チキ便り~バスク地方のとある街より

スペイン北部からフランス南西部に広がるバスク地方から発信しています

サッカー

祝!W杯スペイン初優勝!

すごい試合でした

スペイン代表優勝おめでとう

うれしい、うれしい、7月11日は思い出に残る一日になりました

やはり優勝がかかると気迫も違うからか荒れた試合になりましたが、スペイン代表が得意な
早いパスワークからのイニエスタの決勝ゴールにスペイン中が沸き踊りました。

試合中は以前と同じように静まり返っていたバスクのイルン市でしたが
試合終了の笛がなった直後からクラクションを鳴らす車がひっきりなしに外を通り
バルコニーから下を見ると、どこから湧き出したかっていうくらい
子供や若者達がぞろぞろ歩いて行ってるその先には、、、噴水。

España1-p
 
勝ったらここで、って誰かが言ったのかどうかわかりませんが
続々と人が集まってきて、噴水に入りこんで祝賀会を始めました(笑)

みんな家に隠し持ってたの?と言いたい程のたくさんのスペインの旗が
振り回されてましたし、今まで通りで見たこと無かった代表Tシャツ姿の子達も
たくさんいました。

バスクでもみんなこんなに応援してたんですねー。
遠慮か自粛(?)していたのが優勝決定で爆発したみたいな勢いと騒々しさでした。

españa-p

暗くて赤いシャツも国旗も見えないのでただ人が集まってるだけに見えますが
いまだかつてこんなことは無かったので記念に撮っておきました。

さらにここではきっと聞くことはないと思ってた大きな 「エスパーニャ」コールも聞こえました。



今までのどんなフィエスタ(お祭り)の時よりもうるさかったです(笑)

スペイン全国が優勝に酔いしれ熱狂した夜でした。


一夜明けて12日(月)14時頃にマドリッドのバラハす空港に到着したスペイン代表は
その後昼食休憩をとった後、王宮でスペイン国王を訪問、首相官邸でサパテロ首相に優勝報告した後は
2階建てのオープンバスでマドリッド市内を延々と凱旋パレードしました。

aficciones2

沿路はどこもとにかく物凄い人手でした。

そして郊外に設けられた祝賀用ステージに一行が到着したのは既に夜の10時を過ぎていました。

この日はスペイン国旗だけではなく、自分の出身地や地元で所属していたサッカークラブの旗を
身にまとっている選手達がけっこういました。

バスク出身のシャビ・アロンソはREAL SOCIEDAD(サン・セバスチャン市)の旗を
まとっていました。

お祝いに集まったたくさんの人達も、優勝を決め緊張がほぐれた選手達も
皆が幸せそうな笑顔で深夜まで過ごした歴史に残る一日でした。

スペイン代表W杯南ア大会決勝進出

ブログにサッカーの話を書くのは久しぶりです。
(日々のつぶやきはMixi日記に書いてますので)

スペイン代表がドイツに勝って初めての決勝進出を決めて、スペイン国内は
今とても盛り上がっています。

代表チームの試合がある日は、皆早めに仕事を切り上げたがり(苦笑)
試合時間には通りは人も車の姿も消え静まり返ります。

おもな都市では広場に大型スクリーンが設置され皆で繰り出して応援です。
代表ユニの赤いTシャツやスペイン国旗をまとった人達で溢れます。

そして、勝ち試合の後は自宅で見ていた人達も一斉に通りへ繰り出し
夜通しお祭りモードで大騒ぎ。

が、それはバスク地方とカタルーニャ地方を除いたスペイン国内でのこと。

TVでそんな各地の熱狂ぶりを見ながら窓の外を眺めてもスペインの国旗など
ここバスクでは誰の家のバルコニーにも掲げてありませんし、パブリックビューも設置されません。

TVやラジオをつけなかったらW杯の存在もこの世には無い雰囲気です。

ただスーパーに出かけると「今夜は皆で試合を見るから」とビールを買いに来た
主婦同士が会話していたり、父親と息子がスペインの国旗がついた
W杯バージョンのコカコーラを探していたり

バスクでは、みんな自宅で地味にスペイン代表を応援してるようです。

バスク出身の選手も代表チームで活躍してますし、外で賑やかに大勢で応援したい人達が
大型スクリーンの設置を希望していますが、なかなか実現しそうにありません。

自国のチームが優勝するかもしれないところまできているというのに、皆で盛り上がって
応援できない状態、それはなぜかというと、、、

バスクとカタルーニャは、中央政府から弾圧を受けていた歴史があるので
今でもそれにこだわって(苦笑)「ビバ・エスパーニャ(スペイン万歳)」
とこの期に及んでも公には口にしたくないような人達が政治力を持っているからです。

