チキ便り~バスク地方のとある街より

スペイン北部からフランス南西部に広がるバスク地方から発信しています

2006年04月

追憶の黒いシャツ?

ネットニュースの目次で見て「?」と思いながらクリックすると
フアネス(JUANES)の「La Camisa Negra(ラ・カミサ・ネグラ)」
の邦題でした。

直訳は確かに黒いシャツなので、それでは物足りないと
「追憶の」をくっつけたのかな?

まぁ、よくあることですが。
でもタイトルだけ見ると昔(笑)流行ったフリオ・イグレシアスの
「黒い瞳のナタリー」みたいなムード歌謡曲っぽいですよ(^ ^;)

「La Camisa Negra」は、スペインでは去年大ヒット
先日欧州議会でも議員さん達を前に招かれたファネスが
唄ってましたし、最近来日もして喜んだ女性ファン達が
ステージに下着を投げる様子を今日スペインのTVニュースで
見ました。

ラテンミュージックは色んな意味で「濃い」ので
私はちょっと苦手なんですが(^ ^;)
ファネスのサウンドは心地よく聴けます。

この「La Camisa Negra」、ヨーロッパの議員さん達も
日本の女の子達も軽やかなギターサウンドとリズムにのって
ニコニコしながら踊ってましたが
内容は彼女に出ていかれてもう落ちこんじゃってしょうがなくて

「オレは黒いシャツ着て喪にふしてる気分なんだ」とか
「あの日おまえに出会ったのが運の尽き」とか

「苦しいよ?、つらいよ?」と泣きの入った悶々とした歌詞
なんですが、それを実にカラッと(笑)唄ってるのです。

これはコロンビアで生まれ育ったからできる技なのかも。
陽気さの影に秘められた哀愁っていうやつです。

アマゾンのサイトを見てみると(日本語表記はフアネス)
まずアルバムタイトルに驚き!
「愛と情熱の絆」、、、原題は「Mi Sangre」
直訳すると「オレの血」なわけですが。

確かに体の中には「愛」と「情熱」と「絆」を含んだ
ラテンの熱い血が流れてますからねぇ。

1.愛して欲しい Amame
2.全てはあなたの愛のために Para Tu Amor
3.夢 Suenos
4.追憶の黒いシャツ La Camisa Negra
5.あなたの愛無しではいられない Nada Valgo Sin Tu Amor
6.愛に満たされて No Siento Penas
7.君の全てが欲しい Damelo
8.僕が愛する人 Lo Que Me Gusta A Mi

他続く

日本語だとちょっと恥ずかしいタイトルが並んでますねぇ。
スペイン語だとストレートでどうってことないんですけど。

特に7.の Damelo は直訳すると「オレにくれ!」ですよ(笑)

他のラテンミュージックとはちょっと違う味のあるJUANESの曲
普通のポップスやロックに飽きた方におすすめです。

おまけ

フアネス(Juanes)という名は
本名「フアン・エステバン・アリスティサバル・バスケス
(Juan Esteban Aristizabal Vasquez)」
を縮めたニックネーム とありますが

スペイン語名ではフアン・マリアとかフアン・カルロスとか
フアン・○○というのを縮めて「フアンマリ」「フアンカル」と
呼ぶので、フアネスの場合もそうだと思うんですよ。
姓は関係無し。

ちなみにAristizabal は父親姓 Vasquez は母親姓と
思われますが、Aristizabal はバスクの姓なので
JUANES にはバスクの血も流れてるのですね。
へぇ?。

とまあ、JUANESに興味が無い人には全くどうでもいい内容
でしたが、検索で見て下さった人に「お!」と思って
いただけたらそれでいいのです(^-^)

e37e2933.jpg


「世界が恋に落ちた、情熱の貴公子」

というのが日本でのキャッチコピーですって。

う?ん、貴公子ってのはちょっとどうかと思いますけどね。
スノッブではない庶民的な人ですから。
でも皆を魅了するオーラがある人ですね。

インタビューを読んだり、活動振りを見ると

「男も惚れる、みんなの兄貴、ファネス!」

って感じなんですけどね。マーケティング的にはバツかな(^ ^;)

6月にやっとCDデビューとのことですが、夏向けのCMとうまく
タイアップしてプロモーションしたら日本でもブレークするのでは?

