チキ便り~バスク地方のとある街より

スペイン北部からフランス南西部に広がるバスク地方から発信しています

バル・レストラン 食べ物

ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ

19146188_1899889816925017_4425325088015041239_n

ゲタリアには主に魚介類の炭火焼き料理が目的でやって来る人達が年々増えていますが、
中でも人気の高いミシュラン一つ星のエルカノ。ここにももちろんレストランの外に焼き場があります。
この日も既にロダバージョ(イシビラメ)が何匹も炭火の上で焼かれていました。

慣れた手つきで塩を豪快に振りかける担当のアシエルさん。
炭火焼レストランの焼き場は凄い熱気です。

19149374_1899889826925016_5632599205226737586_n

待機中のロダバージョ(イシビラメ)
バスクの魚用の焼き網はこんな形をしています。

19146239_1899914023589263_29465214160856273_n

ココチャス(メルルーサの顎下の身)は、こうして網に並
べて焼かれます。
コラーゲンたっぷりのプルプルした美味しい部分です。

19260345_1899914026922596_4624898400971073175_n

丸ごと焼かれるロブスター

19225869_1900109506903048_3052621560005221293_n

アミューズは白身魚のセビーチェ風、刻んで混ぜたライムとギンディージャ(青唐辛子の酢漬け)
の酸味が爽やかで、バスクの白ワイン・チャコリとの相性抜群です。

19275248_1900109510236381_117776083462971615_n

ココチャス(メルルーサの顎下の身)を3通りの調理法で。
左から、軽く卵を付けて揚げたもの、炭火焼き、バスクのグリーンソース。それぞれの旨味を楽しめます。

19396728_1900170453563620_5445048955914346406_n

一番人気のロダバージョ(イシビラメ)人の手と比べると
どれくらい大きなサイズかお分かりいただけますよね。
れを綺麗に取り分けてサーブしていただきます。

19225335_1900170456896953_250474640095024593_n

まず第一弾は、左から骨下身・骨上身・エンガワの部分

19225768_1900170483563617_5814163919813766990_n

この日は第一弾を食べ終えた頃にオーナー自らの手で、さらにいくつもの部分へと
解体ショーが始まりま
した。

鮮やかな手つきでヒラメの各部位を説明付きで素早く取り分けていただきました。

19247559_1900308543549811_5319540695400114360_n

スプーンに乗っているのは一匹に2個しかないゼラチン質の部分。
柔らかい軟骨もバキバキ割って勧められました。

そしてグラスを灯りで照らして何をしているのでしょうか?

19397059_1900308546883144_4563192880527321544_n

最後に取り出された魚の耳石。小指の爪程の小さい薄い塊です。
これにできた輪の数で年齢が分かるそうで、この日のヒラメは2歳とのことでした。

こちらに写真を載せたもの以外にメニューから色々な魚介料理が選べます。
グループでいらっしゃる場合は、できれば前菜に魚介のスープや蟹、海老などいくつか頼まれて
このヒラメなどの炭火焼をシェアされるのがおすすめです。

ヒラメはサイズも大きくボリュームがありますので、前菜の数を多めにされたい場合は
人数分より少ない(小さい)サイズをと頼まれたら良いかと思います。

また、人気店ですので事前に予約して行かれるのをおすすめします。

Restanrante Elkano

住所:Herrerieta Kalea, 2, 20808 Getaria, Gipuzkoa
電話: 943 14 00 24



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」

スペイン・バスク 美味しいバル案内

スペイン・バスク 美味しいバル案内 <私のとっておき>シリーズ42 が
2月10日に産業編集センター出版部より出版されました。

basque_1227-1


去年の10月に「バスクバルレシピブック」(誠文堂新光社)を出版された料理研究家の
植松良枝さんがご主人と10年連続でバスクを訪問され数多くのバルに足を運び
数々のピンチョスや料理、バル文化を堪能しつつリサーチされた集大成となる一冊です。

basque_1227-2
Bergara
basque_1227-5

basque_1227-6

レシピブック同様に料理写真家の日置武晴さんが撮影されたバルやショップや街並みの写真では
ご自身もバスクファンである日置さんや私達の目に映るバスクの飾り気のない素朴な良さを
ありのままに見ることができます。臨場感に溢れています。

サン・セバスチャンを中心に、ゲタリア、オンダリビア、ビルバオ、フランスバスクの一部
などの周辺地域のおすすめポイントのご紹介、ほとんどが公共の交通機関を利用して行くことが
できる場所のガイドブックです。

basque_1227-4


【概要】

1章 サン・セバスチャン バルめぐり

2大バル通りを徹底取材
それぞれのバルの特徴、名物料理を大公開。

2章 サン・セバスチャン 街の魅力

ヨーロッパ屈指のリゾート、海辺の楽しみ方
女人禁制? 美食倶楽部に潜入
りんごの微発砲酒、シードルの醸造所探訪
市場、食材店、キッチン用品店紹介など。

3章 近郊の街

サン・セバスチャンから日帰りできる近郊の街
オンダリビア、ビルバオ、ゲタリア、サン・ジャン・ド・リュズ
エスプレットの楽しみ方など。


バル、ショップ、街の紹介だけではなく、バルの黒板メニューの見方や現場で使う単語・フレーズ集
バル巡りの楽しみ方のこつなど、すぐに役立つ情報が満載です。

さらに、本の帯を外して開くとサン・セバスチャン旧市街のバルマップになるという優れもの。

この一冊が皆さまのバスクへの旅とバル巡りの強力な旅のお供になると確信しております。

まだこれからバスクへ初めていらっしゃる方も、既にバスクを訪れたことがおありの方も
リピーターの方も、ご覧いただいたそれぞれの方がバスクへの想いを馳せられるようなガイドブックです。

植松さんご夫妻、そしてこの本の作成に関わられたスタッフの皆様全てが
バスクが大好きな方ばかりで、バスクへの愛がぎっしり詰まった1冊になっています。

今回現地コーディネートでこのバスク・バルガイド本制作のお手伝いができたことを
大変光栄に思っております。植松さんご夫妻やスタッフの皆様、この場をお借りしまして
改めて御礼を申し上げます。




バスクの色々な情報は随時こちらでお届けしています。ぜひご覧になってみて下さいね。
↓ ↓ ↓

【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

旅するスペイン語 NHK Eテレ 2月号「バスクのディープなる美食ワールドを探訪」

000009533022017_01_580

NHK Eテレ「旅するスペイン語」2月号発売中です。

放送: 水曜日(火曜深夜) 午前0:25~00:50
再放送:翌週 火曜日 午前6:00~6:25

2月の放送内容は

バスクのディープなる美食ワールドを探訪

・名物市場へ列車でプチ旅
・男の園!?美食倶楽部に潜入
・バスク名物チャコリを味わう
・至福の味 バスクの魚料理を堪能!

