チキ便り~バスク地方のとある街より

スペイン北部からフランス南西部に広がるバスク地方から発信しています

サン・セバスチャン

サン・セバスチャンの夏祭りセマナ・グランデと花火コンクール 1

花火1

スペイン語でセマナ・グランデ(Semana Grande)バスク語でアステ・ナグシア(Aste Nagusia)というお祭りが
今年も8月10日(土)から17日(土)までサン・セバスチャンで開催されています。

期間中は移動遊園地が設置されたり街のあちこちでコンサートや各種イベントが行われていますが
なんといってもこのお祭りのメインはラ・コンチャ湾での花火コンクール
毎晩22:45から始まり、バスクのローカル局が中継しています。

花火の前に賑やかな街の中を散策してみましょう。旧市街が一番盛り上がっています。

P8121715

前の記事にも登場した「巨人達」ヒガンテス(Gigantes)今日は7体程集まっていました。

P8121717

P8121721

バスクベレーを被った漁師の巨人もいます。巨人達はおいしいピンチョスが食べられるバルが特に密集
していることで有名なフェルミン・カルベトン通りに入っていってます。
ちょうどこの辺りでピンチョスを食べようと思ってたのですが、今この通りに入ると身動きが取れなく
なりそうだったので、別の通りへ行くことにしました。

P8121724

8月31日通りにあるバル、ラ・セパ(La Cepa)で。
トルティーリャ・デ・バカラオ、鱈のオムレツです。中身がトロリとしているほどおいしい一品。

混雑を避けてこの通りに来たのですが、、、

P8121725

外はさっきの巨人達と、それを見物する人達で大混雑!

P8121726

どうやら礼拝堂前がパレードの終点のようです。

P8121728

バスクの笛チストゥ(Txistu)の楽隊

P8121731

8月31日通り、C/ 31 de Agosto が人で埋まっています。

写真右に見える黒いオーニング(日除け)がある店は斬新なピンチョスが有名なフエゴ・ネグロです。

P8121737

サンタ・マリア教会前にあるバル(写真では左手の街灯がついている所)も色んなピンチョスが食べられる
おすすめバルで、価格も庶民的です。

P8121733

カウンターに所狭しと並んだピンチョス、手を伸ばしてまさに取ろうとしている人が。

P8121734

アンチョビーが乗っているピンチョスが人気のようでだいぶ減っていますね。

P8121736

生ハムのミニ・ボカディージョ、おいしそうです!

P8121735

茄子の天ぷらのようなものと生ハム・チーズを重ねたピンチョス、ビールに合います。

花火を見物するのに良さそうな場所があるか、港のほうへ見に行ってみました。

P8121739

港横の広場にステージが設置されてコンサートの真っ最中でした。
どこに行っても人、人、人。

P8121741

遊覧船です。花火を海上から観ながら1時間半のクルーズ。1人16ユーロだそう。

P8121742

P8121745

午後から雲が出て、21時頃から深夜にかけて雷雨予報が出ていましたがなんとか降らずに済みました。

P8121746

この界隈にはシーフードレストランが何軒も並んでいます。

長くなりますので、記事を分けて書きますね。夜景と花火は次回へ。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ



ジオラマ風に撮影されたサン・セバスチャンの動画

ジオラマ、ミニチュア風に見えるように撮影されたサン・セバスチャンの街、なんだか可愛らしく見えますね。

できればフルスクリーン(全画面)表示でご覧になってみてください。

Mikropolis Donostia from Barking Blogs on Vimeo.


これからホリデーシーズンに入りサン・セバスチャンの街もまたたくさんの観光客で賑やかになります。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

夜の街角 バイヨンヌとサン・セバスチャン

PB020014

先週末冬時間に移行して日暮れの時間が一気に早くなりました。

この日は日本からのお客様とフランス・バスクのバイヨンヌに昼食後出かけたのですが
ちょっと散策しているうちに夜になってしまいました。

PB020017

夜19時にはどこの店も一斉に店仕舞いをして、人影が通りから消えてしまいます。

PB020019

ここはバイヨンヌの旧市街の中心部、サント・マリ大聖堂前の広場なのですが金曜の夜でも
この時間はこのように閑散としています。

PB020020

いかにも物寂しい秋のヨーロッパの風情です、が、スペイン側の同時間帯は、、、

PB020026

1時間後くらいのサン・セバスチャンの旧市街です。

PB020028

まだまだ夜はこれから。連休中ということもあって大賑わいです。

PB020029

特にバルの密集度が高い有名なフェルミン・カルベトン通り

それと平行するCalle del Treinta y Uno de Agosto(8月31日通り)にある大人気店
La Cuchara De San Telmoは、満員電車並みの混雑ぶりでした。

