 これはもう15年くらい使ってるんですが、これに入れて
 温めて出すだけで、何でもスペイン風田舎料理っぽく見えます。

 豆とソーセージの煮込みとか、タラのトマトソース煮とか
 カタツムリ料理とか、その他色々、軽食を出すバーに行くと
 カウンターにその店自慢の料理がこのカスエラに入って
 並んでいるところもあります。

 我が家ではこれでグラタンを焼いたり、おやつ用に
 スポンジケーキを焼いたり、ベークドポテトを作ったり
 と何にでも使っちゃいます。

MTVヨーロッパアワーズを観る

11月3日、ポルトガルのリスボンで行われた
MTVヨーロッパ・ミュージック・アワーズの授賞式が
珍しくスペインでも地上波で(深夜でしたけど)放送されたので
しっかりビデオにとって見ました。

メインの司会者がBORATとかいう謎のカザキスタン人
(たぶんヨーロッパに住んでいるコメディアンでしょうけど)で
これがもうめちゃくちゃ毒舌で観客をイラつかせるキャラでした。
MTVの授賞式っていつもこんな感じにぶっ飛んでるのでしょうか。
今まで見てなかったのでわかりませんけど。

オープニングアクトはマドンナ
あのアバに頼みこんで「ギミー・ギミー・ギミー」のイントロを
リミックスした新曲のお披露目です。
鍛えた体は48才にしては素晴らしいけれど、あそこまで
衣装をハイレグにしなくても・・・と思ってしまいました(^ ^;)
でもその強烈なハイレグ効果のせいか(笑)その新曲「Hung up」
今も頭の中でぐるぐる鳴ってます。

その後、今年活躍したミュージシャン達がプレゼンテイターとして
続々登場したんですが、私はシュガーベイブスを見て驚きました。
最近英ヒットチャートで「Push The Button」が1位になった
女の子3人組みで、そのPVではその3人がセクシーで
とーーっても可愛くて、ダンサブルなその曲、気に入ってたんですが
当日の3人はPVと余りにも落差が・・・
PVはスタイリストさんとメイクさんの力の賜物だったのでしょうか。
せっかく今上り調子だから力抜かないほうが良いと思うなぁ。

でも「Push The Button」はいいですよ♪
「恋のマイアヒ」ほどは売れないかもしれないけど。

受賞者はこんな顔ぶれでした。

●最優秀男性アーティスト  ロビー・ウィリアムス

 フェロモン発散タイプの人は苦手なんですが
 この人確かに歌が上手いです。
 新曲「Trippin」のサビの部分、特に好きです。

●最優秀女性アーティスト シャキーラ

 スペインでも人気が高いSHAKIRA
 小柄なのにとてもダイナミックな人です。
 でもこの賞、私はグェン・ステファニにあげたかった。

●最優秀グループ ゴリラズ

 デーモン、もう消えてしまったの?と寂しかった
 私の心配を吹き飛ばしてくれたGORILLAZの
 今年の盛りあがり様、嬉しかったです。
 メインキャラクター達はホログラム風の立体アニメで
 ステージに登場しました。面白いわぁ。

●最優秀ロック・アクト グリーン・デイ

 文句無いですね。「ロックは死んでない!」っていう
 エネルギー充満のアルバムとステージを見せてくれた
 グリーン・デイ、聴くと元気出ます。

●最優秀ヒップホップ・アクト スヌープ・ドッグ

 この人のゆるゆるヒップ・ホップ、けっこうハマります。
 心地よいんですよね。スヌープ・ドギー・ドッグって名前
 長すぎるので、我が家では(私・長男・次男の間)
 TVで見かけると「ほら、犬、イヌが出てるよ」で通じます。

●最優秀ソング コールドプレイ「Speed Of Sound」

●最優秀ポップ・アクト ブラック・アイド・ピーズ

 ラップやヒップ・ホップって似たり寄ったりぽくて
 私にはどうでもいいジャンルなんですけど、このグループは別格。
 「エレファンク」というアルバムに入ってる「hey mama」のPVを
 見て以来のお気に入り。おしゃれだし、ダンスもめちゃうま。

●最優秀アルバム グリーン・デイ『American Idiot』

●最優秀新人 ジェームス・ブラント

●最優秀ビデオ ケミカル・ブラザーズ「Believe」

●最優秀UK & アイルランド・アクト コールドプレイ

今年は好きなタイプの音楽が次々に出てきて楽しめた年でした。
って、まだ終わってないけど(^ ^;)
livedoor プロフィール



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


ランキングに参加しています。
ポチッと押してくださったら嬉しいです(❛◡❛)
最新記事
ギャラリー
  • MUJI BGM 22 Basque 無印良品のBGMシリーズ。 新作「22」はバスクがテーマ
  • MUJI BGM 22 Basque 無印良品のBGMシリーズ。 新作「22」はバスクがテーマ
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 3月号「幻のバスク豚に会いに」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 2月号「バスクのディープなる美食ワールドを探訪」
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ1月号「体で覚えるバスク文化!」ほか
  • バスクより新年のご挨拶
  • バスクより新年のご挨拶
  • 植松良枝さんのバスクバルレシピブック BASQUE BAR RECIPE BOOK: スペインバスクの美食の地サン・セバスチャンへ。
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • Urte berri on!! 2016年もよろしくお願いいたします。
  • 秋色に染まるバスクの街
  • 秋色に染まるバスクの街
  • 秋色に染まるバスクの街
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