番組の詳細はこちらの公式サイトでご覧ください。
https://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/spanish/tv/


担当させていただいたコラム「バスクへのいざない」では

「ピンチョス三昧・バル巡りの楽しみ方」

ということで、ちょっとしたコツやおすすめバルの名物ピンチョスをご紹介しています。
数あるバルの中の一部ではありますが、この本を片手にバスク旅行されても何かのお役に
立てるようにと思いながら書かせていただきました。

書店等でご覧いただけましたら幸いです。

アマゾンでも雑誌・電子書籍版で販売されています。
http://amzn.to/2l5YmAs



バスクの色々な情報は随時こちらでお届けしています。ぜひご覧になってみて下さいね。
↓ ↓ ↓

【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


植松良枝さんのバスクバルレシピブック BASQUE BAR RECIPE BOOK: スペインバスクの美食の地サン・セバスチャンへ。

61uQM78gWwL

バスクバルレシピブック BASQUE BAR RECIPE BOOK: スペインバスクの美食の地サン・セバスチャンへ。
 バルで人気のピンチョスから一皿料理、デザートまで

料理研究家の植松良枝さんが長年のバスク、サン・セバスチャン通いとバル巡りで蓄積された情報と現地取材の集大成としてスタッフの方々の協力と共に完成されたバスクバルレシピ本です。

撮影は料理写真家の日置武晴さん、美しい写真は眺めているだけでも楽しいですが、食欲を誘いますし、身近にある材料で家庭で作れるようにわかりやすいレシピを載せてありますので作ってみたくなりますね。

手に取りやすい単行本サイズで全172ページ。
綺麗な写真+簡潔な説明文で見応えあります。

2017年2月には同じチームによる美食ガイド本も刊行予定でとても楽しみです!



色々な情報は随時こちらでお届けしています。ぜひご覧になってみて下さいね。
↓ ↓ ↓

【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー

PicMonkey Collage alameda

1月14、15、16日と三日間に渡って金沢のレストラン・スペイン料理アロスさんを会場にして
オンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナーイベントが開催されました。

IMG_4407

IMG_4491

Gorka Txapartegi(ゴルカ・チャパルテギ)氏率いるオンダリビアのレストラン・アラメダの皆さん

そしてアロスのオーナーシェフ石浦隆史さんは以前アラメダで一年間修行をされて
以来日本とバスクの食文化の交流を続けてらっしゃるそうです。

IMG_4399

アラメダの皆さんと交流の深い日本国内の料理人の方々もスタッフとして参加されていました。

IMG_4423

帆立のマリネ +トマトのタルタル、生アーモンドソース

IMG_4439

塩鱈のピルピルソース

その他のお料理はこちらのFacebookの記事・アルバムでご覧下さい。

「バスクにおいでよ」 アラメダのプレミアムディナー

IMG_4462

各日限られた席数に相当数の申し込みがあり大盛況だったそうで、日本で再現されたアラメダの
素晴らしいお料理を楽しまれた方々は至福のひとときをお過ごしになったことでしょうね。

12507417_1097396606957430_2819661106726922753_n

中日新聞の紹介記事 こちらでご覧になれます。

コラボされている金沢のスペイン料理レストラン・アロスの方達がここ数年
オンダリビアにいらして年1回レストラン・アラメダで和食のディナー会を開催されています。
それも楽しみです。

近隣から食通・和食・スペイン/バスク料理ファンが集まって
美味しく楽しいひとときを過ごす食文化交流、良いですね!


Restaurante Alameda
http://restaurantealameda.net/

Minasoroeta 1, Hondarribia
+34 943 642789


スペイン料理・アロス

住所: 〒920-0982 石川県金沢市 木倉町1-7
電話:076-222-7105



色々な情報は随時こちらでお届けしています。ぜひご覧になってみて下さいね。
↓ ↓ ↓

【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


バイヨンヌのレストラン La table de Pottoka

PicMonkey Collage table

フランスバスクの街バイヨンヌの旧市街の間を流れるニーブ川沿いにはカフェやレストランが
いくつも並んでいます。その中の1軒 La table de Pottoka をご紹介。

IMG_20151012_232630

パリのエッフェル塔近くのエリアに「Potokka」というバスク風フレンチレストランを営むシェフ
Sébastien Gravé が出身地のバイヨンヌに今年の9月7日にオープンしたビストロ式の
カジュアルレストランです。

IMG_20151013_000332

食事をしにくる人達が料理や仲間と過ごす時間を楽しめるようにというシェフの意向が盛り込まれた
シンプルな内装とカジュアルな雰囲気、フレンドリーな接客がとても居心地良い空間で
肝心のお料理も洗練されていて味良し・見た目良し、日替わりメニュー価格も20~35ユーロで
設定されていて、コストパフォーマンスがとても良いと思います。

「Potokka」はバスク固有種のポニーの呼称ですが、バイヨンヌやビアリッツなどフランスバスクは
ラグビーが盛んな土地柄で、バイヨンヌのラグビーチームのマスコットが「Potokka」で
シェフはラグビーファンというのが名前の由来のようです。

IMG_20151012_232912

満員だったのでカウンター席へ
キッチンに続く窓から若いスタッフの方達がきびきびと作業するのが見えました。

IMG_20151012_233419

前菜の前のアペリティフ
チーズムースと胡瓜味のソース、酸味のあるさっぱりした味でした。

IMG_20151012_233720

Mariné de saumon Royal, aïoli blanc, pickles et kumquats confits

前菜のひとつ
ロイヤルサーモンのマリネ、アリオリソースと金柑のコンフィ添え

IMG_20151012_234230

Ttoro en gelée fine sur rouille, glace huître et finger sardine

前菜のひとつ
鯖を魚スープのゼリーでよせて牡蠣のアイスを乗せたもの、プレートには鰯のフィンガープディングも
添えてあります。

新体験の味覚でした。さっぱりして美味しかったです。

他のお料理はこちらのFacebookページでご覧下さい。


この川沿いには数多くのレストラン、ビストロが並んでいますので勘を頼りにどこかの店に飛び込んでみて
「当り」だと嬉しいというのも旅の醍醐味ですが(今回そうだったんですが・笑)
「選んでいる時間が無い」「迷わず当りの所で食べたい」という方にはおすすめの店です。

この日もこのレストランは満員でしたので、予約をされるか開店時間間もなく行かれることをおすすめしますが、フランスのレストランにしてはランチタイムに多少入店時間が遅めでも断られないようですのでしばらく待てば
入れると思います。

http://pottoka.fr/la-table-de-pottoka-bayonne/

La table de Pottoka

21, Quai du Bourdieu
64100 BAYONNE
05 59 46 14 94


【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

食のエンターテイメント、三ツ星レストラン・アスルメンディ Azurmendi

Azurmendi

ビルバオ市内・ビルバオ空港から車で15分弱程のララベチュにある三ツ星レストラン、アスルメンディ

http://www.azurmendi.biz/

2015年世界ベストレストラン19位、OADが発表したヨーロッパベストレストランでは堂々の1位と評価され
人気は上昇する一方です。

Azurmendi2

ヘッドシェフ、エネコ・アチャ氏とスタッフの皆さんが繰り広げる食のエンターテイメントの世界に
一歩足を踏み込むとグルメ新体験と楽しい、美味しい、嬉しい要素が総合的に堪能できます。

実際にこちらでお食事されると、破竹の勢いの理由がおわかりいただけると思います。

今回ご紹介するのはデギュスタションメニュー、エロアック(Erroak)

コースの主要メニューは変わりませんが、季節により付け合せやアレンジ等が変わったり
2品ほど入れ替えがあるかもしれません。今回ご紹介のメニューは2015年8月7日のものです。

Azurmendi3

まず広々とした温室のようなエントランスホールに案内されます。
新しい食体験にわくわく期待しながら、ウェルカムドリンクのチャコリでまず乾杯。

IMG_20150810_233051

そして最初にいただくのがこのピクニックバスケット入りのアペリティフ。
ここでまず一気にテンションが上がります(笑)

「この順番で食べて下さいね」とのことで、まずは、、

P8070775

自家製アンチョビーのミルフィーユ

P8070776

とうもろこしのクラッカー(イカ墨入りでしょうか)+キャビアのような魚卵のカナッペ

何れも塩気と海の幸の味がチャコリととても良く合います。

P8070777

カイピリチャと名付けられたこの可愛らしいボンボン
想像できないまま口に入れると、、、カイピリーニャの味が広がりました!

