チキ便り~バスク地方のとある街より

スペイン北部からフランス南西部に広がるバスク地方から発信しています

バスク、ナバラの風景

バスク、晩秋の色彩


1404555_698858106792333_1962240063_o

20

PB282754

11月の終わり、夕暮れ時、自宅から15分ほど歩いたところの写真です。天気は良いけど冷え込んでます
最低気温が0℃近くなる日もあります。

PB282751

スペイン内陸部のレオンやブルゴスに比べたらマイルドな寒さですが湿気のある寒さなの
じっと外にいると足元から体に沁み込んで来るような感じです。

PB282752

雨が多いので冬でも草地は緑が鮮やかなままです。

PB282753

温かい豆類の煮込み料理がおいしい季節になりました。

PC072789



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

初秋のバスクをハイキング

988323_678787728799646_1778807823_n

9月後半頃から「暑い」週と「寒い」集が交互にやってきているバスク地方ですが、先週は良い天気の
「暑い」ほうの週でした。この時期に半袖でいられるなんて、長年住んでいますが今までで初めてのような
気がします。

PA182224

せっかくの晴天なので、近くのErlaitz(エルライツ)山-標高497m-に行ってみました。
バスク地方とナバラ地方の境に横たわるペニャス・デ・アヤ自然公園に属している地域です。

PA182203

ピクニックができるようにテーブルと椅子が点々と設置してあります。
この時は平日の夕方だったので人がいませんでしたが、晴天の週末は賑やかになります。

PA182206

向こうに見える山影はペニャス・デ・アヤ山(837m)です。

PA182211

クロッカスに似たきれいな花があちこちに咲いていました。
葉っぱが無くて花だけが石の間や草地にニョキニョキっと出ていました。

PA182235

この日は放牧されている馬達がこの一帯にたくさんいました。

PA182227

全く警戒心が無いようで、どんどん寄って来ます。

PA182234

こちらが凝視されてしまってます(笑)

PA182237

少し上ってみます。

PA182239

見晴らしの良い所に出ました。ここがエルライツ山の頂上のようです。

PA182246

フランスバスクにあるラ・リューヌ山(La Rhune)標高905m も見えました。

PA182252

国境を越えてすぐ辺りのフランスバスクのビリアトゥ村が見下ろせました。

PA182249

日暮れの時間が近づいてだいぶ光度が低くなってきました。

PA182250

もと来た場所へと下り始めると、立派な角の牛に遭遇。

PA182251

まるで「山の主」みたいな風格ゆったりと歩いて来て横を通り過ぎて行きました

PA182253

PA182258

馬の群れに牛の群れが合流していました。

PA182264

この子にはとてもなつかれてしまいました。
歩けばすぐ横について来て、こちらが立ち止まればじっと横に立ち止まり、、

この日歩いた処では栗拾い・キノコ採りはできませんでした、2時間ほどハイキングを楽しむことが
できました。

ご覧の通りバスクの山には楓系の木が無いようで日本のような「紅葉」の彩りは見られませんが
これから少しずつ秋が深まっていく様相です。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

魔女伝説と洞窟の村 スガラムルディ(ナバラ地方) その2

P8291887

洞窟に向かう前に「魔女博物館」に寄ってみることにしました。

P8291888

この建物は以前は村の病院だったそうです。

P8291889

ここではかつて行われた魔女狩りの歴史や17世紀頃のバスクの生活習慣などの展示が見られます。
そもそも魔女がほんとにいたのかということより、人と違ったことをしていたり、人より賢かったり
自由に過ごしていた人達を宗教がらみの権力者達が恐れて異端者のレッテルを貼って処罰した
ということらしいです。それが魔女裁判なんですね。

P8291890

バスクでは「悪魔のシンボル」とされる山羊の骸骨

P8291892

昔の魔女の服装?

P8291893

教会の資料室を再現?

P8291896

当時の住居を再現。こんな台所で料理したり、自然療法の薬を煎じたりしてたんですね。

一定時刻に1階のミニシアターで人々にとっての魔女、魔女狩りが何を表すかというコンセプトムービーも
上映されています。見学される方はそちらもご覧になってみて下さい。

Museo de las Brujas
http://www.turismozugarramurdi.com/seccion/turismo_museo_de_las_brujas/