大型スクリーンなどの設置はその自治体が決定するものなので
いくら市民の要望が多くても
なかなか実行されないのが現状です。

サッカーが好きな政治家もいるはずですけど、政治的立場から融通がきかないのでしょうが
とても残念なことです。

一般の人達は仕方なく自宅で人知れず応援しているようです。

それでも昨日の準決勝でドイツに勝って決勝進出を決めた直後には
いつもは静かな自宅近辺も少しの間だけ、歓声とエスパーニャ・コールと
花火の音に包まれました。

11日(日)の決勝の日は、またスペイン国内で皆それぞれのやり方で
スペイン代表を応援するのでしょう。

勢いのある攻撃力とスピードのある華麗なパスワークで観客を楽しませてくれる
スペイン代表チームのサッカー。

ナショナリズムを抜きにして、スポーツとしてエンターテイメントとして
世界トップレベルのプレーを楽しみたいです。

祈願・初優勝

pulpo-paul

話題のタコ・パウル君はスペインを選んでくれました(笑)
今回も予想が当たりますように。

EURO2008 スペイン優勝!

スペインが0-1でドイツを破り全勝優勝しましたクラッカー

嬉しい嬉しい笑顔

選手達の喜ぶ顔が見られてほんとに嬉しい?? びっくり

ルイス・アラゴネス監督が胴上げされるのが見られて嬉しい?? びっくり

しばらくはこの余韻に酔いしれていたいです。

夢が現実になりました。

美しいサッカー、楽しいサッカーが見られて幸せです。

最初の10分は体格の良いドイツ相手に手を焼いてた感じでしたが
だんだんといつものスペインチームらしいリズムが出来ていって
いつものように攻め込んで行くようになりました。

22分 トーレスの惜しい場面
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2757

今日のトーレスの気合の入り方はいつもより凄かった。
ドイツの選手にひっくり返された時の悔しがり様も半端じゃなかったです。

32分 ゴーーーーーールキラキラ
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2759

倒れこみそうな勢いで走り込んであの体勢からのゴール 音符

素晴らしかったですねぇ。

これで全世界中にまたファンが増えましたね、きっと。

後半も追加点のためにどんどん攻め込んでいきましたが
なかなか決まらず、ドイツの攻撃に冷やりとする場面もありましたが
守り通して試合終了??。

優勝が決まった瞬間?表彰式
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2768

あのカシージャスが泣いていました。

表彰式ではセルヒオ・ラモスがアントニオ・プエルタのシャツを着てました。
(プエルタは去年、試合中に倒れて帰らぬ人となった選手です)

大会中一人の退場者も出さずファインプレーで私達に
楽しい日々を過ごさせてくれた選手の皆さんに感謝します。

そして大仕事を終えたルイス・アラゴネス監督、お疲れ様でした。


EURO2008 ロシアVSスペイン

スペイン決勝進出決定!! クラッカー

でも前半は、ちょっと不安でしたね。

大雨のせいだったのか動きもぎこちなかったし、負傷したビジャの
哀しそうな表情もとても気になりました。

だけどアラゴネス監督の「どんなことがあっても落ち着け」という指示と
選手達が抱いているこれまでにはなかったような自信と
チームとしての一体感が完璧に機能して後半はもの凄い好展開にびっくり

シャビのゴール(1点目-49分)
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2548

 イニエスタ-シャビのバルサコンビがやってくれましたびっくり

グイサのゴール(2点目-72分)
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2551

 セスクの実にクールなパスに注目して下さいびっくり

シルバのゴール(3点目-81分)
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2552

 このTV中継で解説者としてコメントしているアントニオ・カマチョ前監督が
 走り込んで来るシルバにいち早く気付いて甲高い声で叫んでいます(笑)


この前のイタリア戦の時がもっと緊張しました。
今日は、妙に落ち着いて見てました。

スペインチームのボール裁きや動きが安定していたからでしょう。

MVPをもらったイニエスタの華麗なフットワーク、MF陣のパスワーク
セスクの見事なアシスト、いつも弱いと言われていた守備陣の固い守り
チーム全員がそれぞれの役目をしっかり果たしていました。

ここはバスクということもあってか、マドリッドの盛り上がり様とは
比較できませんが、階下のBARからもゴールの度に歓声が聞こえてきました。

花火も今回は4、5発は上がっていました。

スペインチームは選手達の出身地意識がじゃましてチームワークが
まとまらないのが弱い原因と散々言われてきましたが
今のチームにはそんなもの全く関係ないという一体感があります。

