12d0a893.jpg


オリニョンのビーチ

週末の連休を利用して、またお隣のカンタブリア地方へ
出かけてきました。
ビルバオ(バスク)からカンタブリアに向かう高速道路は
無料ということもあって、週末・休暇時は混み合います。
普段は街中の集合住宅に住んでいても
週末は郊外の小さな1戸建てで過ごす、という
なんともうらやましい人達も多いそうです。

天気が良ければ近くのビーチに行ってのんびり過ごす
それがスペインの人達にとっては一番の「癒し」
らしいです。

外海なので水が多少冷たいせいもあるかもしれませんが
どこのビーチに行っても全体の10%にも満たないんじゃ?
という程度の人数しか水の中には入っていません。

残りの人達はひたすら「日光浴中」
おなかが段々になっているオジサン、オバサンも
そこらへんにゴロゴロ寝っころがってます。

この日驚いたのは、ギブス+松葉杖の女の子(10才辺り)
せめて日光浴でもしたいのかな、と思って見ていたら
松葉杖をお母さんに預けて
お父さんが付き添って海の中まで入って行きました!
さすがスペイン人、遊び方が半端じゃありません(苦笑)