P8291899

博物館を出て洞窟まで向かう道からの眺めです。300mほど歩くとすぐ洞窟に着きます。

P8291903

入り口ゲートから少し階段を降りると洞窟が見えてきました。(当日のライブの様子はこちらで

P8291906

P8291911

P8291921

P8291922

辺りを散策してしばしの森林浴です。

P8291936

P8291931

P8291927

別に小さな洞窟もあったので入ってみましたw

P8291914

洞窟の中にもバルはありました(笑)今日はライブなので特別に設置されたんですけどね。

P8291946

洞窟は両側が大きく開いてて長さ120m、広い東口は幅22-26m、西口は12m、高さが10~12mあります。

昔はここでアケラレ(Akelarre)と呼ばれる魔女の集会が開かれていたそうです。
実際は気の置けない仲間同士で歌って踊って楽しむ酒宴だったのでしょうね。

P8291960

昔も今も基本的な楽しみ方はそう変わりませんね。

洞窟の神秘的な雰囲気で非日常感が味わえたイベントでした。

普段はこの洞窟は何のセットもなく、普通の照明があるだけのシンプルな状態で一般公開されています。

村には数軒のレストランと数軒のペンションしかありませんが、気候の良い時に訪ねられたら
きっとゆったりした時間と風景を堪能されることでしょう。
アクセスが不便なので旅行でいらっしゃる方はレンタカーかタクシーのチャーターのご利用になると
思いますが、機会があればいらしてみて下さいね。



地図を拡大する



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

魔女伝説と洞窟の村 スガラムルディ(ナバラ地方) その1

P8291866

8月末にナバラ地方のスガラムルディ(Zugarramurdi)という村に行ってきました。

anoeta

ある音楽イベントに出かけたのですが、集合場所はサン・セバスチャンのアノエタ・スタジアム前でした。
(サッカークラブ、レアル・ソシエダの本拠地)

貸切バスに乗り込み、途中国境を越えてフランスバスクの村SARAを通り、再び国境を越えて
ナバラに入り1時間程でスガラムルディに到着。

P8291882

来た道を戻ればSARAへ。

P8291883

実にのどかのところです。

P8291867

村の中心部を通り

P8291873

村の教会へ入ります。ここでスガラムルディという村についてと今日の行程について説明がありました。
人口243人(2012)の小さな村ですが、教会は立派ですね。
なぜ魔女伝説があるのかは、後で「魔女博物館」に行きますのでそこで書きますね。

P8291874

バスクの木製民族楽器チャラパルタ(Txalaparta)の演奏が村の広場で披露されました。
この時の動画ではありませんがご参照下さい。



P8291880

演奏を観ているイベント参加者の一行、たまーーに車が来るとじわっと立ち上がってよけてましたw

P8291879

こんな小さな村にもバル、レストランは何軒かあります(夏場は観光客もやってくるので)
木陰、パラソルの下でビールを飲みながら音楽を聴く、、なかなか贅沢なひとときです。

P8291876

本編のコンサートまでまだ時間があるので村を散策します。

P8291871

P8291884

P8291885

ナバラ地方の家屋はずっしりとした重厚感がありますが、可愛らしさも兼ね備えていると思います。

P8291886

素敵なエントランス。

ついつい写真の枚数が多くなりましたので、魔女博物館と洞窟はつづきで。




にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

パンプローナとパサヘスのサン・フェルミン祭

san fermin

パンプローナでは7月6日から7月14日まで開催されているサン・フェルミン祭が行われています。

これは7月6日正午前後のパンプローナ市庁舎前広場

正午に市長がサン・フェルミン祭の開会宣言をして合図の花火Chupinazoを打ち上げるのですが
今年は何者かが巨大なバスクの旗イクリーニャを直前に掲げて妨害したために開始が18分遅れました。
合図の花火Chupinazoはこの動画の30分頃です。



フィエスタの期間中は毎朝8:00にエンシエロ(牛追い)がテレビ中継されています。

http://www.rtve.es/noticias/san-fermin/encierros/

デフォルトで当日のエンシエロのフル動画が観られるようになっています。

左のほうにビデオカメラが付いたマップがありますが、これは走路の各ポイント毎の画像を
観られるようになっています。


改めてエンシエロをフルでご覧になりたい場合は「ENCIERRO COMPLETO」のボタンを押して下さい。

生中継をご覧になりたい方は現地時間8:00前(日本時間15:00前)に左上の「DIRECTO」ボタンを
クリックして下さい。2分~3分であっという間に終わってしまいますが。


ところで、サン・フェルミン祭というともちろんパンプローナが有名ですが、聖フェルミンが守護神の町村は
他にもあります。パンプローナと同じナバラ州のレサカとバスク州のパサヘス・アンチョです。

お祭りの規模はぐっと小さくなりますが、現地の人達は毎年楽しみにしているフィエスタです。

パサヘス・アンチョではエンシエロは行われなくなりましたが、バキーリャは今でも行われています。

vaquillas Pasajes 2013

IMG_6254

IMG_6250

 ご覧のとおり放たれた牛と追いかけっこするわけです。

一見のどかですが、油断してると危ない遊びです(苦笑) 




 にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

バスクのビーチと7月のイベント

969731_626161250728961_1472947384_n

バスクにもやっと夏が来ました!

