毎日ニュースでは、周辺の準備の模様を伝えています。
マドリッドの街中、特にパレードが通る界隈は有名な建物がライトアップされたり、
花壇の花を全部ピンクやイエローに植え替えたり、沿道の街灯に飾りを着けたり・・
工事中の建物はこぎれいな「布」ですっぽり覆われています(笑)

当日は朝から特別番組編成でTV中継されるようで
お隣のおばさんは既にビデオテープを4本買ってかまえています。
録画担当のおじさんは「やれやれ」といった顔をしていますが(^ ^;)

しかし、喜んでいたり、浮かれている人ばかりではなくて、
このロイヤル・ウェディングがらみでかなり迷惑をこうむってる人達の声もききました。

まずパレードが通るメインストリートに住んでいる人達
安全第一ということで、バルコニーには出てはいけないそうです。
自宅の下を通って行っているのにテレビで見ないといけないことに・・

近辺に住んでいたり、勤めに出ている人達
周辺一帯が駐車禁止に。路上も地下ガレージからも車を出すように、とのお達し。
歩いていてもしょっちゅう職務質問されるとか。

劇場や商店で働いている人達
あまりに警備が厳しいので客足が遠のいて困るとか。

マドリッドの下水道の中も緻密にパトロールされていたり、
ヘリコプターで空からの警備も24時間体制とか。

慌しいのはマドリッドだけではないのですよ。
何百キロか離れたここイルン市、
陸路としてフランスからスペインへの入り口にもなりますので、
高速道路の料金所が検問所になっていて、
数日前から良く渋滞するようになっているそうです。

肝心のお天気ですが、どうも下り坂のようです。
こればっかりはお金でも権力でも今のところはどうにもできませんね。