チキ便り~バスク地方のとある街より

スペイン北部からフランス南西部に広がるバスク地方から発信しています

ニュース

旅するスペイン語 NHK Eテレ 3月号「幻のバスク豚に会いに」

51C98za48bL


NHK Eテレ「旅するスペイン語」3月号発売中です。

放送: 水曜日(火曜深夜)午前0:25~00:50

再放送:翌週 火曜日 午前6:00~6:25

3月の放送内容は

ミッション完遂! 食べた語った、北スペイン男旅

・幻のバスク豚に会いに
・僕の名前は「たくさんの豚」
・ビーチでナンパ大作戦!
・「くいだおれ」宣言完了!

番組の詳細はこちらの公式サイトでご覧ください。
https://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/spanish/tv/

テキストブックで担当させていただいたコラム「バスクへのいざない」では
「ゆっくりバスクを巡るならぜひ足を伸ばしてみたいとっておきの場所」を厳選してご紹介しています。

歩きや公共交通機関で行ける所とレンタカー・ハイヤー向きの所と分けてみました。
書店等でご覧いただけましたら幸いです。

アマゾンでも雑誌・電子書籍版で販売されています。
http://amzn.to/2l6cnhw



バスクの色々な情報は随時こちらでお届けしています。ぜひご覧になってみて下さいね。
↓ ↓ ↓

【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」

スペイン・バスク 美味しいバル案内

スペイン・バスク 美味しいバル案内 <私のとっておき>シリーズ42 が
2月10日に産業編集センター出版部より出版されました。

basque_1227-1


去年の10月に「バスクバルレシピブック」(誠文堂新光社)を出版された料理研究家の
植松良枝さんがご主人と10年連続でバスクを訪問され数多くのバルに足を運び
数々のピンチョスや料理、バル文化を堪能しつつリサーチされた集大成となる一冊です。

basque_1227-2
Bergara
basque_1227-5

basque_1227-6

レシピブック同様に料理写真家の日置武晴さんが撮影されたバルやショップや街並みの写真では
ご自身もバスクファンである日置さんや私達の目に映るバスクの飾り気のない素朴な良さを
ありのままに見ることができます。臨場感に溢れています。

サン・セバスチャンを中心に、ゲタリア、オンダリビア、ビルバオ、フランスバスクの一部
などの周辺地域のおすすめポイントのご紹介、ほとんどが公共の交通機関を利用して行くことが
できる場所のガイドブックです。

basque_1227-4


【概要】

1章 サン・セバスチャン バルめぐり

2大バル通りを徹底取材
それぞれのバルの特徴、名物料理を大公開。

2章 サン・セバスチャン 街の魅力

ヨーロッパ屈指のリゾート、海辺の楽しみ方
女人禁制? 美食倶楽部に潜入
りんごの微発砲酒、シードルの醸造所探訪
市場、食材店、キッチン用品店紹介など。

3章 近郊の街

サン・セバスチャンから日帰りできる近郊の街
オンダリビア、ビルバオ、ゲタリア、サン・ジャン・ド・リュズ
エスプレットの楽しみ方など。


バル、ショップ、街の紹介だけではなく、バルの黒板メニューの見方や現場で使う単語・フレーズ集
バル巡りの楽しみ方のこつなど、すぐに役立つ情報が満載です。

さらに、本の帯を外して開くとサン・セバスチャン旧市街のバルマップになるという優れもの。

この一冊が皆さまのバスクへの旅とバル巡りの強力な旅のお供になると確信しております。

まだこれからバスクへ初めていらっしゃる方も、既にバスクを訪れたことがおありの方も
リピーターの方も、ご覧いただいたそれぞれの方がバスクへの想いを馳せられるようなガイドブックです。

植松さんご夫妻、そしてこの本の作成に関わられたスタッフの皆様全てが
バスクが大好きな方ばかりで、バスクへの愛がぎっしり詰まった1冊になっています。

今回現地コーディネートでこのバスク・バルガイド本制作のお手伝いができたことを
大変光栄に思っております。植松さんご夫妻やスタッフの皆様、この場をお借りしまして
改めて御礼を申し上げます。




バスクの色々な情報は随時こちらでお届けしています。ぜひご覧になってみて下さいね。
↓ ↓ ↓

【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

旅するスペイン語 NHK Eテレ1月号「体で覚えるバスク文化!」ほか

000009533012016_01_580

NHK Eテレで10月から3月まで半年間放送されている「旅するスペイン語」

放送: 水曜日(火曜日深夜) 午前0:25〜0:50
再放送: 翌週 火曜日 午前6:00〜6:25

番組のテキストブック1月号から3月号まで「バスクへのいざない」ということで
各号4ページずつのコラムを担当させていただいております。

まだバスクのことをご存知ない方、これから訪ねたいと思っていらっしゃる方
既にお気に入りの方々のことを考えながら書きました。

ご興味おありの方は書店等でご覧くださいませ。

アマゾンでも販売中です。(Kindle版もあります)
http://amzn.to/2i1QTzg

番組に沿ったテキスト本篇では現地で実際に役立つフレーズや旅のおすすめスポットなどを
写真付きで多数盛り込んでありますのでガイドブック的にも使えて便利です。

今シーズンは北スペインがテーマで、俳優の平岳大さんがバスク地方やアラゴン地方で
さまざまなアクティビティに挑戦していらっしゃいます。

番組の詳細はこちらの公式サイトでご覧ください。
https://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/spanish/tv/