P8070778

ピクニックの後はキッチンに案内されます。
キッチンで調理中のスタッフの方達に元気良い掛け声で迎えられて、こちらも気が引き締まります。

P8070779

広々としたスペースのキッチン、20名のスタッフがそれぞれの担当を分業で作り上げていきます。
各料理は顧客のテーブルに出される前にヘッドシェフのエネコ・アチャ氏が
必ず最終チェックと仕上げを行います。

P8070780

P8070781

そのキッチンを見学しながら、脇のテーブルに出されたハイビスカスのインフュージョン
僅かに酸っぱい冷製スープと枯葉を象ったポルチーニ風味のクラッカーをいただきます。

箱の中に入ってるのは本物の枯葉なので食べられません(笑)

P8070793

キッチンスタッフの皆さんに元気良く「アグール!!」(バスク語でさよなら)と見送られ、
奥のダイニングルームへ通されます。全面ガラス張りの明るい窓辺から
チャコリのブドウ畑、別棟のビストロ、広がるのどかなバスクの風景を見渡せます。

そしていよいよ本コースが始まります。

IMG_20150810_232445

これは?!冷凍オリーブ、とメニューに書いてありますが、、、

長くなりますので続きはFacebook「バスクにおいでよ」のアルバムでどうぞご覧下さい。

レストラン・アスルメンディ デギュスタションコースのアルバム


コースは品数が多いですが、緩急をつけた味の組み合わせで最後まで飽きません。
演出も決して過剰では無く、味覚・視覚・嗅覚を総合的に楽しませてくれるコース料理です。

今後もアスルメンディの快進撃はきっと続くでしょう。楽しみですね。


【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


サン・セバスチャン、カジュアルなお洒落バル・SIRIMIRI

IMG_20150315_223015

サン・セバスチャンの旧市街にあるバル Sirimiri(バスク語で「霧雨」という意味)
マヨール通り、サンタマリア教会のすぐ近くで
クオリティーの高い料理をお手頃価格でカジュアルな雰囲気の洒落た店内で食べられます。

IMG_20150315_222055

この日は奥のレストランスペースで食べましたがオープンキッチンの目の前に5席くらいありますので
そこで食べるのも面白そうです。

IMG_20150315_222517

人が減ってから写真を撮りましたがピーク時は狭くて細長い店内が人で埋まります。

IMG_20150315_221655

カウンターにはおいしそうなピンチョスがずらりと並んでいました。

IMG_20150315_221258

PATATAS TIERNAS CON TRES SALSAS

やわらかーくローストされたポテト、3種類のソース(アリオリ、タマネギとトマト、チーズ)で。

IMG_20150315_210615

FOIE ARTESANAL CON PURÉ DE PERA, VINAGRETA DE FRUTOS SECOS Y PAN DE MANTEQUILLA DE OTAEGUI

フォアグラのパテ(とても上品な味でした) バタートースト、梨のピューレ添え

IMG_20150315_211118

MAGRET DE PATO DE ALSASUA, SU SALSA, ESPUMA DE PATATA Y FRUTOS DEL BOSQUE

鴨のロースト、カリカリの干しぶどう入りパンを乗せてあります。
鴨肉は噛むほどに旨味が口の中に広がり美味しかったです。

IMG_20150315_210857

SOLOMILLO CON SETAS DE TEMPORADA EN TEXTURAS

ソロミーリョ(フィレステーキ)とキノコ付け合せのハーフポーション
この日は3人で色々シェアしましたが、日本人の胃袋ならこのハーフポーションで十分一人前な量です。

単品で頼めますので例えばソロミーリョ(フィレステーキ)とキノコ付け合せのハーフポーション
+グラスワイン(赤)で12ユーロ程度。

この付け合せのキノコ、同じ旧市街の有名バルで一皿頼んだら結構な料金になると思いますw

デザートも何種類かあります。

IMG_20150315_210128

カクテルも各種ありますが、こちらはちょっと割高感が、、、

SIRIMIRI は平日は夜間営業(19:00~)のみなのでランチを食べたい場合は週末になりますが
隣りに同系列のAtari というバルがあり、そちらは昼夜営業しています。
色々なピンチョスが楽しめておすすめです。


http://www.sirimirigastroleku.com/

Calle Mayor 18, 20003 San Sebastián

営業時間

月~木 19.00 ~ 00.00
金    19.00 ~ 00.30
土   13.00 ~ 16.00  19.00 ~ 00.30
日    13.00 ~ 16.00  19.00 ~00: 00

火 定休日


【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


メンダーロのチョコレート工房見学

P3062426

Mendaroというギプスコア県にある町に1850年創業のチョコレート工房Chocolates de Mendaro Saint-Gerons
があります。とてもこじんまりとしたチョコレート工房でメンダーロの教会の手前にあります。

http://www.chocolatesdemendaro.com/

1795346_843441002334042_359829213488619171_o

工房入り口のプレートです。
見学予約を事前に申し込んで行くと 担当の方がチョコレートの歴史やここでの昔からの製造工程や
現在の様子まで詳しく説明してくださいます。

P3062423


中に入るとまずレトロな販売スペースがありますがそちらはまた後でご紹介します。
ここで20年以上働いているスタッフの方の案内でその奥にある作業場に入ると目に入るのがこれ。

上の部分はカカオ豆を挽く臼です。下にある釜に火を入れて加熱して豆を挽くのですが
昔は隣りの小屋にいるロバに引かせてこの臼を回していたそうです。

P3062410

カカオ豆を上から流し込み石臼で挽いて暖かくした釜の上で木のローラーで擦り潰しながら
ペースト状に練っていきます。

木のローラーで擦り潰されて練られていくチョコレートペースト、味見させていただきましたが
程良い甘味でこのままクロワッサンに挟んで食べても美味しそうでした。

P3062411

熟練の勘でひとつのタブレットに適量のペーストをとっていきます。
丸まった状態は練り餡のようにも見えました。

P3062414

木製の型に入れて軽く押して「だいたいの」形を整えます、というのは

P3062415

この大きな木のトレイに乗せて下の台を振動させると、タブレットになるチョコレートの中の空気を抜きながら
自然と型に均等に納まるというシステムなんです。

P3062419

その後は室温で自然に冷まして出来上がり。これはミルクに溶かして飲むチョコレートです。

「そのまま食べても美味しいですよ」と試食を薦められ食べてみると甘さ控えめで本当においしかったです。
自然の甘味とグラニュー糖の食感も楽しめました。

P3062417

メンダーロの定番チョコレート(タブレット状になっているミルクに溶かして飲むチョコレート)の
主原料は3つだけ、カカオ、グラニュー糖、そして極僅かの小麦粉だそうです。

大規模な工場生産のものとは違う優しい味わいのチョコレート。

何故こんな辺鄙な山間の小さな町でチョコレート作りが始まったのかと疑問でしたが
昔は船で貿易をしていたので大型の貨物船で南米から運ばれて来たカカオ豆は外海の港で
他の船に積みなおされて川を上ってここまで運ばれていたそうです。
昔は陸路のほうが遥かに不便だったんですね。