国内全体でも応援熱が盛り上がっています。
試合中継の視聴率も記録を達成したようです。

この目でスペインが優勝するのを見たいなぁ。
今のチームならできるかも。

スペインのCUATROというチャンネルでEURO2008の独占放送をやっていますが
PODEMOS(僕達にはできるぞ)というスローガンを掲げて大会前から
プロモーションを行っていました。

スペインチームのイケメン代表、トーレスとカシージャスをキャラにして
こんなPVも作られました。

EURO2008 スペインVSイタリア

夢だけど、夢じゃなかった??笑顔

PK戦の最中、泣きそうになりました。

一緒に見ていた次男は、じっと椅子に座ってられなくて
なぜかテーブルと壁の狭い隙間に挟まって(笑)見ていました。

あんなにがんばったんだから、スペインチームに勝って欲しかった。

大きな大会がある度に期待され、そしてパッと散ってしまうパターンが
ずっと続いていたスペイン。準決勝の厚い壁。

イタリアにはもう88年も公式戦で勝ってないという嬉しくない記録落ち込み

だけど、今回はやっぱり今までとは違ってた。

今までのようにピンチを迎えるとあせりまくるというのが無かったし
どうにかして点を入れてやろう、守りきろうっていう
粘り強さもあったし。

ビジャはひっくり返ったままの難しい体勢でもボールを蹴ってましたね。

シルバの一撃
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?_2420

カシーリャスの動き、凄い
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2421

セナも大活躍
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2422

心臓バクバクのPK戦
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2423

PK戦の間、スペインのゴールが決まる毎に
次男と抱き合って飛び跳ねながら喜びました

スペインのサッカーを見始めて10年以上は経ってると思いますが
今までで一番嬉しかったですね。

悲願の準決勝進出クラッカー

次の対戦相手はまたロシア。

この勢いで突っ走れスペインチーム拍手

ブフォンとカシーリャスがニコニコ顔で抱き合ってたり
カッサーノがカシーリャスと談笑したり、お互いを讃える
そういうのも嬉しいエンディングでした。

EURO2008 トルコVSクロアチア

凄い試合でした最後まで見て良かった。

どっちが勝っても別にどうでもいいや?、日記にも書くつもり無いし?
と軽い気持ちで晩御飯を食べながら見てたんですが、、、

どうやらこれは延長→PK戦になりそうな雰囲気になってきた頃から
両チームの「勝ちたい!」気持ちがひしひしと伝わってきて
画面から目が離せなくなってしまいました。

延長後半、あと2分で終わりという時にクロアチアがゴール。

【0-1】
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2385

あ??、トルコ終わったと普通思いますよね。

ところが、あと4秒で試合終了という時にトルコがっびっくり

【1-1】
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2386

ひえぇぇ??、こんなことが起きるなんて?びっくり

変かもしれないけど、サッカー好きになって良かった
そう思いました。こんな試合が見られて。

何に感動したかというと、「最後まであきらめない」ってとこかな。

どちらのチームの選手も最後のほうはよれよれになってたけど。

そしてPK戦。ここまで来ると精神力が決め手なのかな。

http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2387

両チームに拍手

EURO2008 スペインVSギリシャ

今日は消化試合ということで、じゃあシャビ・アロンソも絶対出るよね

と思ってたらキャプテンで登場びっくり

イニエスタ以外は総入れ替えのメンバー。大丈夫かな。

惜しいところでシャビのロング・シュートが決まらなかったりしてる内
ギリシャが先制点 困った

【0-1】
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2335

ディフェンス、スカスカ 落ち込み

なんかやな感じだな?、と思ってるうちに前半終了。

後半もシャビのロング・シュートが惜しくもposteに弾かれたり、、、
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2338

でも60分にチャンスはやって来た!
グイサのアシストでデ・ラ・レッドが凄い勢いで先制点を決めたクラッカー

【1-1】
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2339

その後も攻めてはいるけど得点に結びつかない。
ここで勝って終われば次のイタリア戦へ勢いを持って行けそうなのに。

87分、ほとんど試合も終わろうとしてる時になんだか上手い具合に
誰もいないちょうど良い場所にいたグイサに繋がって
ヘディングでゴーーールクラッカー

【2-1】
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2341

前試合もそうだったけど、こういうふうに試合終了間際まで粘って
勝ちを取るって、以前のスペインチームはあんまりできなかったんじゃ?

どうでしょう、対イタリア戦、期待できそうですか?