バスクの色々な情報は随時こちらでお届けしています。ぜひご覧になってみて下さいね。
↓ ↓ ↓

【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ



バスクにおいでよ、Facebookページ Twitterアカウントのご案内

Facebook visitbasque

なるべく新鮮なバスク地方情報がお届けできるように
FacebookページとTwitterアカウント「バスクにおいでよ」を開設しました。

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque






現地情報を発信している現地の他アカウントもリツイートします。



FacebookとTwitterは即時性にメリットがありますが、時間と共に情報が流れていってしまいますので
単独記事としてまとめて残しておきたいものはブログに掲載していきます。
引き続きどうぞよろしくお願い致しますね。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

バスク地方沿岸で高波被害

ola-rompe-kursaal
 blogseitb.com

サン・セバスチャン市の太鼓祭り(1月20日)前から2週間以上雨天続きでしたが
強風と高潮が重なって、ここ数日バスク地方各地の海岸沿いの市町で7~10mの高波による被害が
多数出ています。





特にサン・セバスチャン市ではモニュメント的なクルサール橋やスリオリ・ビーチ、ラ・コンチャ湾沿いの欄干
ラ・コンチャ湾沿いのレストランなどの施設、旧市街の一部が損傷・浸水に見舞われています。

donostia-debastado
 www.diariovasco.com(地元紙Diario Vasco記事へのリンク)

これは高波到来後のサン・セバスチャンを空から撮影した2月2日(日)の動画です。
スリオラ・ビーチ、クルサール前道路、ウルメア川に架かる橋、ラ・コンチャ湾、港の様子が一望できます。
(全画面表示をおすすめします)


Vision Air Films(www.facebook.com/visionairfilms)

市内の各所で通行止めや立ち入り禁止になっていますが、高波を「見物」しに出かけて来る人も多数。

olas

postcard

こちらは1920年代の絵葉書の写真ですが、100年経ってもやってることは同じ。
人間の「怖いもの見たさ」は変わらないんですね。

サン・セバスチャン市だけではなく、ベルメオ、サラウス、オンダリビア、エンダイア、バイヨンヌでも
被害が出ています。

1781969_733223496689402_182456120_n

2月2日午後のエンダイア(フランス) ビーチ沿いの舗道や売店などが損傷しています。

今後悪天候が治まるとよいのですが、近日中にバスク地方をご訪問される方はどうぞご注意下さい。

【追記】

まだまだ不安定な天気が続いています、2月13日(木)はまた少し荒れていました。

IMG017

先日一部が損壊したこの橋、以降は通行止めになっていなくて、この日乗っていた路線バスも
普通に渡って行きましたが、混んでたのでしばらく橋の上で停車していたところ
1回少しだけ打ち付けた波のしぶきが飛んで来てドキッとしましたw



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

今夏一番の暑さ、熱波に覆われたスペイン

parasol

今週始めごろから予想されていたのですが、10日(金)をピークにスペイン全土が熱波に覆われ

バスク地方でも、サン・セバスチャン34℃、ビルバオ36℃まで気温が上がりました。

マドリッドは40℃近く、セビージャは43℃と酷暑に見舞われています。

スペイン南部では熱中症で病院で診察を受ける件数が急増とか。




エル・パイス紙の記事
http://sociedad.elpais.com/sociedad/2012/08/08/actualidad/1344414310_894613.html

土曜日から少し気温が下がるそうなので、暑さに悩まされている人達も少しホッとされるのでは。

こんな時は、プール、ビーチ、川辺、とにかく水辺に行くのがいちばんでしょうか。

playa

オンダリビアのビーチ

playa2



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

福島漁連への送金ご報告 2

camiseta-kukuxumusu-p

あれから一年が経ちましたね。

その後も多くの方々のご協力により貯めてきました義援金50万円を3月2日付けで
日本バスク友好会よりJF福
島漁連宛に送金しましたのでご報告致します。

募金、支援バッジご購入、支援Tシャツご購入、支援活動へのご参加などでご協力いただきました
全ての皆様へ御礼
申し上げます。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。


La Sociedad Vasco Japonesa ha realizado segunda transferencia bancaria de la cantidad
¥500,000(4,630€) a La Federacion de Asociaciones Cooperativas de Pesca
de Provincia de Fukushima en el 2 del Marzo, 2012.

Seguimos realizando algunas actividades beneficas
para recaudar la ayuda a los pescadores de Fukushima, con las ventas de las chapas
y las camisetas solidarias(con Kukuxumusu).

Queremos agradecer a todos los colaboradores, muchisimas gracias.

image


また、先日3月8日バスク放送局「eitb」夜のニュースにて
「復興を見守るビルバオ在住の日本人」ということで
福島出身のOnoda Yukiさんは福島の農産業や水産業が直面している問題を
Hatayama MayaさんはKukuxumusuとの福島漁連支援コラボTシャツの紹介と
ご協力下さった皆様への御礼を伝えています。

Yuki Onoda y Maya Hatayama son dos japonesas afincadas en Bilbao.
Siguen con detalle de la evolucion de Japon tras el desastre de Fukushima
y ahora venden camisetas solidarias de Kukuxumusu.