7月5日(金)Hendaye(フランス側バスク)のビーチです。

快晴でやっと夏気分の天気になりました。皆一斉にビーチへ繰り出していますw

来週にかけてさらに気温も上がりそうです。

la concha

こちらは、サン・セバスチャンのラ・コンチャ・ビーチです。
少し前に撮ったものなので人影がまばらですが、今日はきっと人で埋まってたでしょうね。

今月は、各地でお祭りやイベントが続々とあります。

パンプローナでは、7月6日からサン・フェルミン祭

ビルバオでは、7月11日から13日までビルバオBBKライブフェス

オンダリビアでは、7月11日から14日までブルース・フェスティバル

ビアリッツでは、7月17日から21日までビッグ・フェスティバル

サン・セバスチャンでは、7月24日から28日までジャズフェスティバル  が開催されます。

PicMonkey Collage

サン・セバスチャンのジャズフェスでは、スリオラ・ビーチに設置されるステージでのコンサートは
無料で楽しめます。毎年「こんな人達が無料で観られるの?」というようなセレクションです。

今年はジェイミー・カラム、エルビス・コステロ、日本から渋さ知らズなどが出演します。

こちらは去年のジャズフェスの記事です。

その他各市町村でもローカルな夏祭りが開かれているはすです、良いお天気が続くといいですね。


 にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

ジオラマ風に撮影されたサン・セバスチャンの動画

ジオラマ、ミニチュア風に見えるように撮影されたサン・セバスチャンの街、なんだか可愛らしく見えますね。

できればフルスクリーン(全画面)表示でご覧になってみてください。

Mikropolis Donostia from Barking Blogs on Vimeo.


これからホリデーシーズンに入りサン・セバスチャンの街もまたたくさんの観光客で賑やかになります。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

晴れの日のBayonne(バイヨンヌ・フランスバスク)散策 その2

P5040326

バイヨンヌの旧市街に行く時はいつもこのパスツール広場(Place Pasteur)を拠点にします。
目印になるサント・マリー大聖堂があるこの広場から四方に小さな通りが広がっていて
色々なお店が立ち並んでいます。

誰かと別行動になってもここで待ち合わせればまず迷うことはありません。

P5040329

ここは以前の記事に夜の写真を載せた広場です。昼と夜ではずいぶんと印象が変わりますね。

良く立ち寄るクレープ・レストランもすぐ近くにあります。

P5040322

カラフルで可愛い雑貨屋さん、ウィンドーショッピングも楽しい。

P5040320

きれいなクッションですね。

P5040321

こういうお店にはつい引き寄せられますw

P5040325

バスクの十字架ラウブル(フランスではローブリュー)モチーフの商品が数多く販売されているのを見ました。
こんなカラフルなステッカー、食器、生活雑貨、衣料品などなど。

スペイン側にもラウブルモチーフのおみやげは少しありますが、フランスもののほうが断然可愛いのです。
フランス人のほうが対外的に物の売り方が上手いなと、こんなところでも実感させられますね。

P5040319

昼間からご機嫌なおじさん達、バルの雰囲気はスペインもフランスも一緒?(笑)
ここはフランスにしては店内が賑やかでした。地元ラグビーチームのサポーターが集う店のようです。


P5040316

フランス軍の払い下げショップでしょうか?
バイヨンヌの旧市街でこの日初めて入った通り、こんな店があったとは全然知りませんでした。
旧市街の端のほうで他に店があまりない裏通りなので普段は歩かないところなんです。

P5040331

旧市街の通りは碁盤の目のようにはなっていなくてわりと不規則です。

P5040330

こういう絵を飾ったら南欧風の夏の家っぽくなりそうですね。

P5040332

市内を静かに走る電気バスは旧市街の中も走っていました。
ミニバスなので小回りが利くのが良いですね。

まだ外は明るいのですが、フランスは19時になると店が閉まってしまうのでそろそろ帰ることに。

P5040333

駐車場広場にあるキオスク、バラの茂り方も素敵です。

P5040337

近づくととても良い香りがしました。

次回バイヨンヌに来る時はもっと色んな店の写真を撮るつもりです。
(晴れの日であれば、という条件付きですがw)
今回はチョコレートショップや菓子店など見とれるだけでつい撮りそびれてしまいましたので(^ ^;)