ぎゅうぎゅうの店内でカウンターに辿り着いて注文をするのはなかなか大変なミッションです。

このバルでの大人気ピンチョス、キノコのリゾット、イカ墨のリゾット、子牛の頬肉の煮込みなどの
人気メニューが目の前で運ばれていってましたが、その日はタコの焼きものを頼んでみました。

PB020023

シンプルな味付けで、付け合せのキャベツの炒め物が良く合っていて
冷えた辛口のチャコリ(バスクの白ワイン)の肴にピッタリでした。

前日の大雨とうって変わってこの日は天気も良く南風が吹いて暖かく、サン・セバスチャンの旧市街を
そぞろ歩くにはうってつけの夜でした。

La Cuchara De San Telmo

Calle del Treinta y Uno de Agosto, 28
20003 Donostia-San Sebastián


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

サン・セバスチャンでお寿司 KenKo Sushi

KenKo Sushi Donosti

サン・セバスチャンのサン・マルティンマーケットの中に持ち帰り寿司のお店「Kenko Sushi」
がオープンしました。

このエリアはブエン・パストール大聖堂を中心にした繁華街で、以前からサン・マルティン市場として
界隈のサン・セバスチャン市民の台所として栄えた場所ですが、近年改装されてZARAや
fnacやThe Body Shop他の店舗が入った総合ショッピングセンター+食材を販売するマーケット
に生まれ変わっています。

Kenko Sushi  Donosti logo

そのサン・マルティンマーケットの中に、サン・セバスチャン在住の料理人高橋健二さんと奥様が
寿司ショップを開店されたということで、近隣在住の日本人や現地の寿司ファンの人達は
大喜びといったところです。

ショップ名のKenKoは日本語の「健康」からとったそうです。
周りの人達は皆オーナーの健二さんの名前が由来だと思っていたのですが(笑)

旬の新鮮な素材のそれぞれの良さを引き出しながら、和食の調理法に則って健康に良いものを
提供して現地の人達にもお寿司のおいしさを味わってもらいたいというのが願いだそうです。

kenko  sushi donosti

バスク地方、サン・セバスチャンは既に美食の街として知られている通り新鮮なネタは豊富に
手に入れることができるのが利点です。

既存のものを大事にし過ぎて食に関してはかなり保守的な地元の人達の間に浸透すること
お店を継続して運営していくことは大変な労力が必要だと思いますが
健康食に関心のある人は年々増えてきているのでこれからの発展を願うばかりです。

sushi

先日近くに行く用事があったので、さっそく、、、この日は握りばかり注文してしまいましたw

とてもおいしかったです、ごちそうさまでした。

Kenko Sushi

    Mercado de San Martin, Planta Calle(サン・マルティンマーケット1階)
    Donostia/San Sebastian

 Telefono(電話)
    943 537 527

 Horario(営業時間)
    De 8.00 a 20.00(sushi De 10.30 a 20.00) 寿司販売は10.30 から 20.00まで

 Cerrado Domingo y Festivos(日・祝日休み)

http://www.kenkosushi.es/

http://www.facebook.com/pages/KenKo-Sushi-Donosti/

DSC_0986

ライトアップされたブエン・パストール大聖堂 下はパーキングになっています。
(マーケットの地下にもパーキングがあります)


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

サン・セバスチャンの夏祭り

donostia-aste-nagusi
8月11日(土)から18日(土)までの一週間、サン・セバスチャン市では夏祭り
アステ・ナグシア(ASTE NAGUSIAバスク語) セマナ・グランデ(SEMANA GRANDEスペイン語)が
開催されています。

今年のポスターは、サン・セバスチャンのシンボル・カラーのブルーで、バーコード風に
ラ・コンチャ湾をデザインしたなかなか素敵なものになっています。

小さなイラストがいくつかのっていますが、左からイゲルド山の塔、チリダのモニュメント「風の櫛」
夏祭り名物の花火大会、そして花火を見ながら食べるのがお約束のアイス(笑)
ウルグル山のキリスト像、クルサール国際会議場、サグエス広場でのフリーコンサート(♪)
というふうにサン・セバスチャンやフィエスタのシンボル的なものがモチーフになっています。

左端の崖のぼりをしてるのだけ、意味がわからないんですが、、

DSC_0402
  撮影:Ayumi Aguirre

旧市街とグロス地区を結ぶスリオラ橋も大混雑です。

DSC_0404

クルサール国際会議場、スペイン語ではLa Quincena Musical de San Sebastianという文字が
浮かび上がっていますが、毎年8月この会場を中心にクラシック音楽祭が開催されています。

