PicMonkey Collage tamborrada

La tamborrada de San Sebastián

1月20日はサン・セバスチャンで一番大切なイベント
聖人セバスチャンの日を祝い、ラ・タンボラーダ、太鼓祭りが開催されました。


午前0時に旧市街の憲法広場で開催宣言が行われ、そこからお祭りは24時間続きます。
毎年広場は身動きできないぐらいの人で埋め尽くされます。


お祭りの起源は諸説ありますが、フランス軍がサン・セバスチャンに攻め込んでいた当時に、
街の料理人達が水汲み場に水を汲みに集まった時に、兵隊達を野次って樽を叩きながら
行進を模倣したところから始まったそうです。


現在では、楽隊が演奏するいくつかの太鼓祭り定番曲に合わせて、市内の美食クラブや
有志のグループがそれぞれ徒党を組んで、料理人や兵隊の衣装を着て
樽や太鼓を叩きながら街を練り歩き、一晩中太鼓の音が街のいたるところで響きます。

FullSizeRender(7)

旧市街の通りはご覧の通り、身動きできないくらいの混みようです。

FullSizeRender(5)

深夜の気温は0℃ とても冷え込んでいましたが、お祭りを楽しむ街の人達には関係なし。



夜が明けて、昼の部はサン・セバスチャン市内・近隣の学校の生徒達が市庁舎前に集結。
その後太鼓を叩きながら市内を練り歩きます。

冷え込みましたが今年は晴天に恵まれました。



バスクの色々な情報は随時こちらでお届けしています。ぜひご覧になってみて下さいね。
↓ ↓ ↓

【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