11月3日、ポルトガルのリスボンで行われた
MTVヨーロッパ・ミュージック・アワーズの授賞式が
珍しくスペインでも地上波で(深夜でしたけど)放送されたので
しっかりビデオにとって見ました。

メインの司会者がBORATとかいう謎のカザキスタン人
(たぶんヨーロッパに住んでいるコメディアンでしょうけど)で
これがもうめちゃくちゃ毒舌で観客をイラつかせるキャラでした。
MTVの授賞式っていつもこんな感じにぶっ飛んでるのでしょうか。
今まで見てなかったのでわかりませんけど。

オープニングアクトはマドンナ
あのアバに頼みこんで「ギミー・ギミー・ギミー」のイントロを
リミックスした新曲のお披露目です。
鍛えた体は48才にしては素晴らしいけれど、あそこまで
衣装をハイレグにしなくても・・・と思ってしまいました(^ ^;)
でもその強烈なハイレグ効果のせいか(笑)その新曲「Hung up」
今も頭の中でぐるぐる鳴ってます。

その後、今年活躍したミュージシャン達がプレゼンテイターとして
続々登場したんですが、私はシュガーベイブスを見て驚きました。
最近英ヒットチャートで「Push The Button」が1位になった
女の子3人組みで、そのPVではその3人がセクシーで
とーーっても可愛くて、ダンサブルなその曲、気に入ってたんですが
当日の3人はPVと余りにも落差が・・・
PVはスタイリストさんとメイクさんの力の賜物だったのでしょうか。
せっかく今上り調子だから力抜かないほうが良いと思うなぁ。

でも「Push The Button」はいいですよ♪
「恋のマイアヒ」ほどは売れないかもしれないけど。

受賞者はこんな顔ぶれでした。

●最優秀男性アーティスト  ロビー・ウィリアムス

 フェロモン発散タイプの人は苦手なんですが
 この人確かに歌が上手いです。
 新曲「Trippin」のサビの部分、特に好きです。

●最優秀女性アーティスト シャキーラ

 スペインでも人気が高いSHAKIRA
 小柄なのにとてもダイナミックな人です。
 でもこの賞、私はグェン・ステファニにあげたかった。

●最優秀グループ ゴリラズ

 デーモン、もう消えてしまったの?と寂しかった
 私の心配を吹き飛ばしてくれたGORILLAZの
 今年の盛りあがり様、嬉しかったです。
 メインキャラクター達はホログラム風の立体アニメで
 ステージに登場しました。面白いわぁ。

●最優秀ロック・アクト グリーン・デイ

 文句無いですね。「ロックは死んでない!」っていう
 エネルギー充満のアルバムとステージを見せてくれた
 グリーン・デイ、聴くと元気出ます。

●最優秀ヒップホップ・アクト スヌープ・ドッグ

 この人のゆるゆるヒップ・ホップ、けっこうハマります。
 心地よいんですよね。スヌープ・ドギー・ドッグって名前
 長すぎるので、我が家では(私・長男・次男の間)
 TVで見かけると「ほら、犬、イヌが出てるよ」で通じます。

●最優秀ソング コールドプレイ「Speed Of Sound」

●最優秀ポップ・アクト ブラック・アイド・ピーズ

 ラップやヒップ・ホップって似たり寄ったりぽくて
 私にはどうでもいいジャンルなんですけど、このグループは別格。
 「エレファンク」というアルバムに入ってる「hey mama」のPVを
 見て以来のお気に入り。おしゃれだし、ダンスもめちゃうま。

●最優秀アルバム グリーン・デイ『American Idiot』

●最優秀新人 ジェームス・ブラント

●最優秀ビデオ ケミカル・ブラザーズ「Believe」

●最優秀UK & アイルランド・アクト コールドプレイ

今年は好きなタイプの音楽が次々に出てきて楽しめた年でした。
って、まだ終わってないけど(^ ^;)