cherry-p

6月のバスクといえばさくらんぼの季節です
今が正に旬なのです。

フランス側バスクのItxassou(イッツァス村)は黒さくらんぼの産地として有名で
毎年この時期にさくらんぼ祭りが開かれます。

スペイン側バスクでは特にさくらんぼ栽培に力を入れている街もなくイベントもありませんが
幸いこの時期においしいさくらんぼのお裾分けにありつけるのでそれが楽しみ

camino

常に緑豊かなバスク地方ですが、今の時期は特にご覧の通り辺り一面緑に覆い尽くされています。

春にきれいな花を咲かせ、たくさんの実をつけても、一日大雨や雹が降ってしまえば
さくらんぼは台無しになってしまいます。

cherry-tree2

今年は幸い好天が続いて、実が熟すまでに雹も降らずに済んだのでご覧の通り大豊作です。
少しくらい野鳥に食べられても平気です。

このさくらんぼの品種名がわかりませんが、甘みの強い濃厚な味の黒さくらんぼと比べると
少し甘酸っぱく爽やかな味がします。

さくらんぼの季節が短いのと同様、摘んだ後は痛まないうちに早く食べないといけません。
その日の朝に摘んで箱に入れられていたさくらんぼより、幹にかけた梯子に上ってその場で摘んだ
さくらんぼのほうが遥かに美味しかったです。

cherry-p3

自然の恵み、太陽の恵み。

Dscf5204-p

さくらんぼが終われば杏、梨、イチヂク、キーウィ、葡萄、レモン、オレンジが後に続きます。

manzana-p

小ぶりなりんごは既に少し色付いていました。
秋に実るシドラ用の品種ではないのでしょうね。