拡大地図を見る



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

晴れの日のBayonne(バイヨンヌ・フランスバスク)散策 その1

P5040304

やっと晴天になりました。土、日、月となんとか保ってます。

フランスバスクのAnglet(アングレット)という街にアジア系のスーパーマーケットがありまして
醤油、味噌、みりん、米酢、麺類他ベーシックな調味料や食材が揃っているので
近隣の在住日本人が時々買い出しに行く「御用達」店のような存在になっています。

土曜日やスペイン側の祝日に出かけることが多いので、店でバッタリ遭遇、ということが良くありますw

そして、買出しの後はAngletの隣Bayonne(バイヨンヌ)の旧市街を散策するというのが
いつものパターンです。

P5040303

金曜日まで冬のような曇天と気温でしたが、土曜日には一気に初夏のように。
木陰が心地良いほどでした。

P5040298

とても手入れが行き届いている公園。
大きなアドゥール川(L'Adour)と旧市街の間にあるこの公園の周りに駐車スペースがあります。
ここはわかりやすい場所で必ず空きがあって旧市街に近いのでいつもこの辺りに車を停めることにしています。

P5040308

まず川沿いの道へ向かいました。ニーヴ川(La Nive)の両岸にはカフェ、レストランがいくつも並んでいます。
ヨーロッパの人達はテラス席が大好き。寒い冬でもテラスに座っている人達がいたのには驚きましたが
こんな天気の良い日はもう皆喜んでテラスでくつろいでいます。

P5040309 copia

なんだかお洒落な雰囲気です。
建物とデコレーションの組合せを店毎にウォッチングするのも楽しいですね。

P5040310

このカフェ・レストランはかなり古そうです。

P5040311

シックな色合いがいいですね。

P5040312

バイヨンヌに行く時はいつも曇天か夕方の暗い時間帯が多かったので、この日は晴天のおかげで
家並みの綺麗な色合いを楽しむこ
とができました。


P5040313 copia

前日までの悪天候のせいで本当は濁っている川の色も空の青さが反射してきれいなブルーに見えます。

P5040314

雨が多い土地で川沿いで湿気が多いというのもあって、老朽化した建物が微妙にゆがんでいるところもあり
しっかりメンテされている所と放置されている所では雲泥の差があります。

旧市街内の通りの様子は次の記事にアップしますね。


拡大地図を見る


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

夕暮れ時のHendayeビーチ

beach2

4月中旬に25℃を越す夏日があったのもつかの間、5月に入るというのに冬並みの低い気温の日が
続いています。この日は20時頃が干潮の時間でビーチが広くなってきれいだろうということで
隣街のHendaye(エンダヤ・フランス)まで行ってみました。

park

ここはエンダヤの街の中心部からビーチに行く途中にある公園から見た眺めです。
向こうに見えるのはオンダリビア(スペイン)

P4210140

P4210144

国境は橋を渡るだけなのであっという間に行き来できますし、検問も何も無いので県境程度の感覚ですが
対岸から見るそれぞれの景色・家並みは雰囲気がガラリと変わります。
フランスの街並みのほうがスッキリした印象です。

P4210145

この日は海岸の端のほうにある草地を通ってビーチに向かいました。

P4210147

海岸沿いに並ぶ住宅の多くは夏のバケーション用に使われるものなのでシーズンオフは人も少なくとても静か。

P4210153

砂浜への通路

P4210157

P4210161

ネオゴシック様式のアバディー城が丘の上(中央少し右)に見えます。

P4210164 copia

尖った山はラ・ルン山

P4210165 copia

P4210168 copia

この日は海から吹いて来る風が冷たく、けっこう波もありました。

P4210174

砂の上にできた自然の造形美

P4210181

あっという前に日が暮れて街の灯りがともり始めました。フランスとスペインでは生活習慣・時間帯が違うので
もう通りではほとんど人を見かけません、橋を渡ってスペイン側へ戻ると通りはまだ人が行き来していますが。

光の具合で景色は全く違って見えますので、次回は晴天・できれば快晴の日(確率的に低いですが-苦笑)に
写真を撮りに行きたいと思っています。

天気が良いとこんなに明るい風景になります その1 その2 


拡大地図を見る

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

バスクの森を抜けて スペインからフランスへ 3

IMG_3149

SARAの土産物屋兼雑貨屋のご主人に友人が「ガトーバスクを買いたいんですがどこがおススメですか?」
と尋ねて「広場にあるキオスコのが良いよ」と教えられて行った広場。