セマナ・グランデの夏祭り中は連日昼夜色々なイベントが市内で行われています。

プログラム
http://www.semanagrande.com/programa

大勢の人達がラ・コンチャ界隈を埋め尽くす花火大会は毎晩22:45から行われています。

P8170036

P8170038


そして子供連れや若い子達が出かけていくのが移動遊園地。

DSC_0453

日本のテーマパークや小さな遊園地からすると、とても小規模で古臭い施設ですが
夏祭り期間中しか無いものなのでけっこうな人がやってきます。

DSC_0437

けっこうな速さで回る観覧車、ちょっと怖そうですw

DSC_0448

上下に揺すられながらぐるぐる振り回される「SKATER」

DSC_0447

急降下しながら大回転する「ALCATRAZ」乗ってるところは檻ですね(笑)

DSC_0455

そして移動遊園地の横にセットになってあるのが

DSC_0441

チュロス屋(油の匂いがするので、場所はすぐわかりますw)

フライドポテトやポテトチップスなど他の揚げ物も売っています。

道路に散らばっている赤い紙は、隣の出店でやっているくじ引きでしょう。

自転車も景品なんでしょうね。

こういうレトロな夏祭り風景は昔からほぼ変わっていません。
流れるBGMは少しずつその年の流行に合わせて変わって行きますが。

サン・セバスチャン市の夏祭りが終わると同時にビルバオの夏祭りが始まります。



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

サン・セバスチャン ジャズフェスティバル Donostiako Jazzaldia 2012

P7190134

今年もサン・セバスチャン市で7月19日から23日までジャズフェスティバルが開催されました。

HP
http://www.heinekenjazzaldia.com/es/

出演者リスト
http://www.heinekenjazzaldia.com/es/artistas/

P7190141

グロス地区や旧市街を中心に市内のあちこちに設置されたステージで、世界中から集まった
ミュージシャン達が奏でる音楽を楽しむことが気軽に楽しめるということで
今年も多くの人達でにぎわいました。

P7190135

グロス地区のスリオラビーチ

P7190136

これは21時過ぎに撮った写真です。この日の日の入りは21時半頃でした。

P7190138

こんな日に飲みたくなるのはモヒート

P7190139

そろそろ日が暮れてきました。向こうに見えるのはウルグル山。その向こうがラ・コンチャ湾です。

P7190140

スリオラビーチに設置されたグリーン・ステージでは、開催期間中21:30と0:30から
それぞれ1アーティストが出演するフリーコンサートが観られます。

P7190143

この日(19日)の目当てはAlabama Shakesでした。ちょっと前までこの程度に
人もまばらだったビーチが開演間際にはぎっしりと人で埋まってしまいました。

P7190147

時間通りにブリトニーとメンバー登場です。

P7190149

汗びっしょりになって熱唱するブリトニー
CDでは味わえないパワーを間近に感じられてとても良いライブでした。





にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ




サン・セバスチャンの文化イベントRompeolasに今年も参加しました

P5130007-p

5月11日(金)から13日(日)まで、今年もサン・セバスチャン市で「Rompeolas」という
全市民参加型の文化イベントが開催されました。

http://olatutalka.eu/es



今年もギプスコア広場の一角にスペースを提供していただき、近隣の日本人有志の方々と
そのご家族・ご友人の皆さまと参加致しました。

こちらは去年の様子です

dia-japon1-p
  撮影:Oscar Iglesias

合気道の模範演技も披露されました。

この写真の中で、テントから渡した紐に下がっている四角いものは
東北震災・津波被害の報道写真展を企画・実行されたMADRIDの有志の方々からお借りしたものです。

先々ビルバオ市でも写真展を開催できるよう、現在申請・交渉中です。

dia-japon2-p
  撮影:Oscar Iglesias

「お名前を漢字で書きます」コーナーはいつも大人気です。

P5130005-p
折り紙コーナーもずっと人が絶えませんでした。

P5130006-p
Kukuxumusu+日本バスク友好会コラボの福島漁連支援Tシャツ、バッジ販売コーナー

P5130016-p
日本の童話をバスク語、スペイン語で紙芝居

この後、この畳スペースは小さな子供達が遊んだり、寝転がったりと憩いのスペースに
なっていました。

日曜日の午前11時からランチタイム前の14時頃までは、地元の人々の散策タイムで
このイベント目的の人達や、たまたま通りがかった人達で界隈は賑わいました。

合気道、書道コーナー、折り紙コーナー、紙芝居などを楽しんだ後に募金して下さった方々も
大勢いらっしゃいました。


そして当日の集計結果は、Tシャツ・バッジ販売+募金で707,96ユーロになりました。

今回も大勢の皆様のご参加ご協力をいただきまして誠にありがとうございました。

前回同様に義援金として日本バスク友好会より福島漁連宛に送金致します。

Queremos agradecer a todas las personas que participaron
y que vinieron a La Plaza de Guipuzcoa.
Muchicimas gracias !!