期待しましょうよ 笑顔

【決勝T組み合わせ】

ポルトガルvsドイツ クロアチアvsトルコ
オランダvsロシア  スペインvsイタリア

EURO2008 イタリアVSフランス

どっちも本大会パッとしない状態での3試合目。

これで負けたら予選敗退、自分達が勝って、同グループのルーマニアが
オランダに負ければ決勝T進出という大事な試合でした。

その割にはおもしろみに欠けるなぁ、と感じながら見ていたのだけど

ピルロがきれいなPKで先制点を決めたあたりからイタリア優勢に。

【1-0】
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2311

フランスのキーパーもがんばったんだけどね。
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2313

その後のFKでは皮肉にもフランスのアンリがひょいっと出した足に
はねたボールがキーパーが飛んだほうとは逆に抜けて2-0に。

【2-0】
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2316

ルーマニアはオランダに負けたので、決勝Tでのスペインの相手は
イタリアに決まりました。

その試合にピルロと ガットゥーソが出られないのは
果たしてスペインにとっては良いことなのか?

スペインチーム、イタリアを負かしてベスト4に入って欲しい。

EURO2008 スペインVSスウェーデン

勝ちましたね??笑顔

2?1びっくり

ビジャのゴールが快感??びっくり

よかった、よかった。

もう引き分けで終わるかな、どうせなら引き分けで終わって欲しいな。

早よ終われーーダメ

と気が気じゃなかったです(汗)

【1-0】
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2221

【1-1】
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2222

【2-1】
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2226


追記

気になる決勝リーグの対戦相手は、「死のグループ」と言われる
Cグループの2位ということで、ルーマニア・イタリア・フランスの
何れか。

既にグループ1位を決めたオランダと当たらないのが救いかな

プジョルの負傷が気になるところですけど、ギリシャ戦は休んで
養生できればいいですね。

EURO2008 スペインVSロシア

サッカーEURO2008 スペイン初戦は4-1でスペイン勝利びっくり

Que jugada mas buena??音符

トーレスとビジャの連携が美しかった?ハート

スペインのCUATROというTVチャンネルのサイトでビデオが見られますので
リンクを貼ってます。

【1-0】
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2139

【2-0】
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2143

【3-0】
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2145

【3-1】
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2146

【4-1】
http://www.cuatro.com/eurocopa/video_detalle_uefa.html?id=EUPA_2147

カシーリャスも2回posteに救われたし、今日のスペインは勢いと幸運で
すごく面白い試合を見せてくれましたねぇ。

トーレス、ビジャ、セスクが華やかな部分をいただいたけど
私はシルバのプレーも好きだったなぁ。

あ、だけど、シルバが快調だとシャビ・アロンソの出番が減るのかな。

ロシアに1点入れられた後、ゴール際でかなり冷やっとした場面
があって、直後プジョールが物凄い勢いで吼えてた(苦笑)

今日はみんな気合入ってましたね。

次の試合(対スウェーデン)も楽しみ音符

レアル・ソシエダの試合観戦

サッカーサッカーのことを書くのはいつぶりでしょうか(^ ^;)

3月2日のREAL SOCIEDAD 対 XEREZ戦をアノエタスタジアムで
観戦しました。
今シーズンは2部でのスタート、その後も調子は芳しくなく
ファンも沈みがちでしたがここ最近1部昇格枠内へあと一歩
というところにつけています。

「スーパーの景品でもらったからあげる」と近所のおばさんが
試合前日にくれたチケットで、遠く日本から観戦に来た
ファンの方と一緒に出かけました。

チームが上り調子なのと、タダで配ったチケットがかなりの数
だった(と思います)のもあってか、この日のスタジアムは
ほぼ満員に近い状態で、応援ムードも試合開始前から熱かったです。

43cb2eab.jpg


試合開始後間もなくペナルティのチャンス到来で
シャビ・プリエトが難なく決めて先取点!

その後またペナルティで追加点を入れ、早くも2-0でリード。
押せ押せで前半戦を終えたのでした。

ところが後半戦が始まるとなんだか形勢が逆転してしまって
ラ・レアルには勢いがありません。
スキを突かれて2点あっさり返されてしまいました!

後ろの観客席からは「返されて萎縮しちゃってるよ、あ?あ」
とすでにあきらめムードの声が、、、

アスレティック・ビルバオのファンは勝っても負けても
熱狂的に応援するんですが、ラ・レアルのファンは一部を
除いては「おとなしい」んですよ。

お行儀が良いとも言えます。やじは少ないです。
今まで何回かアノエタで観戦したことがありますが
「怖い」とか「危ない」と感じたことは一度もありません。

サン・マメス(ビルバオのスタジアム)では
特に対レアル・マドリッド戦の時などは殺気立ちますけどね。

そうこうしてるうちにラ・レアルが1点追加!

54c75354.jpg


その後さらに1点追加して4-2とリード!