IMG_3149 copia

小さな村なのですぐわかりました。ホテルが販売しているガトー・バスクのようです。

ガトー・バスク

見るからに素朴な「村の焼き菓子」といった風貌ですね。
カスタードクリーム入りと黒さくらんぼジャム入りの2種ありますが、これは黒さくらんぼジャム入り。

IMG_3187

おみやげ用に買う前に試しに1個買ってその場で割って3人で食べてみました。
その時は「甘いね」という感想で(3人とも甘党ではないのでw)買わずに村を散策し始めたのですが
しばらく経ってみると、お茶も何も飲んでないのに口の中に甘ったるさが残っていなかったので
これはかなり「自然」な素材と工程で作られたものなんだろうな、と散策の終わりに2種買って帰りました。

ちなみにキオスコの真向かいにパン屋さんがあって、そこでもガトー・バスクを売っていました。
(食べ比べはしていません)

IMG_3150

レストラン併設のホテル。
この日は村の中にはほとんど人がいませんでしたが、初夏になれば徐々に人出も増えて
7,8月のハイシーズンはここのテラス席も賑わうのでしょうね。

まだプラタナスの木は「裸木」ですが、夏には葉も茂って気持ちよい木陰を作るでしょう。

SARA(サラ・バスク語)は、「フランスの最も美しい村Les plus beaux villages de France)」のひとつに
選定されている村です。


260px-logo_les_plus_beaux_villages_de_france_svg

選定の基準は、

・人口が2000人を超えないこと
・最低2つの遺産・遺跡(景観、芸術、科学、歴史の面で)があり土地利用計画で保護のための政策が行われていること
・コミューン議会で同意が得られていること

だそうです(Wikipediaより)

SARAは、公共の交通機関を使ってのアクセスが不便そうなのが難ですが。

SARAからスペインへの帰路のため Saint Jean de Luz 方面へ向かうことにしたのですが
途中の景色があまりにも綺麗だったので車を停めて降りてみました。

IMG_3152

振り返って見たSARAの村

IMG_3153

IMG_3155

フランス側バスクの風景はスペイン側と比べて線がなだらかです。

IMG_3157

山バスクではまだ桜が咲いていました。

IMG_3158

Ascain(アスカイン)にも寄ってみました

IMG_3159

ここでお茶休憩することに。バスクカラーそのもののコーディネートですねw

IMG_3166

可愛い看板

IMG_3165

フランスバスクの地ビールらしいです

IMG_3182

海側の街Hendaye(エンダイヤ)に戻ってきて今日の遠足は終了です。

Etxalar(エチャラール)からここまでの周遊時間およそ4時間の行程でした。



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ


バスクの森を抜けて スペインからフランスへ 2

IMG_3133

フランスに入って山を少しずつ下りていくと周りにとてもきれいな森が広がっていたので
そのまま通り過ぎるのがもったいなくて途中で車を降りてみました。

「自然環境を守りましょう」というような標識の言葉がフランス語なので、フランスに入ったのだなとわかりますが
何も無ければ不思議なところに迷い込んだような気になります。

IMG_3145

森の中の自然の木立は枝が絡み合うように伸びていたり、幹がでこぼこだったり
その形を見ていると映画「ロード・オブ・ザ・リング」に出てくる森の木のように人の形のようになって
動きそうな様相に思えるほどでした。

IMG_3134

暖かくなるとこの草地にも野草が花を咲かせるのでしょうね。

IMG_3138

苔の緑がとてもきれいだったので近づいてみました。

IMG_3143

ベルベットのような質感の苔

森の中はほぼ毎日雨が降っていそうなくらい湿っていました。だから緑が綺麗なんですよね。

IMG_3140

知らない道なので辺りが薄暗くなる前に森を抜け出したほうがいい、ということでまたSARAに向かって
車を走らせることにしました。

あんなに深々とした山だったのにわりとあっという間に平坦な丘陵地に辿り着いて
住宅もあちこちに見えてきましたが、SARAの村の中心地が見つかりません。
道を尋ねようにも人が全く歩いてないので困りましたが、なんとか見つけて得た回答は
今走って来た道をもうしばらく進んで少し坂を上った所だそうで、そのままだったら通り過ぎてしまう
ところでした。

IMG_3148

SARAの村中心部にあるSaint-Martin教会、小さな村ですが立派な教会です。

この時は中へは入りませんでしたが、Wikipediaのページを見るとフランスバスクの教会で良く見られる
木造の回廊付きでとても美しい造りになっています。事前に知ってたら入って見たかったのに、残念です。