ニュース動画へのリンク
http://www.eitb.com/es/videos/detalle/845045/video-japoneses-afincados-bilbao-fukushima/

前後しますが、こちらは二人が登場する前に映された福島のニュースです。
http://www.eitb.com/es/videos/detalle/844377/video-fukushima--vivir-pendientes-registros-radiacion/


日本バスク友好会+Kukuxumusuコラボ 福島漁連支援Tシャツプロジェクト
http://www.facebook.com/vascojapon.tshirts

日本バスク友好会
http://www.vascojapon.com/

kukuxumusu
http://kukuxumusu.com/

Kukuxumusu(日本語)
http://kukuxumusu.com/index.php/es/japan/


【追記】

3月11日(日)スペイン全国ネットの民放TVチャンネルlaSextaのニュースでは
当日の日本各地、ダッカ、NY、パリなどでの追悼の様子、Hatayama MayaさんとOnoda Yukiさんが
再度ビルバオで取材を受けてコメントしているところが放送されました。

ニュース動画へのリンク
http://www.lasextanoticias.com/videos/ver/llanto_por_japon/567873



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

福島漁連への送金ご報告

4月以来多くの方々のご協力をいただき少しずつ貯めてきました義援金50万円を
本日、日本バスク友好会よりJF福島漁連宛に送金しましたのでご報告致します。

募金、支援バッジご購入、支援Tシャツご購入、支援活動へのご参加、ブログ等での告知や
励ましのお言葉などでご協力いただきました全ての皆様へ御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

La Sociedad Vasco Japonesa ha realizado primera transfarencia bancaria de la cantidad
¥500,000(4,500€) a La Federación de Asociaciones Cooperativas de Pesca
de Provincia de Fukushima en el 29 del Julio,2011.

Desde pasado mes de Abril, estamos realizando algunas actividades benéficas
para recaudar la ayuda a los pescadores de Fukushima, con las ventas de las chapas
y las camisetas solidarias(con Kukuxumusu).

Queremos agradecer a todos lo colaboradores, muchisimas gracias.

document

Kukuxumusuのオンラインショップ

Kukuxumusu+日本バスク友好会コラボ 福島漁連支援TシャツがKukuxumusu(ククシュムシュ)の

ホームページに掲載されました。

AC0RLAE2358_2_1CC0RLEJ2358_2_1

実物は画像よりもそれぞれのブルーの色合いが少し濃い目です。

【支援Tシャツ紹介ページ】

スペイン語
http://www.kukuxumusu.com/index.php/es/actualidad/noticias/kukuxumusu-con-fukushima

英語
http://www.kukuxumusu.com/index.php/en/actualidad/noticias/kukuxumusu-con-fukushima

Tシャツ制作のいきさつや代表ミケル・ウルメネタ氏のメッセージや大漁旗や大漁船の意味などが
記載されています。


【オンラインショップページ】 こちらの一覧からお入り下さい。

スペイン語
http://www.kukuxumusu.com/tienda/colecciones-especiales/camisetas-ilustres/

英語
http://www.kukuxumusu.com/shop/special-collections/


【送料、決済などお買い物方法ヘルプ】

スペイン語
http://www.kukuxumusu.com/index.php/es/tienda-online/ayuda

英語
http://www.kukuxumusu.com/index.php/en/tienda-online/ayuda


スペイン国内やEU諸国にお住まいの方はオンラインショップのご利用が便利かと思います。

日本国内では日本バスク友好会が輸入・販売を行い、皆様からのご注文にお応えします。
(現時点では男性用・女性用の在庫はございますが、子ども用はございません)


スペイン、日本の両国で展開されるこのチャリティーTシャツ販売に被災地の復興への祈りを込めて
被災された方々のお役に少しでも立てますように、多くの方々のご理解とご協力をいただけましたら幸いです。

Facebookでもご案内しておりますので、よろしければご覧下さい。

Kukuxumusu+日本バスク友好会 福島漁連支援Tシャツプロジェクト

http://www.facebook.com/vascojapon.tshirts

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

Tシャツが届きました

kukuxumusu-t-shirt-p

Kukuxumusu+日本バスク友好会コラボ 福島漁連支援Tシャツが手元に届きました。

夏の陽射しに映える、鮮やかな色合いとデザインです。

スペイン国内の実店舗には今週末並び始めたようです。
(そのうちサン・セバスチャンの実店舗を見に行こうと思っています)