観客席は盛り上がりつつも、今までの経験からか(苦笑)
安堵感は無く「早く終われ」と残り時間が出ている
電光掲示板をチラ見しながら祈っていました。

クラッカー 試合終了!

いや?、良かった良かった。貴重な3ポイントゲットです。

でも、でも、今日の対戦相手は2部リーグ最下位のチーム。
今後は上位チームとの対戦が続きます。

がんばれラ・レアル。AUPA REALびっくり

リーガ・エスパニョーラ

もうずいぶん長いことサッカーの話題を出していませんでしたが
それは地元チームREAL SOCIEDADが2部降格の枠内に
ずっと入ったままの崖っぷち状態で、胃に悪い日々を
送っているからでもあります(苦笑)

何の因縁か降格枠を競う(?)極近チームが、同じバスクの
Athletic Bilbao.

あと4試合を残すだけとなった時点で、トップもまだまだ
入れ替わり、大どんでん返しが有り得るポイント数です。

順位は、こちらをご覧下さい

そういう、どのチームも「絶対負けられない!」状況だと
やっぱり気迫が違ってくると思うので、これからの各試合は
さらに面白味が増すでしょう。

審判の判断も大きく影響するのでプレーするほうも
観戦するほうもテンション上がりますね。

残り試合全部勝てば12ポイント。他チームの勝ち負けも
順位に大いに関わってくるので
上位争いも、下位争いも(苦笑)気になります。

次のリーガの試合は、週末までありませんが
今日はUEFA杯の決勝がスコットランドのグラスゴーであります。
対戦はSevilla-Espanyol とどちらもスペインのチーム。

Sevillaは、現在リーガ3位、国王杯も決勝進出と快調ですね。

でも、やはり今の最大の関心は日曜日のREAL SOCIEDAD-CELTA戦。
CELTAも同ポイントなのでモチベーションは同格です。
がんばれラ・レアル!

W杯決勝・幕が降りて、、、

W杯サッカードイツ大会が終わりました。
試合自体はフランス-イタリア両チームの力が並んでることもあって
大きな見せ場のない淡々とした試合運びだったのですが、、、
試合を見ていた人々全てを驚かせるような展開になってしまいました。

ジダンが頭突きで退場!

前半にPKを余裕で決めて先制点を入れたフランス。
イタリアのゴールも決まり延長にもつれ込んだものの
フランスが優勢に見えていたのに、、、流れが変わってしまいました。

イタリアのマテラッツィはよほどひどい暴言を吐いたのでしょう。
当事者達は沈黙状態ですが、たぶん人種問題に絡んだことじゃ
ないのかな。

調子が良い時は国を挙げてのヒーローに称えられ、悪い時は
移民出身だとかなんとか、、、今までもさんざん翻弄されてきた
ことでしょう。

でもあの時あの場面で堪えきれなかったのは残念です。
だけど、試合中に暴言を吐くのもルール違反じゃないの?

PK戦で優勝はイタリアに決まりましたが、これは運もあったでしょう。
フランスが勝ってもおかしくない流れでした。

だけどイタリアのGKブフォンは確かに最高のキーパーでした。
今回のW杯中、失点はオウンゴールの1点のみという
脅威の結果。

表彰式で一番お茶らけてたのがイタリアのマテラッツィで
当のジダンは姿を見せなかったのも皮肉な対照でした。

なんとなくスッキリしない終わり方だったけれど
1ヶ月近く楽しませてくれたW杯に感謝。

p.s.
最優秀選手 ジダン(フランス)
最優秀キーパー ブフォン(イタリア)
フェアプレー賞 スペイン(笑)ブラジル

夏の花火のように華やかに開いてそして
さわやかに(笑)散ったスペイン選手達、次はがんばってよー!
勝っても負けてもおばちゃんは応援してやるから(笑)

イタリアvsドイツ

W杯なんか、もう既に過去のこと、という人も多いでしょうが
死闘はまだ続いてますよ。
決勝トーナメントに入ってからは、さすが実力が接近してる
チーム同士の対決で、試合の緊迫感も倍増!
延長・PK戦へもつれこむ試合も増えました。

PK戦、ドキドキして面白いけど、心臓に悪い(^ ^;)

昨日の準決勝イタリア-ドイツも凄かった。
イタリアの攻撃モードが若干上とはいえ、均衡した試合展開が
延々と続いて、延長戦入り。

「またPK戦か?」(私)
「たいくつ?(そこまでの展開がね)」(長男)

延長戦終了2分前、イタリアのゴ??ル!
もう勝利が決まったも同然で抱き合い、泣き笑いのイタリアチーム。
しかし、そこで終わらないのがまたスゴイ。
デル・ピエロがもう1点追加ゴ??ル!