この後は、友人が土産屋兼村の雑貨屋のご主人にすすめられたガトー・バスクを買いに行ってみます。

つづく


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

バスクの森を抜けて スペインからフランスへ 1

IMG_2802

スペインとフランスの間に長く横たわるピレネー山脈、その西側の端はバスク地方まで到達しています。

そのピレネー山脈がスペインとフランスの国境になっていて、国境を越えるルートは何ヶ所もありますが
今回は先日訪れたナバラ地方のエチャラール(Etxalar)からフランスへ入ってみることにしました。

IMG_3120 copia

今日ものどかなエチャラール。ちょうど昼食時でもあって通りには誰もいませんでした。
どこかのお宅で飼われているはずのワンちゃんが堂々と道路に座っていましたw

IMG_3119

大きな丸太を割っただけの豪快なベンチ

IMG_3115

北部ナバラ地方の伝統的な家屋はずっしりとした重厚感のある造りと玄関や窓枠の周りに
石をきれいに並べてあるのが特色です。山を越えてフランスに入るとまた家屋の雰囲気がガラリと
変わりますので、その写真はまた後ほど。

IMG_2787

エチャラールの村の真ん中に「SARA」とだけ書いて方向を示してある小さな標識があります。
(20kmという数字が入っていたかどうか、、、)

「SARA」(バスク語)「SARE」(フランス語でサール)はフランスの美しい村100選に入っています。

上の写真の川沿いに山のほうへ向かって車を走らせると程なくカーブの多い細い山道に入っていきました。

対向車はまったく無し、自転車ロードレースのトレーニングをしているサイクリストを3人ほど追い越した
だけで、しーーんと静まり返った森の中、少しずつ標高が上がっていきました。

IMG_3131

ここがスペインとフランスの国境 port de Lizarrietta リサリエタ、標高507m です。

この時はあいにく雨が降ってきてぼんやりとしか見えませんが、向こうに広がるのはフランスの景色です。
晴天の日だったらきっととてもきれいな眺めでしょう。

この後国境を越えて(といっても検問も何も無いので県境を越えるようなものです)
フランスへ下りて行きます。

つづく


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

ナバラ地方の村エチャラール その2 レストラン

IMG_2896

30分待ってやっと入ったレストラン
この写真はお昼の営業時間がほぼ終わった時に撮ったものなので人がいませんが。

ここは一番大きいダイニングルームです、他にもいくつか小部屋があってなかなかおもしろい造りです。

IMG_2894

ウェイトレスさんの後に着いて行くと、キッチンを通過しないといけない小部屋に案内されました。
キッチンにいたレストランのご主人に「皿洗いに来たのかい?」と言われながら(笑)

IMG_2891

実際より薄暗く写ってしまいましたが、なかなか落ち着けるスペースでした。

さて、肝心のお料理ですがここは肉の炭火焼が評判のレストランなのです。

でもまずはサラダから

P3240089

庶民的なレストランの正しいミックスサラダは、レタス、トマト、ゆで玉子、ツナ、アスパラが
お皿からはみ出すくらい大盛り
です。生ハムも少しのせてありました。

そしてメインの炭火焼骨付きステーキ フライドポテトの量も凄かったです(笑)

IMG_2870

上のステーキは牛肉で、もちろんこれを切り分けて大人数で食べるわけですがかなりの量です。

IMG_2872

こちらは子羊肉。バスク地方、ナバラ地方では良く食べられます。

IMG_2890

すっかりお腹いっぱいになった後にご主人がリキュールをごちそうしてくれました。
これはハーブのリキュール、とても綺麗な色ですね。

ナバラ地方では「パチャラン(patxaran)」というスピノサスモモの実を使ったリキュールが有名で
食後酒として良く飲まれています。

Pacharan
ナバラ地方のレストランは、バスク地方よりも料理の量が多く、盛り付けも豪快でしかも料金はバスクより
少し安めということで大満足の食事でした。

Asador La Basque
Calle de Iñarreta, 3  31760 Etxalar, Navarra

平日も10ユーロのメニューがあって、豆料理などもリストにあってお腹一杯にはなれますが
掲載したようなステーキは週末のみ食べられるようです。

サン・セバスチャンからは車で30分程度で到着できる距離にあります。

おまけ

IMG_2793

村の薬局の看板です。目が怖いです(苦笑)

IMG_2798

CORREOS 郵便局
HERRIKO OSTATUA 村のペンション
JATETXEA レストラン

全部同じ建物の中にあります。


IMG_2860

バスク地方の魔よけとして玄関や建物の壁に飾られる Eguzkilore(太陽の花)

P3240080 copia

ナバラ地方は政治的にはバスク地方ではありませんが、Etxalarのようなナバラ地方北部の小さな村では
バスク語が主要言語になっていて、文化的にもバスクの伝統を受け継いでいるようです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