10498403_843442335667242_168929449921260971_o

アンティークな雰囲気漂うお店のインテリア

IMG_20150317_200147

プレーンなチョコレート、ナッツ入りのタブレットやリキュール入りのボンボンなど色々な種類があって
目移りします。ここ以外にビルバオ、サン・セバスチャンにある直営店でも購入することができます。


Chocolates de Mendaro Saint-Gerons (工房はこちらです)

Azpilgoeta, 21
20850 MENDARO
TEL. 943 75 51 15

サン・セバスチャンのショップ
Etxaide, 6
20005 DONOSTIA - SAN SEBASTIÁN
TEL. 943 42 48 04

ビルバオのショップ
Licenciado Poza, 16
48011 BILBAO
TEL. 94 443 87 62



【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


ビルバオでおすすめのバル、ビエホ・ソルチ

P3062408 copy

もしビルバオで1軒しかピンチョスを食べる時間がないとしたら、迷わずこのバル El Viejo Zortzi
をおすすめします。

IMG_20150314_005452

地元サッカークラブ、アスレティック・クラブ・ビルバオのホーム、サン・マメススタジアムの近くにありますが
サッカーの喧騒とは関係なく落ち着いた雰囲気で美味しいピンチョスを堪能できます。

IMG_20150314_010040

バルとレストランが併設していますので、時間や予算、お腹のすき具合に合わせて
クオリティーの高いお料理をカジュアルな雰囲気でお手頃価格で食べられるお店です。

どのTapasを食べてもハズレ無しの美味しさなんですが、特におすすめの数点をご紹介します。

IMG_20150314_013539

Morcilla de Puerro

モルシージャは豚の血を野菜やお米と混ぜたソーセージですが、これはポロ葱と合わせたものを
ソーセージではなくてテリーヌ上に型抜きしてあります。生臭みは一切無くとても上品な味。
リンゴのスライスはただの飾りではなくてモルシージャとの相性ピッタリです。

IMG_20150314_013206

Pimiento Relleno de Bacalao

鱈の身入りベシャメールのピキージョピーマン詰め
バスクで良く食べられる料理のひとつです。

10346377_864719976872811_3179077331670666671_n

Bacalao en Láminas

鱈のスライスの下には赤ピーマンとアボカドのサラダ
これはいつもお代わりしたくなりますw

10634019_864719576872851_6794014704721518273_o

Risotto de Hongos

きのこのリゾット
チーズの味もなかなか濃厚でとてもクリーミーな美味しさ

IMG_20150314_013857

Tortilla Gratinada

このトルティージャの作り方はとてもオリジナルですね。さて中身はどうなっているかというと、、

IMG_20150314_014159

溶き卵を潰したジャガイモに被せてグラタン状に焼いてあるのでしょう。
とても柔らかい舌触りで、これもリピート確実の一品。

この店の料理は全品試してみたい程です。繰り返し行きたいお店ですね。

El Viejo Zortzi
Calle Licenciado Poza, 54. 48013 Bilbao
944 41 92 79
http://viejozortzi.es/


【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


ビルバオのお洒落なカジュアルレストランEL TALLER

P3052362

ビルバオの有名バルLa Viña del Ensanche(ラ・ビニャ・デ・エンサンチェ)がすぐ隣りに
レストラン、EL TALLER(エル・タジェール)をオープンしました。
グルメな食材を揃えて販売するショップがレストランへの入り口です。

IMG_20150311_122806

オリーブオイルや色々な香りのビネガー他おみやげにも良さそうなものがたくさんあります。

IMG_20150311_122018

オープンキッチンですが、音も匂いも全く気になりません。

IMG_20150311_120649

シックで可愛らしいインテリア

P3052346

アラカルトではなくて季節ごとに変わるお料理5皿+デザート2皿のコースメニュー
(50ユーロ、飲み物代別)です。

この日1皿目に出たのは生フォアグラのテリーヌでした。ガラスの器が素敵ですね。

IMG_20150305_132129

続きのお料理やレストラン、ショップの他の写真はFacebookページ「バスクにおいでよ」
アルバムでご覧下さい。

人気店ですので営業開始後すぐの時間帯に行かれるか、電話での予約をおすすめします。

EL TALLER

C/ Diputación, 10 • 48008 Bilbao
TEL:944 155 615
営業時間12:00~23:00 (日・月・祝日休)

http://www.lavinadelensanche.com/el-taller/


P3052348

そしてこれはバルLa Viña del Ensanche(ラ・ビニャ・デル・エンサンチェ)で食べられる
イベリコ豚のコッパ、豚の首の部分を使った製品です。
とてもやわらかく噛む毎に旨味が口の中一杯に広がります。
生ハムがお好きな方は是非お試しになってみて下さい。


【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque




にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ



ゲタリアの炭火焼レストラン、カイア・カイペで魚介三昧ランチ

Getaria

バスク地方を訪問される方の間でじわじわと人気が高まってきている町、ゲタリア
島(陸続きですが)のシルエットがネズミのように見えるので「El Raton」の愛称でも呼ばれています。

サン・セバスチャンからバスで1時間程の小さな港町のその人気の元は「炭火焼」レストラン
ここで新鮮な魚介の炭火焼を食べるためにはるばるやってくる人達もいるほどです。

その中でも特に有名なレストラン、エル・カノ(Elkano)(ミシュランの星が付きました)は
あいにく秋の休暇中(11月中の2週間)でしたので行けませんでしたが、次におススメの店に
行くことにしました。

PB061989

史上初の世界周航を果たしたフアン・セバスティアン・エルカーノはゲタリアの出身。
街の入り口に銅像が建っています。


Ver mapa más grande

細い路地を通って行くとゴシック様式のサン・サルバドール教会が見えてきます。


PB061992


Ver mapa más grande

教会の下のトンネルを抜けると港の広場に出ます。
小さな町なので散策はあっという間に終わります。

PB062019

今日はこの建物に入っているレストランKAIA-KAIPEでランチ。
左の角に炭火焼場があります。

http://www.kaia-kaipe.com/

Calle del General Arnao, 4, 20808 Getaria, Guipúzcoa, España
+34 943 14 05 00

PB061994

ハンドルを回して高さを調節するんですね。

PB061993

大きなヒラメがいい感じに焼けています。後でこれをメインディッシュに注文しましょう。

PB061998

中に入ると角窓の近くの席に案内されました。
あいにくの曇り空ですが、とても見晴らしの良い席です。

PB062003

まず最初にお通しのツナ、そして頼んだアンチョビーの塩漬け。
その後に出て来たのがこの手長海老のグリルなんですが、あまりの美味しさに
全員ひととき無言になって海老の旨味を堪能しました。

PB062004

アサリ、身がしっかりと詰まってプリッとしていました。

PB062006

バスク地方にいらした方には是非どこかのレストランで、しかも良いレストランで試していただきたい
魚介のスープ、店によって濃厚だったり、あっさりだったり個性が出ます。

PB062007

ここは濃厚タイプ。入っている白身魚はアンコウでしょうか。
既に満腹感があったのに、スプーンをひと口運ぶ毎にさらにおいしく感じて、一滴も残したくない勢いで
食べてしまいました!このスープ、今まで食べたことのある魚介のスープでは最高だと思いました。