こういう底力と粘りがスペインチームには足りないんだろうな。

イタリアのサッカーは守備主体で面白くないって
良く言われるけど、手堅く守ってここぞという時に点が取れるやり方
勝ち残っていくためには良いのかも。

ピルロも良い動きをしてたし、GKブフォンの反応の素早さも
勝利に大貢献してたと思います。

PK戦ってジャンケンみたいで、負けたほうは気の毒と
素人の私は思ってたんですが(苦笑)
ドイツの名GKレーマンは、対アルゼンチン戦の時
対戦相手のPKの癖を書いたメモをソックスの中に入れていて
PK戦中にも「復習」してたそうです。

そうか?、ただ「勘」で飛んでたのじゃなかったのね。
実際アルゼンチンの選手達はメモ通りに蹴ってきたそうで
研究の成果ありでしたね。
イタリア選手用のメモは、出番がありませんでしたが。

さて、ポルトガル-フランス、どちらが決勝相手になるのか。

ウソだと言って、、、

終わりました、スペインのW杯2006、予想より早く。
ショック、、、

気持ちを切替えてちょっと仕事して落ち着いたので(苦笑)
書きます。

もう、なんてイヤな負け方!「いつものスペイン」に逆戻りじゃん。
同点にされた頃から観衆も固まり出してしまったし
選手達は焦りから空回りしっぱなし。

以前の試合のようにトーレスのところにボールが届かない。
届いたとしても、ホアキンがいくら頑張って走り込んでも
フランスの守備陣に阻まれて終わり。

今までパッとしなかったジダンが今日は最初から楽しそうな表情で
プレーしているのも気になっていたのでした。調子良さそう。
ジダンは元々天才だし、スペインでも長くプレーしてるので
スペイン人選手達の癖も熟知してるはず。

もちろんフランスはジダンだけでもってるわけではないけど
昨日の試合はフランス側に主導権を握られていたと思います。

それでも1-1で延長、PKまでいって全身全霊で戦って負けた
のなら、もっとスカッとしたと思うのだけど
1-2にされてしまった後はもうガタガタ。
(この時カシーリャスは前に出すぎてたし)

日本がブラジルに負けた時を思い出すような試合運びでした。
スペインの選手達、あきらめるのが早すぎるよ。
おまけにとどめをジダンにさされました。

まるで闘牛みたいです。
痛めつけられて既にコントロールを失って息もあがってしまった時
急所にとどめの一撃。ガックリと膝を落として倒れこんだのは
スペインチーム。皮肉です。

観客席は1-1の頃から静まってましたが、終了の笛が鳴っても
皆凍ったまま無表情で呆然と突っ立ったまま。

VIP席のフェリペ皇太子とレティシア妃も座ってはいたものの
同じく無表情。その後周辺の人達と握手して去って行きましたが
落胆振りがうかがえました(^ ^;)

若い選手が揃ってるので、マスコミは「ユーロ杯に期待」「次に期待」
って言ってるけど、その言葉を聞くのもうこれで何回目?

メンタルな部分をもっと鍛えにゃいかんよ。

ルイス・アラゴネス監督は続投の意志もあるとか。
いんじゃないですか?任せても。

悲喜こもごも

日本チームは負けてしまいました。
相手がブラジルだもの過剰な期待は禁物と思っても
前半に玉田選手が先制のゴールを決めた時は嬉しくて嬉しくて
泣きそうでした。
GK川口選手の素晴らしい守りも、フィールドの中を走りまわるヒデも
「勝つことしか考えない!」という気持ちに溢れていて
TV画面に向かって「がんばって!」と願うしかなかったです。

精一杯の日本と余裕のブラジル、その差が後半戦にあんなに
はっきり出てしまうとは、、きつそうな中村選手の表情が痛かった。

だけど、皆がんばったんだから、責める必要は無いと思いますよ。
運とかそんなもののせいでもないんだし。
これでくさってしまわないで、これから新しいチームをまた
作って次を目指せばいいじゃないですか。

さて、スペイン-サウジアラビア戦。
スタメン総入れ替えでしたね(笑)

「スペインってすごいって聞いたんだけど、で、イケメンの
トーレスってどれ?」ってノリで試合を見た人には「?」
だったでしょうね。

メンバーが違うせいもあってか、スペインが先制点は入れたものの
冷ヤリとさせる場面も多かったし、勢いも無かったし
期待して見た人にはイマイチの試合内容だったかも。

今日一番の功労者はファニートだと思いますね。
先制点が彼のゴールだっただけじゃなくて、ディフェンスが薄かった時
GKカニサレスの前に立って、相手のゴールを阻んだのもこの人。
試合終了間際にサウジラビアが勢いに乗って攻め込んで行った時
ボールをフィールド外にはじき出したのもこの人でした。

さて、今夜の試合で決勝Tでの対戦相手(スイス?フランス?韓国?)
が決まります。ドキドキ。

一夜明けて

昨晩の試合中、我が家でウケたのはルイス・アラゴネス監督の
喜びの動き(?)