La Sociedad Vasco Japonesa entregara toda la recaudacion
a la cofradia de los pescadores de Fukushima.


P5130001-p
アクティビティを行ったのは、このギプスコア広場と奥の建物の間のスペースです。

左下の新緑がきれいな木は桜です。春にはきれいな花が楽しめます。

P5130002-p
サン・セバスチャンの街の真ん中にある緑溢れる静かな憩いの場です。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

秋晴れのサン・セバスチャン

donostia-p
 撮影:細見聡子さん

普段は雨天・曇天が多いバスク地方ですが、9月から10月にかけて奇跡のように晴天日が続いています。
気温は20℃前後、湿度も普段より低く爽やかです。

異常気象とも言えるかもしれませんが、7月がずっと雨続きだった分バスクの人達は今の好気候を
満喫するために散歩やアウトドアのアクティビティを楽しんでいます。

お友達が週末サン・セバスチャンにハイキングに行かれた時撮影された写真がとてもきれいで
この位置・角度から撮影されたものは少ないので、お願いしてこちらに掲載させていただきました。

ご覧の通り、写っているのはラ・コンチャ湾、浮かんでいるのはサンタ・クララ島です。
向こうに見えるのがイゲルド山。

展望台があるイゲルド山からの眺めはお馴染みだと思いますが、すでにサン・セバスチャンに何度か
いらしてイゲルド山にも上ったことがある方は、次回はこちら側のウルグル山から街を見下ろして
みられてはいかがでしょうか。

港に隣接している水族館の近くから小道を上って行けるそうです。

ハイキングをしてお腹がすいたら旧市街でピンチョスのはしごを、またはしっかりご飯を食べた後に
腹ごなしにハイキングでもいいですよね。

ウルグル山は、下の地図では「Paseo Nuevo / Berria Pasealekua」と「Paceo del Muelle」に囲まれた
ところです。


Ver mapa más grande

↑地図をもっと大きめにご覧になりたい場合はこちらをクリックして下さい


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

第59回サン・セバスチャン映画祭で是枝監督の「奇跡」を見る

zinemaldia

FESTIVAL DE CINE SAN SEBASTIAN / DONOSTIA ZINEMALDIA

http://www.sansebastianfestival.com/es/(スペイン語)

http://www.sansebastianfestival.com/in/(英語)

zinemaldia1


今年も9月16日(金)から24日(土)までサン・セバスチャン国際映画祭が開催されました。
(このブログを書いている時点ではまだ受賞内容は発表されていません)

是枝裕和監督『奇跡』が第59回サンセバスチャン国際映画祭コンペティション部門で現地時間20日に
メイン会場のKursaal国際会議場で上映され、是枝監督と主演のまえだまえだコンビが会場入り
前田兄弟は紋付袴姿で観衆の注目の的になっていました。

シネマトゥデイの記事
http://www.cinematoday.jp/page/N0035561

映画祭サイト内での紹介ページ
http://www.sansebastianfestival.com/in/pelicula.php?ano=2011&codigo=590078




前田兄弟が演じる二人もそれぞれの友人達である子ども達の生き生きとしたした姿と純粋な気持ち
それを優しく見守る周りの大人達との関わり方、映像の美しさ、バックで流れる音楽、、、
見ている時も見終わった後も穏やかな気持ちに包まれました。

1800人収容の会場は満員で大盛況で、上映終了時には満場から拍手が沸き起こり
会場を出る是枝監督と前田兄弟はその拍手と大観衆に見送られたのでした。

日本の家族や子どもたちの日常を描いた映画に興味を持ってもらえたり、感嘆の声があがったり
するのはうれしいものですね。

これを機会に日本映画がスペインでももっと気軽に一般の映画館でもロードショーで
観られる機会が増えればいいなと思います。



授賞式の模様は現地時間20:30より放映されます。

http://www.sansebastianfestival.com/es/tv_directo.php


【追記】

是枝監督の「奇跡」は、最優秀脚本賞を受賞されました。おめでとうございます


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

サン・セバスチャンの旧市街でがっつり食べたい時は

Dscf5434

 C/Mayor マヨール通り

日曜日の旧市街、縦横に交差する通りは大賑わい、BARやレストランも大混雑です。
主な通りはどっちを向いても似たような状況です。

Dscf5435

 C/ 31 de Agosto 31デ・アゴスト(8月31日)通り

最先端の内装や照明をあしらったモダンな三ツ星のレストランや
創作ピンチョスのような凝りに凝ったお料理を食べるのも楽しみですが

典型的なバスク料理を家庭的な雰囲気でがっつり食べてみたいという方におすすめの
BARレストランがこちらLa Viña(ラ・ビニャ)です。

Dscf5436

50年以上代々家族経営されているBARレストランで、いつも店内は人で一杯
この日はレガッタの後ということもあってテーブル席は当然空き待ち状態でした。

それでもなんとか席につき、まず居酒屋風に一度に何品か頼みました。

まずきたのはタコのガリシア風(Pulpo a la gallega)