KukuxumusuのHPとオンラインショップは、まだ準備中のようです。
更新されましたらまたお知らせいたしますね。


Facebook 福島漁連支援Tシャツ特設ページ

http://www.facebook.com/vascojapon.tshirts

サン・フェルミン祭の始まり San Fermin 2011

txupinazo2011
撮影:Ayumi Aguirre

牛追い(encierro/エンシエロ)で有名なパンプローナのサン・フェルミン祭が始まりました。

市役所前の広場を埋めた群集は赤いハンカチを掲げ、その合図を待ちます。

7月6日、正午を告げる鐘の音が鳴ると同時に、市役所のバルコニーに立つパンプローナ市長が

「Pamploneses! Pamplonesas! Viva San Fermin! Gora San Fermin!」と叫び

花火をあげた(chupinazo/txupinazo)瞬間から9日間の熱狂が始まります。



この時から皆手に持っていた赤いハンカチを首に巻きます。

こちらは去年の牛追い・encierro(6日め)の動画です。



毎朝8時(日本時間15時)開始、連日TV中継されています。
(↓こちらのリンクからその中継をご覧になれます)

http://www.rtve.es/noticias/san-fermin/directo/

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

Kukuxumusu+日本バスク友好会コラボ 福島漁連支援Tシャツプロジェクト

camiseta1-p

5月最初の週末に友人とネットサーフィン中に目に留まったある復興支援のチャリティーTシャツが
とても素敵で「こんなのだったら着たいし、欲しいと思うよね、そんなTシャツ作ってみたいね」
というその時の会話がこのプロジェクトの始まりでした。

早速その週明けに「牛追い」のサン・フェルミン祭で有名なスペイン・パンプローナの衣料品メーカー
Kukuxumusu (ククシュムシュ)とコンタクトを取り始めました。
友人の交渉力とKukuxumusu側の将来への展望がうまく合致して数日後にプロジェクト決定。

デザインのアイディアがあれば月曜日の会議で話し合うので週末の内に 提出して欲しいとのこと。

私達の支援先が福島漁連ということと、見ると元気が湧きそうなものがいいので
「大漁旗」や「大漁船」をモチーフにしてKukuxumusのキャラクターの動物を漁師に見立てて
その周りで魚が飛び跳ねるような感じで、とリクエストを提出しました。

色鮮やかでにぎやかな大漁旗のイメージは、Kukuxumusuコレクションの絵柄とマッチするはず。

ただし、今回のプロジェクトはこちらからのオーダーメイドではなくて、作画・生産・スペイン国内販売まで
Kukuxumusuが全面的に協力してくれ、今夏・来夏までのコレクションにも含まれるということで
デザインについてはKukuxumusuの作画スタッフ次第ですからと事前に言われたのですが
すんなり採用されたようでした。

そして5月中旬、Tシャツの図案に「俳句」を入れたいというKukuxumusu側からの希望が出され
デザインがまだ出てない時点で俳句を選ぶのはなかなかの難題で
著名な俳人の句を選ぶのに友人と頭を抱えていたところ、知合いの中谷光月子さんより
「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」の2フレーズを使ったらという提案がありました。

宮沢賢治は東北出身であること、「雨ニモマケズ」に書かれていることは日本人が美徳とする姿勢を
わかりやすく表現してあるので、こういう機会に最適ということで詩の全文をTシャツに付けるパンフレットに
4カ国語(日本語、バスク語、スペイン語、英語)で掲載するということになりました。

この詩を使用することで著作者人格権を侵害しないようにと黒田薫子さんのご協力をいただき
宮沢賢治記念館の館長さんより許可をいただきました。

また英訳は、翻訳された皆様のご理解をいただきましてこちらを使用させていただきました。
こちらの方々は「あしなが育英会」を支援なさっています。

UNBEATEN BY RAIN
http://www.unbeatenbyrain.com/

そして、6月13日に待望のデザインと初対面、多少の手直し後17日に最終デザインが決定しました。
スペイン国内発売日も7月11日に決定。

スペインではKukuxumusu の直営店、オンラインショップ、特約店での販売分から1枚につき1ユーロが
福島漁連へ寄付されます。販売価格:男性用・女性用19,50ユーロ 子ども用:14ユーロ

日本では日本バスク友好会 が輸入・販売を行ない、皆様からのご注文にお応えします。
販売価格から諸経費を差し引いた収益金の全額が福島県漁連へ寄付されます。
販売価格:2300円

camiseta2-p
       男性用、女性用、子ども用 カラーは表示カラーのみです

現時点では、子ども用はスペインでのみ販売予定ですが、日本でご購入をご希望の方は
こちらのフォームよりお問合せ下さい。

スペイン、日本の両国で展開されるこのチャリティーTシャツ販売に被災地の復興への祈りを込めて
被災された方々のお役に少しでも立てますように、多くの方々のご理解とご協力をいただけましたら幸いです。

Facebookでもご案内しておりますので、よろしければご覧下さい。

Kukuxumusu+日本バスク友好会 福島漁連支援Tシャツプロジェクト

http://www.facebook.com/vascojapon.tshirts


以下は、サン・フェルミン祭のみやげものとしてイカシタTシャツを売ることから始まり現在は
世界98ヵ国で展開しているKukuxumusuの創業者ミケル・ウルメネタ氏がこのプロジェクトのために
描いてくださったさかなのロゴとメッセージです。