ナバラ地方の村エチャラール その1

IMG_3112

お花見をした日はとても良い天気だったので、こういうときこそ景色の良い所に出かけないと
実にもったいない、ということで近くのエチャラール(Etxalar)という村に行ってきました。

IMG_3114

バスク地方と繋がるナバラ地方にあるEtxalarは、人口800人ちょっとの静かな村です。

IMG_2809

村の中心地にある教会

IMG_2816

丸い形の墓標なんですが、なんだかとぼけたおじさんの顔に見えますね。

IMG_2799

教会の向かいにある村の広場とバスクの球技ペロタの競技場フロントン、ここのフロントンは屋根付きです。

P3240067

お目当てのレストランが大人気で30分待ちなので、写真を撮りながらちょっと散歩することに。

手前右のこのお家、造りは農家風ですが綺麗に改装されていて広々としたテラス付き。
お庭はすっきりしたデザインですね。
家の中もきっとこの外観に合うようなカントリーな家具が揃えてあるんでしょうね。


P3240070

実にのどかな風景です。

IMG_2841

ここは昔は公共の洗濯場だったようで、斜めに取り付けた洗濯岩が3個並んでいました。

P3240077

P3240081

家の作りも自然な庭も良いですねぇ。

天気が良い日にこんな可愛らしい家を眺めると「あ~、住みたいなぁ」と思えますが
延々と続くバスク地方の雨の日の現実を思い出すと「やっぱり無理だな」と(苦笑)

P3240079

P3240082

ご覧のような屋根の線がまっすぐじゃない家がけっこうありますw

そろそろ時間なのでレストランのほうへ向かうことにします。

つづく

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

バスクでお花見 Sakura 2013

P3240048

春到来  3月24日(日)の写真です。

今年は身近なところにけっこうな
数の桜の木があるとわかってさらに嬉し
い春になりました。

せまい街でも用事がないと全く通りがからない場所もあって、そういうところにあると気付かないうちに
花の時期が過ぎてしまうんですよね。

IMG_2780

ここは街外れの住宅地で、車を停めるために入っていった通りでした。
翌日はるばる観にやって来たバスク在住の友人も満開の桜並木に思わず歓声を挙げていました。

IMG_2732

近所のおじさん達は花よりもいつものバルでの一杯と仲間とのおしゃべりのほうが大事という感じで、
桜の木の下ではしゃぎながら写真を撮っている私達のことをバルのほうから珍しそうに見ていましたが

一杯終えて昼ご飯を食べに家路に向かう途中で私達に「貴方達のふるさとの花だね」と声をかけてくれました。

IMG_2778

洗濯物を干しているような庶民的な裏道が

IMG_2768

見事な花道になっていました。

IMG_2777

窓辺で日向ぼっこ中のワンちゃん、とっても気持ちよさそうでした。

P3240056

次の桜スポットに移動している時に通りがかった児童公園
ランチタイムなので閑散としています。

桜があるとバックの建物もなんだか日本っぽく見えてしまいますw

P3240052

ピンクの桜はソメイヨシノより少しだけ咲き始めが遅いようでしたが

P3240050

P3240054

華やかでとても綺麗です。

P3240058

P3240059

今回3ヶ所ほど桜のある所を周ってみたところ、どこの木も同じ程度の大きさと枝ぶりだったので
きっとある時期の都市計画の中でまとめて桜の木が植えられたのでしょう。

この公園は完成してまだ10年経つか経たないくらいだと思います。
あと10年後、20年後にはきっと見事な眺めになるでしょうね。

P3240060

この日まで4日間ほど珍しく暖かい晴天が続きましたが、翌日月曜日にはまた雨に

28日(木)からはセマナ・サンタ(イースター)の連休ですが、スペイン全体雨天のところが多いようです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

バスクでも桜一気に満開、そしてまた雨

p colon3

在住している街のメインストリートに5本ほど並べて桜の木が植えてあります。
3月22日(木)は日中の日差しが強くてぐっと気温が上がったので一気にほぼ満開に

p colon2

こちらにはお花見の習慣は無いので、皆さんいつもと同じように散歩を楽しんでいます。

ここでベンチに座っておにぎりやお弁当を広げる勇気はありません、きっとジロジロと見られると思うので。

それでも「日本人は桜に特別な想いを持っている」というのを見聞きした人は増えているようで
先日写真を撮っている時に「日本では桜の花を見ながらフィエスタするのよね」と
スペイン人の知り合いに言われました。

sakura3

青空をバックにするといっそう綺麗に映えますね。

この写真をズームアップして見ていたら、、、

moon

月が写り込んでいるのを見つけました。

sakura4

p colon4

満開だ~ と思ったのもつかの間、23日(金)の午後には雨模様に

風まで吹いたらすぐ散ってしまいそうです。

sakura5

天気が変わりやすく、雨が降る時は必ずと言ってよいほど風を伴うバスク地方
ここで桜の花をほんとに楽しめるのはわずか2、3日間でしょうか。

先の日記で「これから一週間くらい桜スポットを探して街の中をあちこちうろついてみなくては」
と書いたばかりですが、一週間ももたないかも(苦笑)

