チキ便り~バスク地方のとある街より

スペイン北部からフランス南西部に広がるバスク地方から発信しています

2013年08月

サン・セバスチャン旧市街にオープンしたKenji Sushi Bar

P8121754

以前の記事でご紹介した持ち帰り寿司の店 Kenko Sushi の高橋さんご夫妻が先月
サン・セバスチャンの旧市街に和風バル Kenji Sushi Bar をオープンされました。

 Embeltrán 16
   20003 Donostia-San Sebastián
 Tel. 943 43 42 50

 営業時間:12時〜16時 (15時半ラストオーダー) 19時〜24時(23時半ラストオーダー)
 休店日:9月から水曜日と木曜日昼

4df12715 サン・セバスチャンを訪れた人の散策コースには
 きっと入っているはずのこの通り
 ちょうど正面にサンタ・マリア教会が見える
 ナグシア通り(Nagusia)と
 エンベルトラン通りC(Embeltran)が交差している角
 にあります。
 劇場テアトロ・プリンシパルのすぐ近くでもあります。

 特に探していなくても「こんなところにこんな店が!」
 とパッと目に付くとても良い立地です。

 私自身もマドリッドやバルセロナに行く時は
 現地のおいしい和食屋情報をネットで探すことが
 よくありますので、このブログをご覧になる
 スペイン国内やヨーロッパ在住の方で同様に
 「サン・セバスチャンで和食」をお探しの方に
 お役に立てればと思い書いています。





P8121750

テーブル席もいくつかありますが、ほとんどのお客さんはこのカウンターかその周りで飲食する
典型的なバルスタイルです。

P8121751

若い地元の寿司職人さんが握ってくれます。

P7251616

白身魚の寿司と貝柱の刺身

P7251614

焼き鳥

P7251613

野菜のてんぷら

P8121748

ミニコロッケ

kenji sushi bar 1

鱈のてんぷら、にんじんのピューレとアリオリソース添え

kenji sushi bar 2

まぐろのたたき


まぐろのタルタルなどこの他にもバラエティー豊かなおいしい一品料理や和風ピンチョスが色々。
どれを食べても良いお味なので、ここに居座ってあれこれ注文したくなりますが
たとえばハシゴの途中や時間がなくてちょっとしかつまめない時も「焼き鳥1本とビール1杯」
で気軽に入れるのもとても嬉しいですね。

価格帯もこの界隈のお店並みで和食だから高すぎるというわけでもありません。

美食の街サン・セバスチャンですが、こういうお店があると日本人としてはほっとします。
オープン以来大勢の地元のお客さんも詰め掛けています。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

サン・セバスチャンの夏祭りセマナ・グランデと花火コンクール 2

P8121759

ラ・コンチャ湾沿いならたいていどこからでも綺麗に花火は見えますが、一番人が集まるのは
この写真奥にあるビーチです。早く行かないと空いている場所が見つからないほど。

私達はこの写真真ん中辺りの遊歩道で観ようと思っていましたが、バルをはしごしている間に
入場制限がかかってしまっていたので、高台に上りました。

P8121764

高台からもなかなか良い眺めです。

P8121771

fw

P8121794

P8121795

この日の花火会社は地元バスク・ビスカヤ県の会社でした。
同じスペインのバレンシアやアリカンテ、イタリアなどの会社の花火と比べると少し地味ですが
夜景と一緒に十分楽しみました。

花火は22:45から15分くらいであっという間に終わりますが、お祭りの夜はまだまだ続きます。

P8131808

旧市街横の大通り近くにあるキオスクでやっていたコンサートは、アコースティック・ギターにドラム
そしてバイオリン(たまにトロンボーン)という3ピースバンドでしたが、ローリング・ストーンズや
ディープ・パープルなど70年代のロックの曲をアレンジしてなかなか素敵な音を出していました。

P8131819

夜中の1時過ぎですがまだ結構な数の人が通りを歩いています。

P8131820

ライト・アップされたホテル・マリア・クリスティーナ

サン・セバスチャンのセマナ・グランデは17日(土)に終わります。
そして次はビルバオのセマナ・グランデが始まります。



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

サン・セバスチャンの夏祭りセマナ・グランデと花火コンクール 1

花火1

スペイン語でセマナ・グランデ(Semana Grande)バスク語でアステ・ナグシア(Aste Nagusia)というお祭りが
今年も8月10日(土)から17日(土)までサン・セバスチャンで開催されています。

期間中は移動遊園地が設置されたり街のあちこちでコンサートや各種イベントが行われていますが
なんといってもこのお祭りのメインはラ・コンチャ湾での花火コンクール
毎晩22:45から始まり、バスクのローカル局が中継しています。

花火の前に賑やかな街の中を散策してみましょう。旧市街が一番盛り上がっています。

P8121715

前の記事にも登場した「巨人達」ヒガンテス(Gigantes)今日は7体程集まっていました。

P8121717

P8121721

バスクベレーを被った漁師の巨人もいます。巨人達はおいしいピンチョスが食べられるバルが特に密集
していることで有名なフェルミン・カルベトン通りに入っていってます。
ちょうどこの辺りでピンチョスを食べようと思ってたのですが、今この通りに入ると身動きが取れなく
なりそうだったので、別の通りへ行くことにしました。

P8121724

8月31日通りにあるバル、ラ・セパ(La Cepa)で。
トルティーリャ・デ・バカラオ、鱈のオムレツです。中身がトロリとしているほどおいしい一品。

混雑を避けてこの通りに来たのですが、、、

P8121725

外はさっきの巨人達と、それを見物する人達で大混雑!