logo-p

2010年、ククシュムシュは、サンフェルミン祭をこよなく愛する日本人写真家、菅原千代志氏に

「第7回ガイジン・オブ・ザ・イヤー賞」を贈呈することになり、わたしは直接賞を授与するために

喜び勇んで東京へと出向きました。


また、それより遡ること数年前、ククシュムシュが山口市のマスコットキャラクターのデザインを依頼された

関係で、わたしは市役所の招待を受け、日本を訪れました。

この二度に亘る日本への旅を通じて、ククシュムシュもわたしも日本が大好きになり、また多くの人たちと

強い友情の絆を育みました。


今、わたしたちの大切な日本の友だちが大変な苦境にあります。

ククシュムシュは、特に大きな被害を受けた地域にも、いつか必ず復興の日が訪れることをイメージした

Tシャツデザインで、みんなを元気づけたいと考えました。


再び男たちは漁に出る。再び魚たちは網に跳ねる。


人間の営みは止まらない。


ククシュムシュ(Kukuxumusu)創業メンバー&クリエイティブディレクター


ミケル・ウルメネタ

kukusumus

福島漁連の方からのメール

震災発生後、多くの皆様のご協力をいただきましていくつかの活動で少しずつ
支援金を集めておりますが、なんとか今月中には一度ご送金できる目処が立ってまいりました。

以下は、福島漁連の方から日本バスク友好会へいただきましたメールです。
このメールを拝読しまして、わずかながらでも何かお役に立てればという気持ちを
一同新たに致しました。

お忙しい中ご丁寧なお返事をいただきまして誠にありがとうございました。


6月17日

日本バスク友好会様

このたびは、遠くスペインバスク地方から本県漁業者等に対し、ご寄付いただけるとのこと
誠にありがたく深く感謝申し上げます。

甚大な被害をもたらした「東北地方太平洋沖地震・大津波」から早くも3ヶ月が過ぎ
復旧・復興に向けて歩き出したいところでございますが、本県の場合には
東京電力(株)福島第一原子力発電所の事故による放射性物質の漏えいにより
一部地域では避難を強いられ、行方不明となった漁業者やそのご家族の捜索も
制限される状況にあります。

また、震災以来、本県の漁業者は、原発の放射能問題もあり、3ヶ月過ぎた今でも
操業再開の目途すら立っておりません。

私たちは原発事故の早急なる収束を願いつつ、安全、安心な福島県の水産業を
確立するため、漁業の再開には、十分なモニタリング調査を実施し
安全確認を受けた上で再開する予定ですが、漁港・市場関係施設の早期整備
風評被害を受けたブランドイメージの回復など水産業の円滑な再開、復興には
長期にわたるさまざまな取組みが必要になると思われますが
この苦難を乗り越え、頑張り抜く覚悟でございます。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
がんばっぺ 東北! がんばっぺ 福島!!

JF福島漁連
http://www.jf-net.ne.jp/fsgyoren/




日本バスク友好会では、今後も支援活動を継続していきますが
この度パンプローナの衣料品メーカーKukuxumusuとのコラボレーションで
福島漁連支援Tシャツを製作致しました。

次の更新にて詳細をご紹介致します。

フェルナンドさんの絵

東日本大震災の被害の様子を見て心を痛めたというフェルナンド・マドネスさんが
日本を思って描かれた絵のデータを送ってくださいました。

フェルナンド・マドネスさんはバスク大学で美術の講師をなさっていて
浮世絵の技法を使った版画などの講義もされています。
ビルバオ在住の山下さんのお知り合いということやご自身が日本美術への関心が深いこともあって
日本を身近に感じていらっしゃるそうです。

IMGP3313-J3 16X30CM

IMGP3348-J5 65X92CM

多くの人々と同様にフェルナンドさんもまず被害の様子を伝える映像に衝撃を受け
やがて悲しみに沈み、その後日本の人々への連帯の気持ちを表わすことを考え
絵を描かれたそうです。

お心遣い感謝致します。ありがとうございました。

Queremos agradecer a Sr.Fernando Madones por su sentimiento hacia Japón.

Muchisimas gracias.

サン・ファンの夜 La noche de San Juan

今夜は夏の到来を告げるサン・ファンの夜

夕方になると外から焦げ臭い匂いが漂ってきます。

スペイン各地で厄除けのため不要になった木材などで焚き火をして
その周りに大勢の人達が集まって、中には肝試しさながらに
煌々と燃え盛る焚き火の上を跳ぶ人達もいたりして賑やかな夜を過ごします。

地中海側の都市バレンシアやアリカンテのビーチには十万人を越す人達が集うそう。
飲み物やバーベキューでいくつもの宴が繰り広げられるようです。

バルセロナではビーチでの焚き火が禁止されたとかで、一部道路を通行止めにして
交差点に焚き火用の木材が積まれてる様子をニュースで映していました。

バスク地方でのサン・ファンの夜の様子、こんな動画がありました。



学校は夏休みに入り、これからスペイン各地で次々に街のフィエスタが始まる季節になります。

私たちの気持ち

サン・セバスティアンで日本語を勉強している皆さん(坂井由紀子さんの生徒さん達)が
こんなビデオメッセージを作ってくれました。




その気持ちがとてもうれしいですね。皆さんどうもありがとうございます。

Los alumnos de Yukiko Sakai expresan sus sentimientos hacia Japón.
Muchisimas gracias.