Dscf5437

あら?典型的なバスク料理レストランをおすすめと冒頭に書いたのにいきなりガリシア風とは、、

でもバスク内のたいていのBARレストランにあるメニューなんですよね。

とにかく、当日の一行は全員タコが大好き
あっという間に一皿目は空っぽに、、、次のものに取り掛かりながらタコおかわり(笑)

クリームコロッケやムール貝のコロッケ風など続いた後に来たのは

Dscf5439

Chorizo a la sidra(チョリソのシドラ煮)

かなり汁が飛び散ってますが(苦笑)その日の店内はもの凄い喧騒で、ウェイターさんも
次から次へと注文をこなすのがやっとで汗びっしょりになって奮闘されてました。

そんな怒涛のランチタイムの締めはこれ

Dscf5440

ベイクドだけど舌触りはレアのような、、、こんな濃厚なチーズケーキ初めて食べました

もちろんこれもみんなでシェアしたんですけどね。

既に何回もリピートしているお友達が驚愕のレシピを教えてくれましたよ。

1ホール分/クリームチーズ1kg 卵7個 砂糖400g 小麦粉大さじ1 生クリーム500g 

La Viña は中に入ってすぐのスペースがBARスペース、カウンターに並んでいるピンチョスや
タコ、チョリソ、青唐辛子の素揚げ他色々の一品料理やこのチーズケースを手軽に食べられます。

奥はレストランスペースでメルルーサのグリーンソースやイカの墨煮、チュレタ(厚切り骨付きステーキ)
などバスクの郷土料理が色々楽しめます。


La Viña
C/ 31 de Agosto, 3  San Sebastian
Tel.943427495

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

ククシュムシュの福島漁連支援Tシャツ販売(サン・セバスチャンにて)

AC0RLAE2358_2_1CC0RLEJ2358_2_1

Kukuxumusu(ククシュムシュ)の福島漁連支援Tシャツ販売は、引き続き

・Kukuxumusuの実店舗、オンラインショップ(スペイン国内・海外発送有り)

日本バスク友好会(日本国内販売)

で行っておりますが、バスク地方内での独自のイベントや、関連イベント、街のフィエスタへの参加
などでも実地販売しています。

ラ・コンチャ湾でのレガッタ競技の日は、サン・セバスチャン市役所の裏手にスタンドを設置して
この支援Tシャツと、Kukuxumusuの創設者・作画デザイナーのミケル・ウルメネタ氏が
このプロジェクト用に描いて下さった魚モチーフのロゴを使った新バッジも販売しました。

chapas-logo

Dscf5421-p

市が運営するエコ推進キャンペーンのスタンドと共に、レガッタ競技が良く見える港へ向かう
ちょうど通り道に設置しましたので、大勢の人達の目に入ったのですが
何せ皆さん観戦が目的で来てらっしゃるので、場所取りのため急ぎ足(苦笑)

それは仕方ありませんね。
レガッタ競技が終わって、皆さんが戻って来る時に期待しましょうということに。

それでも、観戦用の入場券のために並んでいた人達や場所取りに焦っていない人達が
「これは何をしてるんですか?」と足を止めて話を聞いてくださったり

「KukuxumusuのTシャツだ!」とブランド効果がうかがえたり

「親戚の子が日本が好きだから」と言ってTシャツを買ってくださる方もいました。

Dscf5432

競技が終わってレガッタも撤収されていきます。

「何時までここにいますか?レガッタを観終わったら戻って来ますからね」
と言って去っていった男性も約束どおりスタンド撤収間際に戻って来てバッジをご購入下さいました。
事前の告知も何も無い飛び込み参加でしたが(市の許可はもちろんいただいてます)
興味を持って支援活動の話を聞いて下さった方々やTシャツ・バッジをご購入下さった方々に
感謝の気持ちでいっぱいです。

時間が経つにつれて、記憶や印象、関心が徐々に薄れていくのは仕方のないことですが
できることをできる時に続けて行こうと有志の方々と話しています。

当日は、Jさん親子、Mさんご夫婦とご一緒しました。

Dscf5419-p

さて、撤収時はすでにランチタイムに突入していました。

レガッタ当日は通常の日曜日よりさらに人出が多いので、昼ご飯をおいしく食べられる場所を
確保するのはなかなか過酷なミッションでした。

とりあえず旧市街へと繰り出しました。

つづく

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

ラ・コンチャ湾でのレガッタ競技(サン・セバスチャン)