頭を抱えて下を向いていた後
ゴールが決まってこぶしを握り締めたまま両腕を上じゃなくて
前に伸ばした姿勢でフィールドへ前進。

「なんかスクーターに乗ってるみたいね」と
次男と二人で真似してました(おバカな親子)

今日のニュースでは、デパートでのスペインチームユニの
売上急増中!と言ってました。

それを見て長男が「おかあさんも買う?」って聞くので
「え?もしかして欲しいの?」と言うと
「あったら学校に着て行こうかな」と本気だか冗談だか
わからないコメントを、、、

そうここはバスクの街、スペインの他の地域ほど
皆騒いでないので実に物足りないのです。
そして息子達が通う学校はバスク語中心の学校。

「そんなの着て行ったらあっち系の人に『ちょっと来い』
って呼び出されるかもよ」と言うと
「今の時期(W杯中)は大丈夫でしょ」と。

そうかなぁ。

ま、いずれにしても視野が狭い人達をいたずらに刺激する
必要もないし、もう学校も夏休みに入るので
上の会話ははっきりいって冗談ですけどね(^ ^;)

それより私は既に決勝Tでの対戦相手が気になりつつ
あります。

逆転!スペインVSチュニジア

いやぁ、もうドキドキしたけど面白い試合でした。

前回の試合で完勝したもんで大きく盛り上がってたスペイン応援団
試合開始後にあまりにも簡単に先制点を入れられたもんで
一瞬にしてしゅ??んとしてしまいました。

今日はチュニジアがものすごく守備態勢をとっていて
スペインが攻めようとしてもすぐブロックされたり
足をかけられたりしてゴールに繋がらない。

「あぁ?もう邪魔、邪魔?!」TVに向かって叫ぶ私。

解説者の口調もトーンダウン、観客席も皆沈んでる(^ ^;)
まだ前半も終わってないのに既にあきらめモード。

いつものスペインに逆戻りか?

頭を抱えていたルイス・アラゴネス監督は、今日は調子が出ていない
ガルシア、セナを後半はラウル、セスクに交代。

そして後半早めの時間にビジャをホアキンに交代。

最近マスコミが監督-ラウル不仲説を誇張してたけど
監督はラウルを先発で使って疲れさせるより、必要な時に出して
ラウルの天性を信じて力を発揮してもらおうと考えてた模様。
ラウルの本当の心中は私にはわからないけれど、周りからの
「ラウル不用説」や「不仲説」に相当うんざりしてるのは
表情や口調から知っていた。

元気なホアキンがチュニジアのうっとうしいディフェンス陣に
何度も何度も果敢に挑んでるうちに
ふっとスペースができたラウルのほうへ跳ね返ったボールが!
それを余裕でゴールに押し込んだラウル!

観客席は狂喜乱舞!ちょっとしたことでしゅんとしたり
大騒ぎしたり、スペインって、、、お子ちゃま(笑)

「さぁ、ラウルがゴール入れたからトーレスも『自分だって!』
っていう気になってるよ」

と息子達にいうと「どうだか」という顔をしてましたが。
(我が家で一番熱くなるのは私)(^ ^;)

その通りになりましたよ。
今日のトーレスの走り込みゴールも美しかった。

そして駄目押しのPK。これもトーレスがクールに決めました。

今までのパターンだと、先制されたり、押されたりすると
ズルズル負けてたのに、今大会は選手達にあせりが無い?

監督の采配によるところが大きいんでしょうね。
ゴールのアシストはセスクだったし、ラウル、ホアキンも
全て上手く機能した結果になりました。

「何かが変わろうとしてる!」というのがLA SEXTA の
解説者の決り文句ですが、ほんとにそれを期待してます。

とにかく決勝T進出おめでとう!

p.s.