近日中に開かれるバスクでの日本支援関連イベントのお知らせ

karate


近日中にビルバオ周辺の現地有志の方々によるイベントがいくつか催されますので
ご案内致します。お近くにお住まいの方、ご興味がおありの方はどうぞお越し下さいませ。

5月14日(土) 11:00~15:00 16:30~21:00 この日がメインだそうです。
5月15日(日) 午前中のみ

BERMEO(ベルメオ・ビスカヤ)の漁港祭り での支援バッジ販売と募金活動

ベルメオはバスク地方でも重要な漁港で、今年のお祭りは特にアンチョア(カタクチイワシ)に
焦点を当てているそうです。

魚料理の試食やコンクールなどの催しや各種スタンドの展示販売などが楽しめそうです。

La Feria del Pescado de Bermeo
http://www.elcorreo.com/vizcaya/v/20110510/costa/feria-pescado-bermeo-acerca-20110510.html

数名の有志の方々と私も会員であります「日本バスク友好会」の
支援活動で集まった義援金は福島漁連へお送りすることに決定しました。

ベルメオで漁港祭があると知ったのはつい先日のことでしたが関係者の方々のおかげで
一角のスペースをお借りできるようになりました。
14日と15日は、ビルバオ近辺在住の日本人の方々が交代でスタンドでの応対をされます。

スタンドでは下記のチャリティー・コンサートのチケットも販売致します。


5月20日(金)

ビルバオ・シンフォニー・オーケストラによるチャリティー・コンサート

こちらはビスカヤ赤十字主催ですが、開演前・終演後にバッジを販売させていただく予定です。

Concierto A Benecifico De Japón

開演時間:19:30

会場:Conservatorio De Música Juan Crisóstomo Arriaga(地下鉄Sarriko駅)

出演:KANNARI TORU氏(ギター) ビルバオ・シンフォニー・オーケストラの皆様

入場料:15€



5月21日(土)

チャリティー空手講習会

講師:フェリックス・サエンス(八段) ルイス・マリア・サンス(七段) イニゴ・アルケタ(六段)

時間:11時~13時
    17時~19時

受講料:50€(大人)
     25€(子供10~14歳) 子供の為の講習会は午前の部のみ

会場:Polideportivo de Fadura(Getxo)
Av.De Los Chopos,s/n

申込方法:DOJO Fundazioa 0030.3418.07. 0001536271(Banesto)宛送金
      当日入場時に送金控えをご提示下さい

インフォメーション:TEL-946763103 info@dojofundazioa.org

当日会場では支援バッジの販売と募金活動をさせていただきます。


皆様のお越しをお待ちしております。


orizuru

バッジを買って下さった方や訪れて下さった方に差し上げる折鶴 です。
活動の主旨、募金先の口座番号などを羽にプリントしています。

がんばれ日本イベントinサン・セバスチャン

4月10日 日曜日 

サン・セバスチャン市で日本支援のチャリティーイベントと食事会が開かれました。



日本人の奥様を持つOscarの企画に主にギプスコア県在住日本人有志や現地の知合いの 
協力の輪がどんどん広がって実現したイベントでした。

12-p
 Foto:Eduardo Escobar

サン・セバスチャンのAntiguo地区Txalupagillene(チャルパギリェネ)広場では 
午前10時過ぎからチストラやシドラをふるまう野外バルが設置され 
並びのスタンドではバル用の食券、抽選券、Tシャツなどの販売が開始されていました。 

週末まで夏のような晴天続きだったのが一転して当日は曇天に。 
天気が悪いと人出が減るかなぁ、、、というのは杞憂に終わりました。 

Los ´Japoneses guipuzcoanos´ se movilizan por su pais 
http://www.diariovasco.com/20110408/local/japoneses-residentes-gipuzkoa-celebran-201104082025.html 

9日(土)の地元紙で大きく取り上げられたのと口コミの効果もあってか 
広場にはどんどん人が集まってきていました。

 

EL DIARIO VASCO紙より

ビルバオ在住の友人と私もバッジを持ち込んでスタンドでのお手伝いに合流。 

11時半頃には広場は人で埋め尽くされ、絶え間なく食券を求める人達の接客に追われました。 
そしてバルのほうへは長い列ができていました。

safe_image.php

バッジは大小2種類あるんですが、小のほうが先にどんどん売れていって 
大のほうも合わせて1時間ちょっとで売り切れに

「しまった~、もうちょっと持ってくればよかった」と友人は悔やむことしきり。 
Tシャツなどもそうですが、グッズタイプは店頭よりイベント会場でのほうが出やすいですね。 

また追加生産しましょう。

「私達は合唱の練習に行かなくちゃいけないのでお願いします」と、お手伝いの女子グループの方に言われて 
抽選会用の商品を展示しているコーナーの見張り+案内係へと移動。 
 
テントを揺らす子供達を時々たしなめたり

「抽選券どこで売ってるの?」「ピンチョス食べたいけれど、どうしたらいい?」 
というお客様方をスタンドへご案内。 


そうこうしてるうちにOscarのお知り合いのバスク民族舞踊グループのダンスが始まりました。


Foto:Eduardo Escobar

最初は2列に並んでの踊りがそのうち輪になってぐるぐる回りだし 
広場が狭いものですから、商品展示コーナーにも入り込んでぐるぐる回り始めました


Foto:Eduardo Escobar

でも、バスクでのこういう野外イベントに食べ物、飲み物、音楽と踊りは欠かせないので
これでおおいにイベントの雰囲気が盛り上がりました。

その後、抽選会も始まって周りもさらにざわつき始めました。 

地元の人達はみんな飲んだり、食べたり、踊ったり、賭けたりが大好きなのです。

でも当たると結構あれこれもらえるのですよ、これが。


撮影:細見聡子さん

こちらの抽選会ではお約束のセスタ(バスケット)にお菓子や高級食材(フォアグラなど) 
が詰め合わせてあって、それプラスワイン+ビール数本ずつ+地元バスケットクラブのサインボール
+スペイン1部リーグサッカークラブREAL SOCIEDADのサインユニフォーム 
+魚市場で30ユーロ分のお買い物券など。 