Las regatas Bandera de la concha

306948_2389985315589_1429546631_32743053_320491130_n
撮影:Anatoly Senkiv

毎年9月の第一・第二日曜日にかけて開かれるラ・コンチャ湾でのレガッタ競技は
1879年からの長い歴史を持っています。2008年からは女子チームの競技も開始されました。

予選を勝ち抜いたバスク・カンタブリア・ガリシア地方の7チーム+サン・セバスチャンの1チーム
計8艇によって争われます。

ラ・コンチャ湾から外海に出る辺りがスタート地点で、外海に設置された折り返し地点との
往復を4艇ずつ2回に分けたレースでベストタイムを競います。

各地元に密着したチームの参加ということで、この日は参加チームの応援団が町をあげて
サン・セバスチャンに集結します。

各チーム毎に「旗」の色が赤、紫、緑、黄、紺、ピンク、、と決まっていて、お揃いでその色の
Tシャツを着ている人達も多く、遠目でもどこの応援団かが一目瞭然です。

Dscf5431

レースは正午に開始されます。
朝の早いうちからラ・コンチャ湾の周りには続々と人が集まってきます。

Dscf5423

ただ、レースは外海に向かって行われるので、ラ・コンチャのビーチやこの辺りでは

Dscf5425

Dscf5428-p

「湾内に浮かんでる船(審判や救護船や応援用も?)の数がいつもより多いな」程度に感じるだけで
レースの様子はほとんど見えません。

regatas1

もう少し奥の水族館がある辺りまで行けば様子がわかりそうです。

321014_2389986195611_1429546631_32743055_234228777_n
撮影:Anatoly Senkiv

遠景なのでわかりにくいですが、城壁の上にはずらりと観客が並んでいます。
少しでもよくレガッタを観ようと思ったら、早めにこのウルグル山に登って場所取りをする必要があります。

312147_2389987275638_1429546631_32743059_1458571609_n
撮影:Anatoly Senkiv

真ん中に小さく見えるのは、パサヘス・サンファン(ピンク)とオンダリビア(緑)のレガッタでしょう。

スクリーンが設置されているわけでもなく、応援団がぎゅう詰めで待機している狭い一角の
近くにいないと、いつレースが始まっていつ終わったのかもわからない状態でした。
レースそのものはTVの中継を自宅で見ているほうがより把握できます(苦笑)

308407_2389987755650_1429546631_32743061_588527490_n
撮影:Anatoly Senkiv

今年の優勝チームは、ビスカヤ県のUrdaibai(Bermeo)でした。

レースが終わりに近づくと、それまで外海で待機していた数多くの船がレガッタを追うように
汽笛を鳴らしながら一斉にラ・コンチャ湾に向かって行きます。

304781_2389990915729_1429546631_32743069_1165306262_n
撮影:Anatoly Senkiv

消防艇も景気付け(?)に水を噴射して優勝チームを祝います。

レースが終わるとちょうどランチタイムの時間帯。
ラ・コンチャ湾で観戦していた人達は、サン・セバスチャンの旧市街にどっとなだれ込んで行きます。

人々にとってこの日のお楽しみはまだまだこれから。

ブログの記事にもつづきがあります。

レガッタのドキュメンタリー動画






にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

サン・セバスチャンからビルバオへ

donostia-p

夜のサン・セバスチャン ウルメア川沿い

向こう側に見える大きな建物は五つ星ホテル・マリア・クリスティーナです。

土曜日、日曜日と今週末はバスク地方もこの夏一番の暑さでした。

土曜日はサン・セバスチャンの夏祭りセマナ・グランデAste Nagusiaの最終日でした。
ビーチも旧市街も新市街も人で一杯。

ブールバード通りには大道芸人があちこちでパフォーマンスを見せたり
Buen Pastor教会近くの通りではトレーラーでの移動式路上ライブがあったり
フィエスタ最終日を盛り上げていました。

Dscf5375-p

サン・セバスチャンのフィエスタが終わると、間髪入れずビルバオのセマナ・グランデが始まります。

8月20日(土)から8月27日(土)まで

http://www.astenagusia.com/

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

海辺のコンサート(サン・セバスチャン)

サン・セバスチャンの夏祭りが始まり、連日正午から真夜中まで、市内各地で色々なイベントが
開かれています。

メインは22:45からのラ・コンチャビーチでの花火大会ですが
23:45からグロスビーチの奥にあるSagüés広場での無料コンサートには
スペイン国内の人気アーティストが出演し、こちらも夏祭りの魅力的なアトラクションになっています。