せめて今週末くらいまでは散らないで欲しいです。

来週からこちらはイースターホリデーに入ります。そして来週末には夏時間へ移行です。



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

春分の日、桜が咲き始めました

sakura2

3月20日春分の日、こちらスペイン北部でも桜が咲き始めました

本数も蕾の付き方も少ないので日本の桜のような豪華絢爛さはありませんし
こちらでは「桜でお花見」の習慣もないので他の街路樹と比べて特別扱いもされていません。

この時期特別な想いでニコニコしながら眺めているのはきっと在住日本人ぐらいでしょうw

P3200026

夕暮れ時に撮ったのでぼんやりした写りになってしまいましたが、やっぱり桜はいいですねぇ。

ちょっと暖かくなるとあっという間に開いてすぐ散って見逃してしまうので
去年まで気付いてなかった桜スポットが近場にもまだいくつかあるかもしれません。

今から一週間ほどあちこちうろついてみなくては。

去年の桜は、こちらの記事でご覧下さい。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

晩冬の散歩道

IMG_1604

先週は「雪模様」だったのが、南風が吹いて日毎に暖かくなってきました。

P2160029

ちょっと天気が良くなると家の中にいるのがもったいない気がして近くへ散歩に。
散歩道の途中にはポニーがいました。

P2160030

おとなしくてとても人懐こいバスクのポニー。中型犬と大型犬の間くらいのとても小さい馬です。

P2160033

この辺りは湿地帯なので住宅は建てられません。牧草地か個人菜園に利用されています。

IMG_1626

先へ進むと貯水池があって、色々な水鳥がいます。

P2160034

こういう光景、夕暮れ時はちょっと不気味に見えますね。
木にとまっているのはカラスではなくて首が長い鵜のような黒い鳥でした。

IMG_1638

あ、白鳥だ、と思って見ていたら、こっちに向かって泳いで来ました。

P2160039

陸に上がって来ました。

IMG_1647

ポーズをとってくれてるんでしょうか(笑)

きっと何か食べ物をくれるかと期待して近づいて来たのでしょうが「餌を与えないで下さい」とあるので、、

IMG_1687

先に歩き進んで角を曲がったら

IMG_1688

またやって来ました。

IMG_1677

日暮れ間際だったからか、この日この道ですれ違ったのは、犬を連れたおじさん1人だけ

P2160043

日暮れ前の日差しは

P2160048

とてもやわらかでした。

P2160055

小さな橋を渡って帰路へ向かううちに

IMG_1694

山に日が沈みました。

IMG_1698

この日の日の入りは18時30分頃。毎日少しずつ日照時間が長くなっていくのが良くわかる季節です。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

今冬最初で最後?の雪景色とミモザの花

IMG_2001

薄っすらと雪に覆われたPeñas de Aya(ペニャス・デ・アヤ山)

ギプスコア県とナバラ県の境にある山脈です。

snow

先週末から気温の低い日が続き、スペイン各地で雪模様になっていますが
バスク地方の海岸沿いの街の平地ではチラチラと降っただけで積もりませんでした。

P1200164

これはビルバオ市の川沿いに毎週日曜日の朝に立つ花市場の一角です。

薄暗い冬空の下でここだけ春が来たように思わせてくれる明るく鮮やかなミモザの花。

ポカポカ陽気がやってくるのが待ち遠しい今日この頃です。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
プロフィール

rika_txiki




にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


ランキングに参加しています。
ポチッと押してくださったら嬉しいです(❛◡❛)
最新記事
ギャラリー
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • MUJI BGM 22 Basque 無印良品のBGMシリーズ。 新作「22」はバスクがテーマ
  • MUJI BGM 22 Basque 無印良品のBGMシリーズ。 新作「22」はバスクがテーマ
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 3月号「幻のバスク豚に会いに」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 2月号「バスクのディープなる美食ワールドを探訪」
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ1月号「体で覚えるバスク文化!」ほか
  • バスクより新年のご挨拶
  • バスクより新年のご挨拶
  • 植松良枝さんのバスクバルレシピブック BASQUE BAR RECIPE BOOK: スペインバスクの美食の地サン・セバスチャンへ。
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