その次の賞には、どこかのレストランでのお食事券(ペアで)も付いてましたし 
当たった人達は超ゴキゲンになって商品を抱えて去って行きました。 

抽選会が終わる頃には、スペイン時間のランチタイムも近づいてたので 
少しずつ人が減り始め、チャリティーランチのお客様はSociedadへ移動。 

チャリティーランチ前には合唱(在住日本人奥様方による)と 
四重奏(イルン在住のご家族とご友人による)のミニコンサートも行われました。

EL DIARIO VASCO紙より

弦楽四重奏バージョンのモーツァルト「レクイエム」から「ベネディクトゥス」と「ラクリモーサ」
が演奏された後に「朧月夜」「ふるさと」などが披露されたのですが
 広場の
片づけが終わってちょうどSociedadに入ると、知合い(スペイン人)が涙目になってたので 
「どうしたの?」と尋ねると、演奏・合唱を聴いて「me emociono(感動したの)」と 
答えてさらにボロボロ涙をこぼしてました。 

彼女とご主人はとにかく親日家で日本が大好きで、今回被災した東北の町にも 
旅行で行ったことがある人達で、被害の様子に心を痛めていました。

 


美食倶楽部を会場にしたチャリティーランチは、50ユーロのチケットが事前に130人分全て売り切れるほど 
大盛況で、満員御礼でした。

11-p
 Foto:Eduardo Escobar

レストランTxubilloオーナー夫妻、助っ人シェフの皆様、有志のお給仕軍団の方々で 
とてもスムーズにさばいていかれていました。お見事でした 。

当日は「募金活動」はしなかったものの、「おつりはいらない」 という人や
「これは募金に」と言ってくださる人もかなりいて、物販、バル、チャリティーランチの売り上げも合わせて
かなりの額が集まったと予想されます。そのうち集計報告があると思います。 

集まった支援金が早く何かの役に立つことを皆願っています。 

今回のイベントは2週間弱で決行されたわけですが、発起人のOscarやInigoの行動力と
Txubilloオーナーご夫妻のコーディネート 
名前をお一人ずつ挙げられませんが、当日はもちろん準備段階から奔走された方々のがんばり(脱帽です)で 
大成功のうちにお開きとなりました。

私は一部参加ということで、自分の目に見えたところしか書いていませんが 
きっとここまでたどり着くのに数々のエピソードがあったと思います。 

参加された方々、本当にお疲れさまでした、ありがとうございました。 


当日、日本人の奥様方は着物・浴衣姿でかいがいしく動いてらっしゃいました。

友人と私は、伝統的な装いとは対極のロリータ服でお手伝いしました。 

「それは日本の伝統衣装?」とか「それは日本で売ってるの?」とか 
接客中に聞かれれば「ロリータファッション」について説明していたのですが 

Donostia ´pone´ para Japon 
http://www.diariovasco.com/v/20110411/al-dia-local/donostia-pone-para-japon-20110411.html 

翌日の地元紙には、私のことは「caseraの装いで参加」と書いてあって大笑い。 

caseraって直訳すると「農婦」ですよ(苦笑)

まいったなぁ。 

白いブラウス+柄物のスカート+ペチコート+白いハイソックス 

確かにこちらの民族衣装caseraもそのコーディネートではありますが。 

日本テイストとバスクテイストが融合(?)したチャリティーイベント
この日広場に立ち寄って和やかにご協力下さった地元の方々にも感謝致します。
ありがとうございました。

Queremos agradecer 
a todas las personas que participaron
y que vinieron a la plaza y la comida.

Muchicimas gracias!!

追記

集まった義援金総額から経費を差し引いた10.037,77ユーロは
4月28日付けで日本大使館の専用口座(日本赤十字社宛)へ送金されました。


vascojaponeses-p



Comida de Solidaridad con Japón en San Sebastian / がんばれ日本イベント

3e3882cc.jpg

Este domingo se va a organizar una comida muy especial en San Sebastián.

Posteriormente hay una TXISTORRADA en la plaza TXALUPAGILLENE.

Su beneficio se va a donar a los afectados del terremoto y el tsunami a través de la Embajada de Japón en Madrid.

Cocina por los Sres.Karube del Restaurante Txubillo más Mini Concierto de Nanako Imai y sus amigos. 

 Día y Hora : 10 de Abril (domingo) a las 14:00

 Lugar : Sociedad Baso-Etxea (Barrio de Antiguo)

            C/ Juan de Garai 4, 20008 San Sebastián

  (El día de la comida, se pondrá una indicación en la calle Matia)


MENÚ

 Aperitivo

 Tataki de Atún

 Sopa de Miso con Mejillones y Berberechos

 Merluza al Horno

 Solomillo con Salsa Genghis Khan

 Postre (Tarta de Manzana o Brownie)

 Café y Copa

 *Sujeto a posibles cambios de algunos platos.