コンサートプログラム
http://www.enterat.com/actualidad/especiales/2011/08/conciertos-semana-grande-donostia-2011.php

15日(月)の今夜登場するのは
MUCHACHITO BOMBO INFIERNO

軽やかなルンバのリズムがフィエスタにはピッタリです

La Noche de Los Gatos



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

8月のラ・コンチャ(サン・セバスチャン)

8月11日(水)のラ・コンチャビーチです。

la choncha

la concha-1a

la concha2a

la concha-2

la concha-3

la concha-4

サン・セバスチャンは8月13日(土)から8月20日(土)までセマナ・グランデ(Aste Nagusia)
夏祭りが開催されます。

期間中は連夜、花火大会やコンサートに大勢の人達がやってきます。

セマナ・グランデ・プログラム
http://www.semanagrande.com/

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

日曜日のサン・セバスティアン

今日は爽やかな晴天でそよ風の吹くとても気持ちの良い一日でした。
支援活動でサン・セバスティアンへ出かけてきたのですが、その様子は後日改めて。

DSC_3092-p
 撮影:Ayumi Aguirre

ギプスコア広場。後ろに見える建物はギプスコア県議会議事堂です。

この界隈は散歩する人達で賑わうところですが、天気がとても良かったので
今日はラ・コンチャビーチへ散歩コースを変えた人達も多かったようです。

DSC_3064-p

DSC_3088-p

まるで夏の一日のような過ごし方ができるこんな日があっても、天気が一転して雨になると
一気に気温が10℃以上下がることもあるので油断できません。

それだけ天候の変化が大きいので、晴れるとみんなこぞって外へ出かけるわけです。

SAN SEBASTIAN GASTRONOMIKA

d8b90b13.jpg


http://www.sansebastiangastronomika.com/

10年の歴史を誇る「SAN SEBASTIAN GASTRONOMIKA/世界料理サミット」が

今年も11月23日から25日まで開催されました。

今回は2日めの24日が「JAPAN DAY」というテーマで「日本の食」にスポットが
当てられ、数多くのプログラムが盛り込まれました。

日本からも服部栄養専門学校の服部幸應先生
京都・祇園の老舗料亭「菊乃井」の御主人村田吉弘さん
フードコーディネーターの結城摂子さん他
「食」に携わっていらっしゃる方々が多数参加されました。

終了後のデータ公表によりますと

一料理大会に計68個のミシュランの星が集結(その内12個は日本)。

7名の偉大なシェフとそのスタッフを含めた計35名の日本人料理人が
スペインに集まったのは初めての出来事。

およそ10.000人の関係者が参加。内訳は1.100人を越す本大会関係者、
およそ300人の展示関係者、400人以上のメディア関係者、600人以上の
料理専門学校関係者、他。

大会中に行われた各イベント、シェフによるデモンストレーションは
出席者多数で大盛況。

本大会は、5.000平米の敷地内におよそ130の展示ブースが参加
3日間の開催期間中10.000人以上が訪れた。

特別招待国である日本を讃えるために300本以上の酒が振舞われた。

バスクが誇る6名のシェフ イラリオ・アルベライツ、カルロス・アルギニャーノ
ファン・マリ・アルサック、マルティン・ベラサテギ、
アンドニ・ルイス・アドゥリス、ペドロ・スビハナ
が集まり製作委員会を結成、歴史的歓迎ディナーを初めて一同で共に調理した。

とのことで「大成功」と締めくくってあります。

和の食材の展示ブースも開設され、日本全国から集められた選りすぐりの
食材が紹介され、ブースを訪れたプロのシェフ達、料理関係者、一般の訪問者
全ての関心を引いて大賑わいでした。

affa0dfe.jpg


美味サライ(小学館)の展示ブース

8bb6937d.jpg


厳選された食材で料理のデモンストレーション中の奥田シェフ(レストラン アル・ケッチァーノ)

