チキ便り~バスク地方のとある街より

スペイン北部からフランス南西部に広がるバスク地方から発信しています

2015年03月

メンダーロのチョコレート工房見学

P3062426

Mendaroというギプスコア県にある町に1850年創業のチョコレート工房Chocolates de Mendaro Saint-Gerons
があります。とてもこじんまりとしたチョコレート工房でメンダーロの教会の手前にあります。

http://www.chocolatesdemendaro.com/

1795346_843441002334042_359829213488619171_o

工房入り口のプレートです。
見学予約を事前に申し込んで行くと 担当の方がチョコレートの歴史やここでの昔からの製造工程や
現在の様子まで詳しく説明してくださいます。

P3062423


中に入るとまずレトロな販売スペースがありますがそちらはまた後でご紹介します。
ここで20年以上働いているスタッフの方の案内でその奥にある作業場に入ると目に入るのがこれ。

上の部分はカカオ豆を挽く臼です。下にある釜に火を入れて加熱して豆を挽くのですが
昔は隣りの小屋にいるロバに引かせてこの臼を回していたそうです。

P3062410

カカオ豆を上から流し込み石臼で挽いて暖かくした釜の上で木のローラーで擦り潰しながら
ペースト状に練っていきます。

木のローラーで擦り潰されて練られていくチョコレートペースト、味見させていただきましたが
程良い甘味でこのままクロワッサンに挟んで食べても美味しそうでした。

P3062411

熟練の勘でひとつのタブレットに適量のペーストをとっていきます。
丸まった状態は練り餡のようにも見えました。

P3062414

木製の型に入れて軽く押して「だいたいの」形を整えます、というのは

P3062415

この大きな木のトレイに乗せて下の台を振動させると、タブレットになるチョコレートの中の空気を抜きながら
自然と型に均等に納まるというシステムなんです。

P3062419

その後は室温で自然に冷まして出来上がり。これはミルクに溶かして飲むチョコレートです。

「そのまま食べても美味しいですよ」と試食を薦められ食べてみると甘さ控えめで本当においしかったです。
自然の甘味とグラニュー糖の食感も楽しめました。

P3062417

メンダーロの定番チョコレート(タブレット状になっているミルクに溶かして飲むチョコレート)の
主原料は3つだけ、カカオ、グラニュー糖、そして極僅かの小麦粉だそうです。

大規模な工場生産のものとは違う優しい味わいのチョコレート。

何故こんな辺鄙な山間の小さな町でチョコレート作りが始まったのかと疑問でしたが
昔は船で貿易をしていたので大型の貨物船で南米から運ばれて来たカカオ豆は外海の港で
他の船に積みなおされて川を上ってここまで運ばれていたそうです。
昔は陸路のほうが遥かに不便だったんですね。

10498403_843442335667242_168929449921260971_o

アンティークな雰囲気漂うお店のインテリア

IMG_20150317_200147

プレーンなチョコレート、ナッツ入りのタブレットやリキュール入りのボンボンなど色々な種類があって
目移りします。ここ以外にビルバオ、サン・セバスチャンにある直営店でも購入することができます。


Chocolates de Mendaro Saint-Gerons (工房はこちらです)

Azpilgoeta, 21
20850 MENDARO
TEL. 943 75 51 15

サン・セバスチャンのショップ
Etxaide, 6
20005 DONOSTIA - SAN SEBASTIÁN
TEL. 943 42 48 04

ビルバオのショップ
Licenciado Poza, 16
48011 BILBAO
TEL. 94 443 87 62



【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


ビルバオでおすすめのバル、ビエホ・ソルチ

P3062408 copy

もしビルバオで1軒しかピンチョスを食べる時間がないとしたら、迷わずこのバル El Viejo Zortzi
をおすすめします。

IMG_20150314_005452

地元サッカークラブ、アスレティック・クラブ・ビルバオのホーム、サン・マメススタジアムの近くにありますが
サッカーの喧騒とは関係なく落ち着いた雰囲気で美味しいピンチョスを堪能できます。

IMG_20150314_010040

バルとレストランが併設していますので、時間や予算、お腹のすき具合に合わせて
クオリティーの高いお料理をカジュアルな雰囲気でお手頃価格で食べられるお店です。

どのTapasを食べてもハズレ無しの美味しさなんですが、特におすすめの数点をご紹介します。

IMG_20150314_013539

Morcilla de Puerro

モルシージャは豚の血を野菜やお米と混ぜたソーセージですが、これはポロ葱と合わせたものを
ソーセージではなくてテリーヌ上に型抜きしてあります。生臭みは一切無くとても上品な味。
リンゴのスライスはただの飾りではなくてモルシージャとの相性ピッタリです。

IMG_20150314_013206

Pimiento Relleno de Bacalao

鱈の身入りベシャメールのピキージョピーマン詰め
バスクで良く食べられる料理のひとつです。

10346377_864719976872811_3179077331670666671_n

Bacalao en Láminas

鱈のスライスの下には赤ピーマンとアボカドのサラダ
これはいつもお代わりしたくなりますw

10634019_864719576872851_6794014704721518273_o

Risotto de Hongos

きのこのリゾット
チーズの味もなかなか濃厚でとてもクリーミーな美味しさ

IMG_20150314_013857

Tortilla Gratinada

このトルティージャの作り方はとてもオリジナルですね。さて中身はどうなっているかというと、、

IMG_20150314_014159

溶き卵を潰したジャガイモに被せてグラタン状に焼いてあるのでしょう。
とても柔らかい舌触りで、これもリピート確実の一品。

この店の料理は全品試してみたい程です。繰り返し行きたいお店ですね。

El Viejo Zortzi
Calle Licenciado Poza, 54. 48013 Bilbao
944 41 92 79
http://viejozortzi.es/