オピーリャの日

スペインのカレンダーを見ると、どの日にも
「聖○○の日」と守護神(?)の名前が書いてあります。

今日は聖マルコスの日。
San Marcos は水に関係のある聖人らしく、その年の
豊作を願ってイルン、オンダリビアではこの日を祝うように
なったそうです。

49c184d4.jpg


聖マルコスの日、イルン、オンダリビアの子供たちが
必ず食べることになる
Opilla(オピーリャ)というこのお菓子、バスクのものらしく
とてもシンプルです。

ベースはスポンジケーキ、今回お菓子やさんで買ったのは
卵がチョコレートでできていますが
伝統としては「ゆで卵」(笑)を乗せることになってます。
バースデーケーキと同じく、子供の年齢と同じ数の卵を乗せる
のが伝統らしいですが、そんなに乗せたらケーキが
つぶれてしまう(苦笑)

毎年お隣のおばさんが作ってくれる Opilla は
伝統に沿って食紅(または赤チン-爆)で殻をピンクに染めた
ゆで卵が乗ってます。
(今ガリシア地方に外出中なので今年はもらえませんが)

3ba1439c.jpg


さてこのOpilla 結構色が濃かったので「チョコレート味ですか?」
とお店のおねえさんに聞くと「いいえ、アーモンド味のスポンジです。
(カウンターにずらっと並んでるのを指差して)
どれも同じですよ」と言うので、念の為「焦げてません?」と
尋ねると「焦げてません」と笑って答えたので買ったのですが。

「失礼な聞き方するなぁ」と思った人は日本にお住まいの方
「わかる、わかる」と頷いてくれた人はスペインにお住まいの方

子供達はこのケーキを教会に朝持って行って
神父さんに御払いをしてもらい、その後ピクニック風に
外で食べるのが習慣なのですが、我が家の子供たちは
洗礼も受けてないので、この日だけ教会に行かせるわけにも
いかず、ミサはパスして、お友達と一緒にどこかに
出かけて食べるようです。

というわけで、イルン、オンダリビアは今日も学校はお休み。
休み多すぎ(苦笑)

ジャスミンの香り

9e2c9a42.jpg


ジャスミンの花がやっと咲き始めました♪
ベランダに出るとふわーっと香りに包まれます。
人によって好き嫌いはあると思いますが、私にとっては
「好き」な香りなので、しばらくベランダの椅子に座って
にわかアロマセラピーを愉しんでます。

12080684.jpg


ほぼ実物大です。

ところで、KIRARAさんの絵日記で見かけた「成分解析」とやら
おもしろそうだったんで、私もやってみました。
ブログで流行ってるらしいですね。
ネット上には他にも色々なバージョンがあるようですが。

ハンドルネームだと
41%は砂糖で出来ています。
30%は度胸で出来ています。
15%は月の光で出来ています。
14%は愛で出来ています。

ですと。なんだかファンタジーしてていいですね(笑)

本名だと
40%は勇気で出来ています。
18%はやらしさで出来ています。
17%はお菓子で出来ています。
12%は情報で出来ています。
11%は知恵で出来ています。
 2%は大人の都合で出来ています。

ふ??ん。。。。微妙なミックス加減(笑)

KIRARAさんの解析結果、HNでも本名でも「墨汁」が
成分に入ってるのがなんかウケました。

オンダリビア散策 7

dab5bfc9.jpg


私達はアイスを食べながら海のほうへ向かいました。
途中にあるインテリア雑貨・家具のこのお店
とっても素敵なのでちょっと寄り道。

この日は休日ということで店内が暗くて良く見えなかったのが
残念ですが、今は白を基調にしたものを色々と揃えてあって
しばらくうっとりと眺めてしまいました。

以前ここでアンティーク調のワードローブと縦長の鏡を
実店舗用に調達したのですが、このディスプレイを見てると
「ホワイト系」に模様替えしたくなります(^ ^;)

fd1fd476.jpg


海に面した Paseo Butron(ブトロン通り) へ

パラドール前の広場、ギプスコア広場、サン・ペドロ通りと
並んで、オンダリビアを訪ねた人は必ずといっていいほど
この通りにもやって来ます。

スペイン人の習慣のひとつ、目的の無い「散歩」をしに
やってくるのです。

日本人だと○地点から○地点まで○○をしに、、と
何か用事があって移動することがほとんどだと思うのですが
(犬の散歩だって犬を歩かせるのが目的だし)
スペインの人達は「何もしない」「何も考えない」で
ぶらぶら歩くのが当たり前。

独りで歩いている人、家族や友達と一緒だったり、カップルで
歩いている人、ローラースケートや自転車の子供
繋がれないで辺りをぐるぐると歩き廻っている犬
ベビーカーを押している人、、、

赤ちゃんからお年寄りまでいろんな人達がそれぞれ
自分の好きなように、この通りでは過ごしています。
他の通りと違ってかなり幅も広く(20mくらい?)
もちろん車は入れません。