P8121726

どうやら礼拝堂前がパレードの終点のようです。

P8121728

バスクの笛チストゥ(Txistu)の楽隊

P8121731

8月31日通り、C/ 31 de Agosto が人で埋まっています。

写真右に見える黒いオーニング(日除け)がある店は斬新なピンチョスが有名なフエゴ・ネグロです。

P8121737

サンタ・マリア教会前にあるバル(写真では左手の街灯がついている所)も色んなピンチョスが食べられる
おすすめバルで、価格も庶民的です。

P8121733

カウンターに所狭しと並んだピンチョス、手を伸ばしてまさに取ろうとしている人が。

P8121734

アンチョビーが乗っているピンチョスが人気のようでだいぶ減っていますね。

P8121736

生ハムのミニ・ボカディージョ、おいしそうです!

P8121735

茄子の天ぷらのようなものと生ハム・チーズを重ねたピンチョス、ビールに合います。

花火を見物するのに良さそうな場所があるか、港のほうへ見に行ってみました。

P8121739

港横の広場にステージが設置されてコンサートの真っ最中でした。
どこに行っても人、人、人。

P8121741

遊覧船です。花火を海上から観ながら1時間半のクルーズ。1人16ユーロだそう。

P8121742

P8121745

午後から雲が出て、21時頃から深夜にかけて雷雨予報が出ていましたがなんとか降らずに済みました。

P8121746

この界隈にはシーフードレストランが何軒も並んでいます。

長くなりますので、記事を分けて書きますね。夜景と花火は次回へ。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ



バスクの民俗祭り Euskal Jira

P8031666

8月3日(土)はEuskal Jiraのお祭りでした。
タイトルに「民俗祭り」としましたように、バスクの文化や生活慣習を現在まで継承している、というのを
アピールするお祭りです。

このお祭りに参加する人達は「農夫」「農婦」の格好をしています。
その服装が表すようにとても質素でシンプルなお祭りです。

P8031667

参加者達によるパレードがメインイベントなのですが、バスクのお祭りに必ず登場するこの「巨人」
(Gigantes・ヒガンテス)が先頭をゆらゆらと、時々ゆっくり体を回しながら歩いて行きます。

P8031668

お祭りに欠かせない吹奏楽隊が賑やかな音を奏でながら後に続きます。

P8031669

P8031670

バスクの民族舞踊のグループもいくつか参加して、時々歩みを止めてダンスを披露します。

P8031671

古くからバスクの人達が営んできた酪農をシンボルにした山車

P8031672

本物の子牛達が乗せられていました。

P8031675

農夫にとってロバはマイカーの役目でした。

P8031676

大勢の参加者達

P8031678

P8031681

バスクの木製楽器チャラパルタ(Txalaparta)を演奏しながら

P8031679 copia

バチを垂直に木の板に当てて演奏します。

P8031685

グループ毎に付いている小さな楽隊

P8031691

片手でチストゥ(Txistu)という縦笛を吹き、もう片方で太鼓を叩く
バスクでは良く見られる演奏パターンです。

P8031694

P8031693

子供達がとても可愛らしかったので、、ボケてしまいましたが(苦笑)

P8031686

P8031689

P8031690

P8031696

P8031697

P8031698

P8031699

P8031701



P8031706

P8031711

パレードの最後尾を行くサンパンツァール(Zanpantzar)不思議な格好ですよね。

カラフルな三角棒をかぶり、羊の毛をまとい、腰につけた大きなカウベルを鳴らしながら
練り歩くこの民俗伝承のキャラクター

P8031709



元はその大きなカウベルの音で冬の静寂をやぶってカーニバルの、春の到来を知らせて
悪霊を追い払う役目のものだったようです。

日本の「なまはげ」のように人を嚇したり、暴れたりはしません。
ただ無言・無表情で大きな音を鳴らして歩き回るだけです。

こうして街のメインストリートを練り歩いた一行は最終地点のウルダニビア広場で
その後も音楽を奏で、踊り、お祭りの午後を楽しみます。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
livedoor プロフィール



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


ランキングに参加しています。
ポチッと押してくださったら嬉しいです(❛◡❛)
最新記事
ギャラリー
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • MUJI BGM 22 Basque 無印良品のBGMシリーズ。 新作「22」はバスクがテーマ
  • MUJI BGM 22 Basque 無印良品のBGMシリーズ。 新作「22」はバスクがテーマ
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 3月号「幻のバスク豚に会いに」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 2月号「バスクのディープなる美食ワールドを探訪」
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ1月号「体で覚えるバスク文化!」ほか
  • バスクより新年のご挨拶
  • バスクより新年のご挨拶
  • 植松良枝さんのバスクバルレシピブック BASQUE BAR RECIPE BOOK: スペインバスクの美食の地サン・セバスチャンへ。
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