PB062008

Txangulo al horno 蟹身のオーブン焼き

よく蟹の甲羅に盛ってオーブンで焼かれてますが、ここのは蟹の甲羅型のグラタン皿
のような容器に入ってました。
蟹身だけじゃなくてタマネギ、ニンジン、ポロ葱なんかを小さく刻んだものもたっぷり入っていたと思います。

食べるといつもすぐ満腹になる一品なので用心してたんですが、これまた今まで食べたことのある
Txangulo al hornoの中では一番おいしかったです。

PB062012

そしてゲタリアに来たらやはりこれですね。ヒラメの炭火焼 Rodaballo a la parrilla

これは2人前、それでもかなりの大きさです。
他にも色々と食べた後でコレ、という場合は人数分より少なめに注文されたほうが良いでしょう。

価格はキロ単位なので魚料理を頼むと一気に食事代がはね上がりますが
魚の炭火焼が食べられさえすれば、ということでしたら先ほどの魚介のスープとこの一品だけでも
大食漢の方じゃなければ十分満足されるクオリティーだと思います。

PB062014

担当の方がきれいに取り分けてくれます。

PB062015

魚の炭火焼、メニューにはアンコウ、鯛、スズキ、メルルーサ他色々と載っていますが
周りを見渡した限りどのテーブルもヒラメを注文されていました。

そして素晴らしい魚介の料理と共に頼んだ飲み物はもちろんゲタリア産のチャコリでした。

ゲタリアにはエルカーノやKAIA-KAIPE の他にも炭火焼のレストランはいくつもありますが
特に週末などは人気店はすぐ満員になってしまいますので、事前に予約をされるか
開店時の早めの時間帯(13時頃)に行かれることをおススメします。





にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


炭火焼(熾き火焼)で有名なレストラン、エチェバリ ②

レストラン、エチェバリでの食事の続きです。

DSC_1368

Hongos y berenjenas

キノコと茄子の炭火焼、あっさりとした味でした。これはかなり日本人好みな味かも。
日本酒のおつまみにも良さそうですw

IMG_20140628_211957

Guisantes con su jugo

そして楽しみにしていた畑のキャビアこと「涙豆」Guisantes de lagrima
春から初夏にかけて収穫されるこの涙豆をちょうど食べられる時期に行けて良かったです。
(この食事の写真は6月末のものです)

普通のエンドウ豆とは違う、ほのかな青い甘味とプチプチとした弾力ある食感が楽しめました。

IMG_20140628_155832

Besugo

かなり満腹状態に近づいていますが、コースでは魚も肉も供されます。
まずは魚から、Besugoは真鯛です。取り分けられる前の尾頭付きの写真を撮ってないのが残念。

ニンニク風味のビナグレットが多少かけてありますが、味は魚の旨味そのもの。
焼き加減が絶妙です。

IMG_20140628_160015

付け合せの野菜も全て自家菜園で採れたもの。

そしていよいよチュレタ(骨付き肉)の登場です。エチェバリに来てこれを食べないと意味ありませんw
このチュレタの写真が無いと、ここでの食事レポを載せる意味もないと言って良い程で。

カメラのメモリカードの不具合で、なぜかこのチュレタの写真だけデータが消えてしまったので
同行した友人から拝借しました。

DSC_1373

Chuleta de vaca

この写真を始めてご覧になった方は「え?これがそんなに美味しいの?」と驚かれたかもしれませんし
エチェバリでこれを食されたことがある方はこの写真をご覧になって「ニヤリ」とされたかもしれません。

パット見「炭?」と思えるほどの表面の焼き色。

DSC_1374

同行4人全員一致で「レアで」とお願いしたわけですが、ご覧の通りの断面の色合い。
レアですが、肉の中まで熱が通っているからか、切っても汁がダラダラと出てこなくて、旨味は肉の中に
閉じ込められている感じです。

どのお料理もいちいち「美味しい」のですが、このレストランをはるばる再び訪れる人達は
特にあの味噌までおいしい海老とこのチュレタの虜になってしまうのだろうなと思いました。

IMG_20140628_171648

Helado de leche reducida con jugo de remolacha

濃縮された牛乳のアイスクリームとビーツソース

サラダに入ってるビーツは好きですが、なんとなく泥臭いイメージがあったんですが
このビーツソースは全然臭みもなく、とても美しい色をしていました。

ちょうどレストランに来る途中に友人が「昔新幹線の中で売られてたみたいな牛乳そのものみたいな味の
アイスクリームが懐かしいなぁ、食べたいなぁ」と言ってたので、とても良いタイミングで驚きましたw

DSC_1385

Bizcocho con arándanos

ブルーベリーを乗せた焼き菓子、もうこの辺りまで来るとかなり満腹で細かい味がわからなくなってますが
甘さ控えめでこれも美味しかったです。

DSC_1384

Mignardise  プチ・フール

締めのコーヒーと一緒に供されたのですが、果たして食べたかどうか記憶がありません(苦笑)
ひと口サイズだったので食べたかもしれませんが、「もう一齧りも何も入らない」っていうくらいの時も
ありますよねw

素晴らしいお料理の数々に一行は大満足したのですが
食事を始める頃に降り出した雨はその後やむこともなく、さらに土砂降りになってしまいました。

オーナーシェフの畑を見物したり、辺りを散歩するのを楽しみにしていましたがそれどころではなく
とりあえず「焼き場」を見せていただくことにしました。

エチェバリにお勤めの日本人シェフ・前田さんにご案内いただきました。

IMG_20140628_182632

まずここに薪を入れて熾き火用の炭火を作ります。

DSC_1395

できた炭をここに敷いて熾き火にして素材を焼きます。素材によって焼き時間や火加減が違うので
このハンドルを回して高さの調節をするそうです。

この時は既にキッチンの営業時間をかなり過ぎていたのでもう火は消えていましたが
働いてらっしゃる時間帯はきっと物凄い熱気なのでしょうね。

DSC_1401

大事な薪。焼き場の横に山積みにされています。

レストランに併設のバルには昼休み時間もなく、近所の人達が引き続きポツリポツリとやってきていました。
そこだけ見たらほんとに素朴な村のバルそのものです。

レストランのサービスも全く肩のこらない気取りの無い対応です、とにかく素朴です。
パリやNYなどの小洒落た雰囲気のレストランとサービスが好みの方には向かないかもしれませんが
エチェバリはきっと素材の美味しさをそのまま活かした独自の料理をこの辺鄙な場所で提供し続けて
それを好む顧客層に支持され愛され続けていくのだろうなと思いました。

Asador Etxebarri  

Plaza de San Juan, 1 48291 Atxondo, Bizkaia, Spain
+34 946 58 30 42


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


炭火焼(熾き火焼)で有名なレストラン、エチェバリに行って来ました ①

P6281401

Asador etxebarri は、ビルバオ市内から車でおよそ30分程のビスカヤ県アシュペ・アチョンドAxpe Atxondo
という小さな村にあるミシュランの星付き炭火焼(熾き火焼)レストランです。

IMG_20140629_101952

公共の交通機関でとなるとバスを乗り継いでなので少々不便ですが、レンタカーやタクシーなどで
はるばるやってくる日本からのグルメファンも多いそうです。

中に入るとまずBARスペースになっていて、それが余りにも典型的な「バスクの田舎バル」の雰囲気で
地元のおじさんが何か飲みながらのんびりTVを見ていたりするので一瞬びっくりしますが(笑)
案内されて階段を上っていくと、、、