 Precio : 50 euros

 
Información y Reserva : Restaurante Txubillo

                                       Tel. 943 211138


来る4月10日(日曜日)サン・セバスチャンにてがんばれ日本イベント及び食事会が開かれます。

食事会の前には、TXALUPAGILLENE広場にて支援バザー(Tシャツ・バッヂ他の販売)や
TXISTORRADA(チストラや樽入りシドラの出店)などが催されます。

日時 4月10日 日曜日
時間 イベント 11時頃より
食事会 14時頃より

このイベントの利益は在スペイン日本大使館を通じて日本赤十字社に送られます。

チャリティランチは、レストランTXUBILLOの苅部夫妻が担当されています。

今井菜々子夫妻とご友人によるコンサートも。

ランチメニュー

食前酒

マグロのたたき

味噌汁(ムール貝、ベルベレチョ貝)

メルルーサのオーブン焼き

サーロインステーキ ジンギスカンソース

デザート(りんごのケーキまたはブラウニー)

コーヒー、食後酒

メニューの内容は、若干変更になることがございます。

料金:50ユーロ

お申し込みは直接TXUBILLOまで。
943211138


手をとりあって

3月30日(水)
サン・セバスチャン市主催の東日本大震災被災者支援コンサートに出かけてきました。

コンサート前に近くの広場で募金活動をするということでまずそちらへ。

土曜の午後なら人込みでごった返すような旧市街横のブールバードも
平日というのと、あいにくの小雨で人通りもまばら。
近づくとさーーっと逃げていく人や、わざわざ悪態をついていく人もいれば
立ち止まってじわーっと寄って来てそっとお金を入れてくれたり
「コニチワ~」と満面の笑みでやってきた人もいたり。

時間になったのでコンサート会場である市役所の議場へ移動。
既にたくさんの人で埋まっていました。

市の音楽院の生徒達によるコンサートは、まず「Canción de Samurai(サムライの歌)」
で始まるという。さてどんな歌だろう?と思っていたら
「黒田節」のピアノ演奏でした。

黒田節は、福岡県の民謡で戦前は「黒田武士」のタイトルで広まってたらしいです。

その後はバスクの歌などが続き、クラリネットのグループの演奏があり
ギターのグループはGreen Dayの「Wake Me Up When September Ends」
を演奏してくれました。

そしてコンサートの最後はピアノ+ギター+合唱。

サン・セバスチャンの子供達が澄んだ声できれいな日本語の発音で歌い始めたのがこの曲で
私は胸が一杯になりました。

【赤い花 白い花 / ダ・カーポ】
 

私は後方の端っこに座ってたので見えなかったのですが、お友達サスピさんのお話では
クラリネットのグループの子達はみんな日の丸柄の白いTシャツを着てたそうで
急に決まったコンサートということで赤く切った丸い布を絆創膏で白いTシャツに貼ったもの
だったそうです。

サスピさんのブログ「イルンに居るんです」で紹介してあるそのTシャツのレプリカw
とても可愛いです。

関わってくださったみなさまに感謝、ありがとうございました。

ちなみに募金は計1894,62ユーロ集まったそうです。
2時間半で、平日でそれだけ集まったというのは嬉しい結果ですね。

義援金は在住日本人有志代表の方が在スペイン日本大使館の専用口座(Sabadell銀行)へ
入金されました。

当日のコンサートの模様(写真付き)と共に銀行口座への振込み証明の写真を
ブログ「美食倶楽部」に掲載されています。 


4月2日(土)はサン・セバスチャンで日本関連のクラブイベントがあるので
先日Facebook用アプリで作ったバッヂ(実物)を持って行って販売させていただきます。

【Gabon Japón】 イベント

【Picbadge Hand In Hand For Japan】 バッヂ


現在バッヂはビルバオ市にある日本雑貨ショップ「AKARI」店頭と
ゲルニカの日本食レストラン「IKEGUTXI」にて販売されています。

今後も取り扱い店の追加と日本関連イベント会場での販売を予定しています。 

売上は全てSVJ日本バスク友好会を経由しまして支援金として被災地へ送金されます。

【手をとりあって / Queen】
 
 
livedoor プロフィール



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


ランキングに参加しています。
ポチッと押してくださったら嬉しいです(❛◡❛)
ギャラリー
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 3月号「幻のバスク豚に会いに」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 2月号「バスクのディープなる美食ワールドを探訪」
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ1月号「体で覚えるバスク文化!」ほか
  • バスクより新年のご挨拶
  • バスクより新年のご挨拶
  • 植松良枝さんのバスクバルレシピブック BASQUE BAR RECIPE BOOK: スペインバスクの美食の地サン・セバスチャンへ。
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
  • Urte berri on!! 2016年もよろしくお願いいたします。
  • 秋色に染まるバスクの街
  • 秋色に染まるバスクの街
  • 秋色に染まるバスクの街
  • 秋色に染まるバスクの街
  • 秋色に染まるバスクの街
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