私達はアイスを食べながらしばらく波を眺めました。

スペインの習慣に合わせて(笑)何の目的もなく
そこからてくてくと先へ歩いて行くとスポーツセンターや
テニスコート、ヨットハーバーがある場所へ着きます。

c9d0c789.jpg


豪勢なヨットから、やっと一人乗れそうな小さな魚釣りボートまで
かなりの数が停泊しています。

観光客用に1日いくら(操縦士付)でクルーズするサービスも
あると聞いたことがあります。

さて、そろそろ家路に着くとしましょう。
ハーバーからまた同じ道を街中まで戻って
C/ZULOAGA(スロアガ通り)からまた深緑色のバスに乗ります。

オンダリビア-イルン間の路線とオンダリビア-サン・セバスチャン
の路線がありますので、ここからバスに乗る方は
バス前面に書いてある行き先を確かめて下さいね。

f499aba1.jpg


これはなんて言う木なのかな。
並木の花がとてもきれいでした。

家を出てから戻るまで約3時間の散歩コース。
途中写真を撮りながらゆっくりゆっくり廻ったので
無理なく適度な運動になりました。

バスク地方の他の都市に滞在される方もオンダリビアは
日帰りでも充分味わえる所ですので是非お越しください。
おいしいレストラン・BAR も選ぶのに困るほど
多数ありますしね(^-^)

オンダリビア散策 6

e695af15.jpg


オンダリビアといえば必ず出てくるこの風景。
C/SAN PEDRO(サン・ペドロ通り)

通りを挟んで両側にはぎっしりとレストラン・BAR
カフェテリアが軒を並べています。
合間に雑貨屋や他の店、銀行なども入ってますが
飲食点の割合が圧倒的に多いです。

ここへ行けばおいしいピンチョスやバスク料理
ワイン、サイダーにありつけます。

この日は昼食後に出かけたので

41a0c561.jpg


アイス屋さんに直行!(笑)

みかん味とチョコ・ピーナツ味のアイス、おいしかった♪

この通りには3軒ほどアイス屋さんがあります。
人が多く入ってるところがおすすめです。

ベンチに座ってそぞろ歩く人達を眺めながら食べてもいいし
ブラブラと海のほうへ向かって歩きながら食べても。

じゃ、次は海のほうへ行きましょう

オンダリビア散策 5

5c930e20.jpg


パラドールの広場から石畳を少し下って細い路地に入り
この階段を降りると

982488ef.jpg


ギプスコア広場に出ます。

2c897edb.jpg


こんな感じの建物が広場の周りに並んで建っています。

f500b1aa.jpg


HOTEL PALACETE

昔のお屋敷を改装したこじんまりとしたホテル。
横にはカフェテラスもあります。

知合いの話ではかなり感じの良い(部屋も応対も)
おすすめホテル、ということです。
機会があったら是非潜入調査してみたいと思ってます。

パッと見ても部屋数が少なそうなのがわかりますから
ここも要予約でしょうね。

オンダリビア散策 4

b068fd3e.jpg


パラドールの裏側からの眺め

オンダリビアにはパラドールをはじめ、色々と素敵なホテルが
あるのですが、私自身は近くに住んでるので
泊まる機会がありません(^ ^;)

パラドールの部屋・テラスからもこの風景が見えるはずです。

海に続く河口の対岸はフランス・Hendaya(エンダヤ)の街。

6e67061d.jpg


向うはフランス、こちらはスペインですが
屋根の色は統一されてますね。

静かな水上に点々と浮かぶ白いヨットやボート。
この風景を眺めているととても気持ちが和みます。

オンダリビア散策 3

33694142.jpg


パラドール EL EMPERADOR の入り口

アルマ広場の周りにはバスク様式の建物がぐるりと
並んでいます。

バスクの家には無骨な雰囲気のものが多いのですが
珍しくこんなに可愛らしい配色のホテルもあります。

03e9c1ca.jpg


HOTEL SAN NICOLAS

この日はイースターのパレードがあったので、交通規制の
テープがチラッと写ってます。工事中とかではありません。

部屋数は少なそうですから予約しておいたほうが無難でしょうね。

各ホテルの住所・電話番号・HPなどはわかり次第
追記しますが、検索すると出てくると思いますので
お急ぎの方は調べてみて下さいね。

4958247c.jpg


窓辺の花の飾り方もとても可愛くて女性客にうけそうですね。

オンダリビア散策 2

門の先へ進んでC/MAYOR マヨール通りへ入ります
(バスク語だと K/NAGUSIA ナグシア通り)