IMG_20140628_172927

ゆったりとしたダイニングルームが。

IMG_20140628_212212

窓からの眺めです、この日はあいにく天気が悪くて辺りはどんどん暗くなっていきました。

IMG_20140629_115904

ここが村の中心広場のようでした。
フィエスタだったのか細長い木が立てられて旗飾りもつけてありますが、人影はありませんでした。

P6281403

デグスタシォン(お任せ)メニューです。期待が高まります、でもこんなに食べられるんだろうかと心配にも、、

P6281405

Mozzarella de búfala

手前の白いのは自家製モッツァレラ なんとオーナーシェフはバッファローを飼ってるそうです。
こちらのお料理はなんでもスモークしてあるのが特徴で、モッツァレラもかすかにスモークの香りが。

DSC_1357

Chorizo
Mantequilla de cabra y sal negra

自家製チョリソと山羊のバターです。パテのようにパンに塗っていただきました。

P6281407

Anchoa a la zalasón アンチョビーは塩気がありますが魚の濃い味が凝縮されておいしかったです。

P6281408

Cracker クラッカーの上に乗ってたのはキノコだったと思います。あっさりとしたおつまみw

IMG_20140628_152736

Cerveza casera 自家製ビール これはこのレストランにお勤めの日本人シェフの方おススメだったんですが
ほんとに美味しくて、ワインをボトルで頼んだのを後悔したほどでしたw

P6281409

Croqueta ミニコロッケ、普通のクリームコロッケでしたがこれも炙ってありました。

IMG_20140628_214004

Ostra y espinaca スペインで生じゃない牡蠣を食べたのは初めてかもしれません。

P6281410

ほんの僅かに火を入れた感じが絶妙でした。ほうれん草が添えてありました。

DSC_1362

牡蠣アレルギーがある友人には代わりにアサリが提供されました。

P6281411

Gambas de Palamós パラモスの海老

カタルーニャ地方、地中海沿いにある街パラモスで獲れた海老
この海老がこれまた生をちょっと越したくらいの焼き加減で身がプリッとしていて全然生臭くなくて
味噌もチューッと吸わずにはいられないおいしさでした。

最初からどの一品もとてもおいしかったのですが、この牡蠣、海老辺りで「エチェバリに来た真の意味」を
実感できたような気がします。

P6281413

Pulpitos cebolla caramelizada y su tinta 子蛸の炭火焼

トロトロに甘く炒めたタマネギが下に敷いてあって、蛸の墨ソースを添えてあります。旨いっ!

さて、食事はまだまだ終わりませんが長いので②で続けます。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


レストラン・アラメダのバル(オンダリビア)おススメです!

P5031180

オンダリビアのミシュラン星付レストラン・アラメダのバル(タベルナ)が2月にオープン
先日やっと行ってみました。

P5031179

レストランのお料理は何を食べても大満足なのでバルの一品料理にもかなり期待して
出かけましたw

すっきりとしたなかなかお洒落なスペースです。
夕方早めの時間帯に入ったのでこんな感じでしたが、その後続々とお客さんが入ってきていました。

メニューはどの品も魅力的なのですが、まずはムール貝

P5031169

「Tigre」というちょっとだけピリ辛のソースがおいしくて、残ったソースをパンにからめながら
キリッと冷えた白ワインがすすみますw

P5031170

イカのフリット

シンプルですが、冷凍ものを適当に揚げてべチャッと油っぽいフリットとは全く比べ物にならないくらい
衣はサックリ、イカはしっとり、な食感です。

P5031173

ココットに入って出されるリゾット、この日はイカのリゾットを頼みました。

バルで気軽に食べられるリゾットでこのお味、これもリピート確実です。
そして次回はもうひとつの肉系ベースのリゾットも食べてみたいなと思いました。

P5031176

箸休め的な感じでオリーブと青唐辛子の盛り合わせを

P5031177

サバのマリネ、ハーブの味が利いていました。

P5031178

マスのマリネ これも素晴らしいお味でした。生臭さ全く無し。

こんなお料理をおつまみにお酒が飲めるのは至福です。ビール、ワイン、チャコリ、シドラ、、
全てに合うと思います。

もちろんお酒が飲めない方もここのお料理は素材の自然なおいしさを堪能されると思います。


Ver mapa más grande

バルの入り口は通りに面したほうにあります。

Restaurante Alameda
C/Minasoroeta, 1, 20280 Hondarribia, Gipuzkoa ‎
943 64 27 89

http://restaurantealameda.net/



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

サン・セバスチャンの老舗ピンチョス・バル「ベルガラ」

P9202068

サン・セバスチャンのグロス地区にある有名ピンチョス・バル「ベルガラ」のHPがリニューアルされました。

P9202066

BAR DE PINCHOS en DONOSTIA-SAN SEBASTIÁN

http://www.pinchosbergara.es/

HPには食指が動かされずにはいられないピンチョスの写真が多数掲載されています。

バスク語、スペイン語、フランス語、英語に切り替えられるようになっていますが、実際にこのバルを
お尋ねになる時に少しでもお役に立てるように今回の記事はスペイン語での記述中心に書きますね。

まずHPのメニューバー左端の「PINCHOS CALIENTES」(ピンチョス・カリエンテス)
その場で注文して調理してもらうタイプのピンチョスです。

http://www.pinchosbergara.es/pinchos-calientes-donostia.html

ピンチョスの写真をクリックすると、ピンチョスの名前と主に使ってある食材が書いてあります。

P9202063

これはTXOPITOS(チョピートス) 揚げた小イカに甘くなるまで炒めたトロトロのタマネギが乗っています。
小イカとタマネギ、合うんですよ~。ただ食べる時に中から熱い汁が飛び出すこともあるのでご注意を。

そして「PINCHOS FRÍOS」(ピンチョス・フリオス) カウンターにずらりと並んでいるピンチョスです。

http://www.pinchosbergara.es/pinchos-frios-donostia.html

P9202067

器に入っているのはCHUPITO DE CHANGURRO(チュピート・デ・チャングロ)蟹のカクテルです。
海老が飾ってありますけど中身は蟹なんですw

Plato, por favor.(プラト、ポル・ファヴォール)と言えばお皿を渡してもらえますので
カウンターに並んでいるところから自分の食べたいピンチョスを取って(あるいは取ってもらって)
後で清算してもらいます。

P9202061

でもせっかくならカウンターに並んでるのも、調理してもらうのもあれこれ食べてみたいですよね。
大丈夫です、カウンターのものを先に取っても、テーブル席に着いてからでも順番は関係なく
食べたいものを食べたいだけ楽しめます。

テーブルには、ピンチョスの写真付きのメニューもありますので「これ」と指差せばわかってくれます。
1、2、3(ウノ、ドス、トレス)、、と数字が出てこない時は指で伝えて下さい。

店の人に「Para beber?」(パラ・ベベール?)「お飲み物は?」と尋ねられたら

Vino(ビノ) ワイン Tinto(ティント)赤 Blanco(ブランコ)白 Rosado(ロサド)ロゼ

Txakoli(チャコリ) バスク産の白ワイン

Sidra(シドラ) りんご酒

Cerveza(セルベサ) ビール  sin alcohol(シン・アルコール)←こう言えばアルコール無しのビール

Agua(アグア) 水

お好きな飲み物の後に「ポル・ファボール」でOKです。

おいしく、楽しくお食事が済んだ後は「La cuenta, por favor.(ラ・クエンタ、ポル・ファヴォール)」と
清算を頼むとちゃんとレシートをくれますので安心です。