TVE(スペイン国営放送)のリポーターも取材にやって来ました。

d3c677ac.jpg


服部先生と菊乃井のご主人村田さん

晴れの日のサン・セバスチャン

いったい何日雨・曇りの日が続いたかわからなくなるほど
天気が悪かったのですが、28日(木)は久しぶりに朝から快晴太陽

バスクに住んでいる人は、待ち望んでいたように外に出かけたのでは
と思います。

アップしているのは、ちょっと前の晴天の日に撮ったものですが
今日のサン・セバスチャン、ラ・コンチャもこんな感じだったと思います。

d7a79aa2.jpg


晴れの日と雨の日では景色に雲泥の差が出てしまいます。
海の色も晴れの日は限りなく青く、雨の日はどんより灰色。

05057ff7.jpg


この写真を撮った時はたまたま誰もいませんでしたが、いつもここには
日向ぼっこしたり、のんびりおしゃべりする友達同士やカップルが
たくさん座りこんでいます。

a249068d.jpg


太陽の光に照らされて、透き通った水が綺麗です。

e24f6874.jpg


サン・セバスチャンの港


4cfd7e7e.jpg


天気が良い日は、やっぱりイゲルド山にのぼって街を一望したくなります。

サン・セバスチャン ホラー&ファンタジー映画祭

第19回サン・セバスチャン ホラー&ファンタジー映画祭

XIX Semana de Cine Fantastico y de Terror

http://www.donostiakultura.com/terror/2008/

d2c0525e.jpg


今年も10月31日(金)から11月8日(土)まで開催されています。

邦画3本の上映と日本のアニメ特集もあります。

11月4日(火)には今夏公開された「20世紀少年」が上映されるので

見に行く予定です。

楽しみ?音符

サン・セバスチャン国際映画祭

今年も9月18日(木)から9月27日(土)まで
第56回サン・セバスチャン国際映画祭が行われます。

392f2910.jpg


公式サイト
http://www.sansebastianfestival.com/

今回、コンペ部門に公式招待されている作品の中には

-是枝裕和監督作品「歩いても 歩いても」(日本)
 [出演]阿部寛 夏川結衣 YOU 樹木希林

-キム・ギドク監督作品 「Bi-mong(悲夢)」(韓国)
 [出演]オダギリ・ジョー イ・ナヨン

なども含まれ、また

フィルム・ノワールと呼ばれる犯罪を題材にしたジャンルの
邦画全40作品も特別上映されます。

bafb805b.jpg


・忠治旅日記(1927)伊藤大輔

・御誂次郎吉格子(1931)伊藤大輔

・警察官(1933)内田吐夢

・非常線の女(1933)小津安二郎

・野良犬(1949)黒澤明

・彼奴を逃がすな(1956)鈴木英夫

・張込み(1958)野村芳太郎

・果てしなき欲望(1958)今村昌平

・からっ風野郎(1960)増村保造

・太陽の墓場(1960)大島渚

・暗黒街の対決(1960)岡本喜八

・白昼の無頼漢(1961)深作欣二

・豚と軍艦(1961)今村昌平

・ゼロの焦点(1961)野村芳太郎

・天国と地獄(1963)黒澤明

・人生劇場 飛車角(1963)沢島忠

・野獣の青春(1963)鈴木清順

・乾いた花(1964)篠田正浩

・網走番外地(1965)石井輝男

・昭和残侠伝(1965)佐伯清

・893愚連隊(1966)中島貞夫

・拳銃(コルト)は俺のパスポート(1967)野村孝

・博奕打ち 総長賭博(1968)山下耕作

・燃えつきた地図(1968)勅使河原宏

・みな殺しの霊歌(1968)加藤泰

・新宿マッド(1970)若松孝二

・野良猫ロック(1970)長谷部安春

・関東緋桜一家(1972)マキノ雅弘

・女囚701号 さそり(1972)伊藤俊也

・仁義なき戦い(1973)深作欣二

・仁義の墓場(1975)深作欣二

・犬神家の一族(1977)市川崑

・太陽を盗んだ男(1979)長谷川和彦

・野獣死すべし(1980)村川透

・極道の妻たち(1986)五社英雄

・その男、凶暴につき(1989)北野武

・我が人生最悪の時(1993)林海象

・GONIN(1995)石井隆

・鬼火(1996)望月六郎

・極道黒社会 RAINY DOG(1996)三池崇史

・修羅の極道・蛇の道(1998)黒沢 清

・バレット・バレエ(1999)塚本晋也

・金融腐食列島 呪縛(1998)原田眞人
プロフィール

rika_txiki




にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


ランキングに参加しています。
ポチッと押してくださったら嬉しいです(❛◡❛)
最新記事
ギャラリー
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • MUJI BGM 22 Basque 無印良品のBGMシリーズ。 新作「22」はバスクがテーマ
  • MUJI BGM 22 Basque 無印良品のBGMシリーズ。 新作「22」はバスクがテーマ
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 3月号「幻のバスク豚に会いに」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 2月号「バスクのディープなる美食ワールドを探訪」
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ1月号「体で覚えるバスク文化!」ほか
  • バスクより新年のご挨拶
  • バスクより新年のご挨拶
  • 植松良枝さんのバスクバルレシピブック BASQUE BAR RECIPE BOOK: スペインバスクの美食の地サン・セバスチャンへ。
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