162bb231.jpg


画像で見るとちょっと薄暗いですが(^ ^;)
全然危なくないのでご安心を。

通りに面した建物の1階には雑貨店、食料品店
アンティークショップ、レストラン、ホテルのレセプション
などがあります。

細い通りを右に入ってみましょう。
小さな広場の右側に HOTEL OBISPO があります。
宿泊客用の入り口はさらに右側の奥のほう、、、

567c6b24.jpg


この階段を上がったところにレセプションがあります。

以前このホテルに知合いが泊まった時に
部屋も見せてもらったのですが、歴史のある建物に
ちょっと小洒落たカントリー風のデコレーションをした
プチホテル、といった感じで良かったですよ。

近代的なホテルにない味わい・雰囲気がおすすめです。

このホテルがある広場から上に行くと、マヨール通りの
先に見えた教会の裏、そしてパラドールのある広場に
出ます。

休日やホリデー中はかなりの人で賑わってますが
平日は地元のおじいさん達が日向ぼっこしたり
子供たちが遊んでたりする、のんびりとくつろげる場所です。

オンダリビア散策 1

17日(月)までこちらはイースターの休暇中です。
休みの日は出かけなくちゃ気がすまないスペインの人達。
只今国民大移動の真っ最中です。

遠出はできないものの、ちょっとお隣のフランスの街まで
行ってみようかな、と思いつつ、家でのんびりしてるうちに
時間も過ぎてしまったので(^ ^;)
もっと近いオンダリビアまで次男と一緒にぶらりと散歩に
行ってきました。

オンダリビアはそれほど大きな街ではないので
必要なものが街の中心部に凝縮されていて便利ですし
海あり山ありで、きれいな景色を堪能することもできます。

5d017b7b.jpg


イルン市の自宅近くから深緑色の路線バスに乗って
ものの5分でオンダリビアの旧市街入り口付近に到着します。

毎年この藤の花を見るのが楽しみなんですが
ちょうど1週間前が見頃で、盛りは過ぎてました。
風もなかったのでバスクの旗も丸まってしまってます(^ ^;)

2048cebb.jpg


旧市街に入る門

さっきの藤棚があるところから坂を少しだけ上ると
この門があります。

オンダリビアの旧市街は城壁でぐるりと囲まれていて
築何百年という古い建築物もあちこちに。
旧市街の道は全部石畳です。
散策にいらっしゃる方はヒールのない靴、スニーカーが
おすすめです。

オンダリビアの情報を探してこちらのブログをご覧になる方も
結構多いようですし、気候も良くなってきて、これから
実際にいらっしゃる方も増える季節なので
何かしらお役に立てればと思って、少しずつ街のポイントと
写真をアップしていきますね。

自分自身や家族・知合いの為の写真日記でもあります(^-^)

W杯にうんざりな女性を・・・

W杯にうんざりな女性を「ミスター・スイス」が観光誘致
(Yahooニュース)

ですって。

そう、一般的には「サッカー観戦に夢中なダンナ(彼)」
「放っておかれてむくれる奥さん(彼女)」という傾向
なようで(我が家は逆ですが)

それでヒマを持て余す女性達の為にスイスの

・がっしりした農業従事者
・セクシーな車掌
・健康的な登山家
・小粋な身なりの船舶従業員
・筋骨たくましい林業の男性

などが「あなたにもっと時間を費やしてくれる国に
遊びに来ませんか」というCMをスイス政府観光局が作ったとか。

旅行代理店の、じゃなくて政府観光局ですよ(笑)

締めくくりは「牛乳を搾る2005年『ミスター・スイス』」(爆)

本当にそんな人達が時間を費やしてくれるんですか?(笑)

私はW杯のほうがずっとずっと楽しみなんだけどな。
「がっしり」とか「筋骨たくましい」よりも
イタリアのインザギみたいなスリムなタイプが好みなので(^ ^;)

あ、もちろん世界のトッププレーヤー達の華麗な技を見るのが
愉しみなんですけどね(言い訳っぽい?)