バル・ベルガラは、旧市街から少し離れたグロス地区にあるサン・セバスチャンのピンチョス文化発祥の
バルのひとつで、最近はスペイン国内や海外からの観光客も必ずといっていいほど足を運ぶような
人気店ですが、地元の人達にも昔から長く愛されているお店です。

旧市街にはそれこそ数歩行けばすぐ次の店に入れるほどバルが密集していますが
日本からいらっしゃるお客様にまずここをおすすめする私なりの理由は、、、

・ピンチョスがおいしい(とても当たり前な理由ですけど、どれを食べてもハズレが無いので)

・お店のスタッフの応対がいつ行ってもムラが無く居心地が良い

・店内のスペースに適度な余裕がある

・店内が明るい

・テーブル席に座って落ち着いて食べられる
 (ただし、確実にするためには早めの時間帯に行くか、電話で予約するか)

・いつ行っても開いている

というところです。この近辺の飲食業は毎週月曜日が定休日のところが多いのですが
例年このバルの休みはクリスマス・イヴの夜と大晦日の夜と元旦だけという、そして昼休みも取らない
スペインでは驚異的な働きぶりなのです。

それに加えて、おいしい、応対も良ければ安心して皆様におすすめできます。

既にバスクにいらしたことがある方には「こんなのもうとっくにわかってる」という記事になりましたが
これからサン・セバスチャンに初めていらっしゃるという方のことを考えながら書いてみました。


BAR BERGARA
Calle del General Artetxe, 8
20002 San Sebastián, Guipúzcoa
943 27 50 26

営業時間 月曜日から日曜日まで 9:00-23:00

オーナーのモンティさんによると2013年中は無休だそうです。

【追記】

2014年3月17日(月)から31日(月)までは休暇のためお休みです。



大きめの地図で見る



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

サン・セバスチャン旧市街にオープンしたKenji Sushi Bar

P8121754

以前の記事でご紹介した持ち帰り寿司の店 Kenko Sushi の高橋さんご夫妻が先月
サン・セバスチャンの旧市街に和風バル Kenji Sushi Bar をオープンされました。

 Embeltrán 16
   20003 Donostia-San Sebastián
 Tel. 943 43 42 50

 営業時間:12時〜16時 (15時半ラストオーダー) 19時〜24時(23時半ラストオーダー)
 休店日:9月から水曜日と木曜日昼

4df12715 サン・セバスチャンを訪れた人の散策コースには
 きっと入っているはずのこの通り
 ちょうど正面にサンタ・マリア教会が見える
 ナグシア通り(Nagusia)と
 エンベルトラン通りC(Embeltran)が交差している角
 にあります。
 劇場テアトロ・プリンシパルのすぐ近くでもあります。

 特に探していなくても「こんなところにこんな店が!」
 とパッと目に付くとても良い立地です。

 私自身もマドリッドやバルセロナに行く時は
 現地のおいしい和食屋情報をネットで探すことが
 よくありますので、このブログをご覧になる
 スペイン国内やヨーロッパ在住の方で同様に
 「サン・セバスチャンで和食」をお探しの方に
 お役に立てればと思い書いています。





P8121750

テーブル席もいくつかありますが、ほとんどのお客さんはこのカウンターかその周りで飲食する
典型的なバルスタイルです。

P8121751

若い地元の寿司職人さんが握ってくれます。

P7251616

白身魚の寿司と貝柱の刺身

P7251614

焼き鳥

P7251613

野菜のてんぷら

P8121748

ミニコロッケ

kenji sushi bar 1

鱈のてんぷら、にんじんのピューレとアリオリソース添え

kenji sushi bar 2

まぐろのたたき


まぐろのタルタルなどこの他にもバラエティー豊かなおいしい一品料理や和風ピンチョスが色々。
どれを食べても良いお味なので、ここに居座ってあれこれ注文したくなりますが
たとえばハシゴの途中や時間がなくてちょっとしかつまめない時も「焼き鳥1本とビール1杯」
で気軽に入れるのもとても嬉しいですね。

価格帯もこの界隈のお店並みで和食だから高すぎるというわけでもありません。

美食の街サン・セバスチャンですが、こういうお店があると日本人としてはほっとします。
オープン以来大勢の地元のお客さんも詰め掛けています。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

ナバラ地方の村エチャラール その2 レストラン

IMG_2896

30分待ってやっと入ったレストラン
この写真はお昼の営業時間がほぼ終わった時に撮ったものなので人がいませんが。

ここは一番大きいダイニングルームです、他にもいくつか小部屋があってなかなかおもしろい造りです。

IMG_2894

ウェイトレスさんの後に着いて行くと、キッチンを通過しないといけない小部屋に案内されました。
キッチンにいたレストランのご主人に「皿洗いに来たのかい?」と言われながら(笑)

IMG_2891

実際より薄暗く写ってしまいましたが、なかなか落ち着けるスペースでした。

さて、肝心のお料理ですがここは肉の炭火焼が評判のレストランなのです。

でもまずはサラダから

P3240089

庶民的なレストランの正しいミックスサラダは、レタス、トマト、ゆで玉子、ツナ、アスパラが
お皿からはみ出すくらい大盛り
です。生ハムも少しのせてありました。

そしてメインの炭火焼骨付きステーキ フライドポテトの量も凄かったです(笑)

IMG_2870

上のステーキは牛肉で、もちろんこれを切り分けて大人数で食べるわけですがかなりの量です。

IMG_2872

こちらは子羊肉。バスク地方、ナバラ地方では良く食べられます。

IMG_2890

すっかりお腹いっぱいになった後にご主人がリキュールをごちそうしてくれました。
これはハーブのリキュール、とても綺麗な色ですね。

ナバラ地方では「パチャラン(patxaran)」というスピノサスモモの実を使ったリキュールが有名で
食後酒として良く飲まれています。

Pacharan
ナバラ地方のレストランは、バスク地方よりも料理の量が多く、盛り付けも豪快でしかも料金はバスクより
少し安めということで大満足の食事でした。

Asador La Basque
Calle de Iñarreta, 3  31760 Etxalar, Navarra

平日も10ユーロのメニューがあって、豆料理などもリストにあってお腹一杯にはなれますが
掲載したようなステーキは週末のみ食べられるようです。

サン・セバスチャンからは車で30分程度で到着できる距離にあります。

おまけ

IMG_2793

村の薬局の看板です。目が怖いです(苦笑)

IMG_2798

CORREOS 郵便局
HERRIKO OSTATUA 村のペンション
JATETXEA レストラン

全部同じ建物の中にあります。


IMG_2860

バスク地方の魔よけとして玄関や建物の壁に飾られる Eguzkilore(太陽の花)

P3240080 copia

ナバラ地方は政治的にはバスク地方ではありませんが、Etxalarのようなナバラ地方北部の小さな村では
バスク語が主要言語になっていて、文化的にもバスクの伝統を受け継いでいるようです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

オンダリビア、レストラン・アラメダのランチ


PC220014

スペインにはCuesta de Enero(1月の坂道)という言葉があります。

クリスマスに飲めや食えやプレゼントや、と散財してしまって経済事情が悪化、毎日の暮らしは
急な坂道を上るように苦しい、といった状況を表しています。

無理しないでクリスマスの予算を縮小すればいいと思うんですけど、無い袖は振れない状態のスペイン
なので、1月はじっと耐えてやり過ごすしかないかと、、、

あ、素敵なレストランの話をしようと思ったのにこんな前置きになりました(苦笑)