ちなみにうちのTVではCUATRO より LA SEXTA のほうが
音も画像もきれいなので、解説者が多少うるさくても
(結構おもしろがって聞いてる部分もあるし)
今後もこのチャンネルで見るでしょう。

日本-クロアチア戦

ガックリ、今日の試合もCANAL+(有料チャンネル)だ。

それだけで意気消沈してましたが、ネットのW杯関連ニュースを
見ているうちに

「やっぱりこの試合はリアルタイムで見届けなきゃダメでしょ!」
という気分がムラムラ(笑)してきたので、CANAL+が映る
近所のBARレストランに尋ねてみました。

こちらの時間午後3時から5時過ぎ、しかも日曜日なので
お客は少ない時間帯。

わーーい!映してくれるって!
勝っても負けても真剣勝負の試合。
私も真剣にビールのレモンソーダ割り片手に応援しまっす!
MESON DEL JAMON にて。

今から急いで昼ご飯です(笑)

--------------------------------------------------------
試合終了。

あぁ、何と言ったらいいんでしょ。複雑、微妙。
0-0の引き分けということで結果としては
今日予選敗退が決定しなかったので、次の対ブラジル戦への
モティベーションは下がってないですよね?

「良くがんばったね!」というのが第一の感想。
先日の対オーストラリア戦を私は見ていませんが、今日は
動きもボールの流れも良かったですよね。
クロアチアより確実にパスしてたように思います。

そして川口GK、良く止めましたね!!
特にPKの時は心臓がバクバク(笑)しましたよ。

「勝てなかったのが残念」というのが第二の感想。
クロアチアの攻撃が雑でシュートが決まらなかったのが幸い。
日本の攻撃がうまくいって1点でも取れれば「勝てた」試合
だったのに、、、

FKが三都主のお尻(笑)に当って中村も苦笑いって場面も
あったし(溜息)

後半はやっぱり疲れが出たようだったし、選手交代は
もう少し早めでも良かったんじゃ、と思えました。

でもサッカーでも何でも「あの時こうなってたら」と思っても
既に起きたことは変えようがないですもんね。
次のブラジル戦で全力を出し切ってプレーしてください。
また応援します。

今日のドイツも暑かったでしょうね。
選手の皆さんお疲れ様です。

P.S.
BARで働いてるお兄さんが三都主選手を見て不思議がってました。
私の席の後ろでランチを食べてたでっぷりしたオッサンは
中澤選手を見て「ありゃニホンジンじゃないな、インドネシア人だな」
などと勝手なことを言ってました(^ ^;)

「あれは日焼けしてるけど日本人だよ、オッサン」
と言いたかったけど、関わるのも面倒なので(笑)無視しました。

祝!初勝利

「ゴーーーール・デ・エスパーニャ!!!」

嗚呼、なんて心地よい響き(笑)
これを4回も聞くことができるなんて思ってもみませんでした。

1点目は大好きな(一体大好きな人が何人いるんだか-笑)
シャビ・アロンソが!

2e5d2277.jpg


最初カメラが喜んで走ってるルイス・ガルシアを追ってたもんで
解説者も「ガルシアのゴール」って言ったのですが
すぐスローモーションでヘディングしたのがシャビだとわかって
喜び倍増!

その後も快調に点を重ねるスペイン。
上り調子のビジャが1点、そしてPKもすんなり決めて3-0。

期待のフェルナンド・トーレスもがしがし攻めていきます。
いいぞー、この勢い。

そして4点目、プジョールからのパスでトーレスが決めた
ゴールの流れが美しかったこと。

今日のスペインチーム、いつもと全然雰囲気が違ってました。
全員に「勢い」がありました。攻撃陣も守備陣も中盤陣も。
セルヒオ・ラモス(15番)はフィールドの端から端まで
走ってたし。

やるじゃん、スペイン!

見てて、こんなに気持ち良かった試合は久し振り、、初めてかも?

ボールの保有率は54-46と数字上は差が無いんですが
ずっとスペインが押してましたし「圧勝!」という言葉が
あちこちに書かれてますが、正にその通り。

ウクライナのストライカーシェフチェンコの見せ場も
全く無しでしたね。
今日のスペインは守りも実に強かった。

解説者が「やぁ、今日は良く眠れるぞーー」と言ってましたが
私も(笑)
livedoor プロフィール



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


ランキングに参加しています。
ポチッと押してくださったら嬉しいです(❛◡❛)
最新記事
ギャラリー
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • MUJI BGM 22 Basque 無印良品のBGMシリーズ。 新作「22」はバスクがテーマ
  • MUJI BGM 22 Basque 無印良品のBGMシリーズ。 新作「22」はバスクがテーマ
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 3月号「幻のバスク豚に会いに」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 2月号「バスクのディープなる美食ワールドを探訪」
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ1月号「体で覚えるバスク文化!」ほか
  • バスクより新年のご挨拶
  • バスクより新年のご挨拶
  • 植松良枝さんのバスクバルレシピブック BASQUE BAR RECIPE BOOK: スペインバスクの美食の地サン・セバスチャンへ。
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