でも、セクシーな車掌さんは居たら見てみたいな。
なんだかKIRARAさんの絵日記に出てくるレオリオとか
そういうのにピッタリかも(笑)

オンダリビアの灯台辺り

5bdcde37.jpg


オンダリビアの灯台辺りのキャンプ場にキャラバンを
持っている知合いのところへ家族で遊びに行きました。

オンダリビアの街からビーチの方へ向かって
山道を上ったところにあるので、大西洋から吹きつける
風がまだかなり冷たかったです。

64da3c5a.jpg


それでもあちこちに春の気配が・・・
デイジーやタンポポや色々な花がそこいらの野原一面に
咲いていました。

この日は知合いのキャラバンでランチをごちそうになりました。
海老の焼いたのと、パエリャです。

お隣のキャラバンの老夫婦は、山の下の街に家を2、3軒
持っているのに、たいていはキャラバンで過ごしてるそうで
街中の喧騒より、静かなキャンプ場のほうが居心地が
良いとか。

口の悪い(苦笑)おじさんですが、ふるまってくれた
自家製のワイン(ロゼ)がとても口当たりが良く「おいしい!」
と皆が誉めると、「ほれ!持ってけ!」と一瓶くれました。

知合いとそのおじさんのキャラバン周辺には
飼い猫・野良猫含めてたくさん猫達がいて
それぞれ自分が好きなところでのんびり過ごしていました。

e854901f.jpg


ブルーのとってもきれいな瞳をした美猫でしたが。
ちょっとカメラを警戒してか、目つきが悪いですね(^ ^;)

芽が出ました

2c4d634c.jpg


3月25日に種まきをして、今日の状態がこんなです。
(アップで撮ったので実際はもう少し小さめ)

花の名前も知らずに、種袋の写真が好みだったので
買ってみました。後でネットで調べてみたら
キセランセマムという花でドライフラワーにもピッタリ
だそうです。

どんな風に咲くか楽しみ♪(でも先は長いな)(^ ^;)

最近読みたいなと思っている本
「東京タワー/リリー・フランキー」

自転車ロードレース

44207018.jpg


Vuelta Ciclista al Pais Vasco 2006 初日

日本では自転車=交通手段 ですが、スペインでは
自転車=スポーツ なのです。

暖かい気候になってくるとスペイン各地で色々なロードレースが
開催されますが、バスク地方は特に自転車競技が盛んで
今日から始まったバスク地方巡回レース
初日はイルン-イルン ということで
イルン市の中心からスタートしてオンダリビアを周り
またイルンを通過してエルライツ山を上り
パサヘスを通過してハイスキベル山に上がり
またオンダリビアを経由してイルンに戻ってゴール
という全長130kmのコースでした。

e8400ee8.jpg


スタート直前 待機中

このレースの為に今日はほぼ日中は市内全面通行止め
そのためスクールバスも運行できないので
学校もレース開始前の午前中のみ授業、ということで
自転車レースは地元の人達にとっては「お祭り」と同じくらい
大事なもののようです。

70c61d67.jpg


明日学校は平常通り午前・午後とも授業はあるのですが
ちょうど昼食時の時間帯にイルン市をスタートして
ギプスコア県内部のほうへ移動するようで
その間また通行止めになるので(^ ^;)

「いつも自宅で昼食をとるお子さん達には当日の朝
お弁当(サンドイッチ)を持たせて下さい」
と連絡が来てました。

我が家の子達は給食組なので、いつも通り給食、だそう。

子供たち、歩いて学校に行かないの?と疑問に思われるかも
しれませんね。
学校まで歩いて何百米という子達はもちろんバスに乗せては
もらえないでしょうが、私が知ってる限りでは、郊外にある学校は
ほとんどスクールバス通学なんです。

でも長男は今日は自転車で学校に行って、その後また
友達と自転車で山の上まで今日のレースを見に出かけました。
若いなぁ、元気だなぁ。

ちなみにこのロードレースのTV CMのBGMは
クイーンの「Bicycle Race」
そのまんま?(笑)

「Bicycle,Bicycle,I want to ride my bicycle,
I want to ride my bike?♪」

なんて口ずさみながら晴れた日に海沿いの道を自転車で
走りたくなりますが、スペインの自転車はご覧の通り
スポーツ仕様。
私はサドルよりハンドルの位置がはるかに高い
ママチャリタイプのでないと乗れません(^ ^;)
livedoor プロフィール



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


ランキングに参加しています。
ポチッと押してくださったら嬉しいです(❛◡❛)
ギャラリー
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 3月号「幻のバスク豚に会いに」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 2月号「バスクのディープなる美食ワールドを探訪」
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ1月号「体で覚えるバスク文化!」ほか
  • バスクより新年のご挨拶
  • バスクより新年のご挨拶
  • 植松良枝さんのバスクバルレシピブック BASQUE BAR RECIPE BOOK: スペインバスクの美食の地サン・セバスチャンへ。
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • Urte berri on!! 2016年もよろしくお願いいたします。
  • 秋色に染まるバスクの街
  • 秋色に染まるバスクの街
  • 秋色に染まるバスクの街
  • 秋色に染まるバスクの街
  • 秋色に染まるバスクの街
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