【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


世界遺産のビスカヤ橋と絶好の撮影ポイント

P3052384

世界遺産のビスカヤ橋は1893年に完成した世界最古の運搬橋です。
(設計者はパリのエッフェル塔を設計したギュスターヴ・エッフェルの弟子の一人
建築家のアルベルト・パラシオ)

吊るしたゴンドラが行き来するところから地元ではPuente Colgante(吊り橋)とも呼ばれています。
このシステムのおかげで橋が大型貨物船の往来の邪魔にならず、港湾都市ビルバオの発展に
大きく貢献しました。

全長160m、橋桁の高さ地上61m、歩いて渡れるところは地上50mくらいでしょうか。
晴れた日のネルビオン河口一帯の眺めは絶景です。
観光用の歩道は「吊り橋」ではないので揺れませんが、ゴンドラが通過する時に足元が微振動するので
少しドキドキしますw

IMG_20150312_012043

ビルバオ市の中心部から地下鉄で約20分、Areeta駅で降りて左へ進むと建物の間にいきなり巨大な橋が
現れます。橋に上るにはショップで入場券(現在7ユーロ・復路のゴンドラは入場券を見せれば無料です)
を購入、係員がエレベーターで案内してくれます。

周りがスカスカなので高所恐怖症の方は下のゴンドラで対岸に渡れます。
料金は片道0,35ユーロです。

ビルバオ在住の方から聞いたお話ですが、労働争議のときに、労働者達が橋を操作して
富裕層が住む手前のLas Arenas側(Areeta駅がある地域)に来ないように
操縦室はLas Arenas側だけに設置したそうです。

IMG_20150305_231335

やっぱり結構な高さなので渡り始めは少し怖々、、でもこの日は風も無く暖かい陽射しに包まれて
360度のパノラマを楽しむことができました。

IMG_20150305_230830

組まれた鉄の重なりが綺麗です。

P3052370

河口を挟んで右側、ラス・アレナス、ゲチョと裕福な地区が広がります。

P3052374

左側は工業地帯と労働者層の町ポルトゥガレテ

P3052380

下から見上げても迫力あります。

P3052381

ゴンドラは、人、自転車、バイク、車を運びます。犬連れの人もゴンドラに乗っていました。
あっという間に対岸に着きます。

IMG_20150305_231947

ポルトゥガレテの市庁舎前を通り過ぎて坂を上って行きます。
この辺りの路地もなかなか趣があって散策を楽しめそうです。

IMG_20150305_231638

サンタマリア教会前の広場から見下ろしたビスカヤ橋。絶好の撮影ポイントですね。
この時は午後6時頃で手前側が既に陰になってしまいましたが。

P3062390

サンタ・マリア教会。中を無料で見学することもできます。

Facebook ページ ビスカヤ橋とサンタ・マリア教会のアルバム


【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque




にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


ビルバオのお洒落なカジュアルレストランEL TALLER

P3052362

ビルバオの有名バルLa Viña del Ensanche(ラ・ビニャ・デ・エンサンチェ)がすぐ隣りに
レストラン、EL TALLER(エル・タジェール)をオープンしました。
グルメな食材を揃えて販売するショップがレストランへの入り口です。

IMG_20150311_122806

オリーブオイルや色々な香りのビネガー他おみやげにも良さそうなものがたくさんあります。

IMG_20150311_122018

オープンキッチンですが、音も匂いも全く気になりません。

IMG_20150311_120649

シックで可愛らしいインテリア

P3052346

アラカルトではなくて季節ごとに変わるお料理5皿+デザート2皿のコースメニュー
(50ユーロ、飲み物代別)です。

この日1皿目に出たのは生フォアグラのテリーヌでした。ガラスの器が素敵ですね。

IMG_20150305_132129

続きのお料理やレストラン、ショップの他の写真はFacebookページ「バスクにおいでよ」
アルバムでご覧下さい。

人気店ですので営業開始後すぐの時間帯に行かれるか、電話での予約をおすすめします。

EL TALLER

C/ Diputación, 10 • 48008 Bilbao
TEL:944 155 615
営業時間12:00~23:00 (日・月・祝日休)

http://www.lavinadelensanche.com/el-taller/


P3052348

そしてこれはバルLa Viña del Ensanche(ラ・ビニャ・デル・エンサンチェ)で食べられる
イベリコ豚のコッパ、豚の首の部分を使った製品です。
とてもやわらかく噛む毎に旨味が口の中一杯に広がります。
生ハムがお好きな方は是非お試しになってみて下さい。


【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque




にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ



livedoor プロフィール



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


ランキングに参加しています。
ポチッと押してくださったら嬉しいです(❛◡❛)
最新記事
ギャラリー
  • MUJI BGM 22 Basque 無印良品のBGMシリーズ。 新作「22」はバスクがテーマ
  • MUJI BGM 22 Basque 無印良品のBGMシリーズ。 新作「22」はバスクがテーマ
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 3月号「幻のバスク豚に会いに」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 2月号「バスクのディープなる美食ワールドを探訪」
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ1月号「体で覚えるバスク文化!」ほか
  • バスクより新年のご挨拶
  • バスクより新年のご挨拶
  • 植松良枝さんのバスクバルレシピブック BASQUE BAR RECIPE BOOK: スペインバスクの美食の地サン・セバスチャンへ。
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • Urte berri on!! 2016年もよろしくお願いいたします。
  • 秋色に染まるバスクの街
  • 秋色に染まるバスクの街
  • 秋色に染まるバスクの街
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