先月のことですが、近所のお友達と集まってオンダリビアのアラメダのランチに行ってきました。
1月の坂道を憂慮しなかったわけではありませんが、プチ忘年会も兼ねて、懐に優しい価格帯の
コースメニューを食べましょうか、ということで。

結果はバラエティーの豊かさの誘惑に負けて、コースメニューではなくて単品を選ぶことになったんですがw

品書きの横に一人前の料金と並んで「media racion(半人前)」(割安です)の料金も記載されていて
常日頃こちらのレストランの料理の量は日本人の胃には厳しいのでは?
半分程度の量のほうが最後のデザートまでおいしく到達できるはず、と思っていましたので
これは助かりました。

PC220020

最初に全員に出てきたアミューズは、とてもやわらかな味と食感のポタージュでした。
材料が何だったか覚えていませんが、この淡いグリーンからしてたぶんカリフラワーに似た
ロマネスコという野菜だったかなと思うのですが、、、

以下は各自がそれぞれ一皿目、二皿目に選んだものを次々に掲載していきます。

PC220022

メニューに「Butakaku」と書いてあった豚の角煮
トロトロでゼリーのようにやわらかいお肉 小さなキューブ状のものはリンゴです。

PC220024

盛り付けに魅せられて写真を撮ったものの、これが何だったか覚えていませんでした(苦笑)
食べた人の話によると「Vieira(帆立貝)のラビオリ」で、薄茶色のソースはレンズ豆のソース
だったと思う、とのことでした。グリーンの泡が何味だったかは、、、

PC220023

Txipiron(小イカ)とリゾット
食べた友人が「このイカの火の入れ加減の繊細さは絶妙!
このレストランには常に日本人のシェフの方が働いていらっしゃるので、その影響もあるかも」
と言っていました。

次回アラメダに行く時はぜひこれを頼みたいと思っています。

PC220025

Pichon(山鳩)料理 添えてあるのはフルーツのコンポートとパテだったと思います。

PC220026

白身魚料理も何種類かありましたが、これはLubina(スズキ)のグリル
あちこちのレストランで良く見かける泡状のソースがのせてありました。

PC220027

私は一皿目に角煮を頼んだので、二皿目はあっさり手長海老のオーブン焼きにしたのですが
どうせならアラメダでしか食べられないもう少し凝ったものにすればよかったと少しだけ後悔。
もちろんとってもおいしい手長海老でしたけどね。

PC220028

ヘイゼルナッツのスフレとレモンシャーベット

PC220029

ふわふわでとても軽い口当たり、甘さ控えめでとてもおいしかったです。

PC220030

「半人前」にした効果でデザートまでは余裕で辿り着けましたが、コーヒーと共に出された
可愛いミニデザート。カップに入っていたのはメレンゲで、これがとても甘くて下層のチョコも濃厚だったので
甘いものがニガテな友人と私にはちょっときつかったです。焼き菓子はとてもおいしくいただきました。

言い訳になりますが、食べて楽しむこと・同行の人達とのおしゃべりを楽しむことに夢中だったので
こうして改めて記事にしようと書き始めると、実に曖昧な感じになってしまって申し訳ございません。

ただ、オンダリビアの数あるレストランの中から選んでどうしても一軒しか行けない、という状況でしたら
このミシュラン一つ星のアラメダをおススメしたいなと思いながら書いています。

この日は5人でワインを1本頼んで一人当たり45ユーロ程度になりました。
35ユーロ、50ユーロ、80ユーロのコースメニュー(10%の税金別)もあります。
コースメニューの場合は同行の皆様全員でのご注文をお願いします、とのことです。

店内はゆったりしたスペースで、日当たりもよく明るく、とてもリラックスした雰囲気で
楽しむことができました。

店内の様子や素晴らしい数々の料理写真はプロショットの綺麗なものがレストランHPに掲載されて
いますので、そちらをご覧下さい。

Restaurante Alameda
Calle, 20280 Hondarribia, Espana
+34 943642789


Ver mapa mas grande

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

サン・セバスチャンでお寿司 KenKo Sushi

KenKo Sushi Donosti

サン・セバスチャンのサン・マルティンマーケットの中に持ち帰り寿司のお店「Kenko Sushi」
がオープンしました。

このエリアはブエン・パストール大聖堂を中心にした繁華街で、以前からサン・マルティン市場として
界隈のサン・セバスチャン市民の台所として栄えた場所ですが、近年改装されてZARAや
fnacやThe Body Shop他の店舗が入った総合ショッピングセンター+食材を販売するマーケット
に生まれ変わっています。

Kenko Sushi  Donosti logo

そのサン・マルティンマーケットの中に、サン・セバスチャン在住の料理人高橋健二さんと奥様が
寿司ショップを開店されたということで、近隣在住の日本人や現地の寿司ファンの人達は
大喜びといったところです。

ショップ名のKenKoは日本語の「健康」からとったそうです。
周りの人達は皆オーナーの健二さんの名前が由来だと思っていたのですが(笑)

旬の新鮮な素材のそれぞれの良さを引き出しながら、和食の調理法に則って健康に良いものを
提供して現地の人達にもお寿司のおいしさを味わってもらいたいというのが願いだそうです。

kenko  sushi donosti

バスク地方、サン・セバスチャンは既に美食の街として知られている通り新鮮なネタは豊富に
手に入れることができるのが利点です。

既存のものを大事にし過ぎて食に関してはかなり保守的な地元の人達の間に浸透すること
お店を継続して運営していくことは大変な労力が必要だと思いますが
健康食に関心のある人は年々増えてきているのでこれからの発展を願うばかりです。

sushi

先日近くに行く用事があったので、さっそく、、、この日は握りばかり注文してしまいましたw

とてもおいしかったです、ごちそうさまでした。

Kenko Sushi

    Mercado de San Martin, Planta Calle(サン・マルティンマーケット1階)
    Donostia/San Sebastian

 Telefono(電話)
    943 537 527

 Horario(営業時間)
    De 8.00 a 20.00(sushi De 10.30 a 20.00) 寿司販売は10.30 から 20.00まで

 Cerrado Domingo y Festivos(日・祝日休み)

http://www.kenkosushi.es/

http://www.facebook.com/pages/KenKo-Sushi-Donosti/

DSC_0986

ライトアップされたブエン・パストール大聖堂 下はパーキングになっています。
(マーケットの地下にもパーキングがあります)


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

livedoor プロフィール



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


ランキングに参加しています。
ポチッと押してくださったら嬉しいです(❛◡❛)
最新記事
ギャラリー
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • MUJI BGM 22 Basque 無印良品のBGMシリーズ。 新作「22」はバスクがテーマ
  • MUJI BGM 22 Basque 無印良品のBGMシリーズ。 新作「22」はバスクがテーマ
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 3月号「幻のバスク豚に会いに」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 2月号「バスクのディープなる美食ワールドを探訪」
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ1月号「体で覚えるバスク文化!」ほか
  • バスクより新年のご挨拶
  • バスクより新年のご挨拶
  • 植松良枝さんのバスクバルレシピブック BASQUE BAR RECIPE BOOK: スペインバスクの美食の地サン・セバスチャンへ。
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