チキ便り~バスク地方のとある街より

スペイン北部からフランス南西部に広がるバスク地方から発信しています

バイヨンヌ

バイヨンヌのレストラン La table de Pottoka

PicMonkey Collage table

フランスバスクの街バイヨンヌの旧市街の間を流れるニーブ川沿いにはカフェやレストランが
いくつも並んでいます。その中の1軒 La table de Pottoka をご紹介。

IMG_20151012_232630

パリのエッフェル塔近くのエリアに「Potokka」というバスク風フレンチレストランを営むシェフ
Sébastien Gravé が出身地のバイヨンヌに今年の9月7日にオープンしたビストロ式の
カジュアルレストランです。

IMG_20151013_000332

食事をしにくる人達が料理や仲間と過ごす時間を楽しめるようにというシェフの意向が盛り込まれた
シンプルな内装とカジュアルな雰囲気、フレンドリーな接客がとても居心地良い空間で
肝心のお料理も洗練されていて味良し・見た目良し、日替わりメニュー価格も20~35ユーロで
設定されていて、コストパフォーマンスがとても良いと思います。

「Potokka」はバスク固有種のポニーの呼称ですが、バイヨンヌやビアリッツなどフランスバスクは
ラグビーが盛んな土地柄で、バイヨンヌのラグビーチームのマスコットが「Potokka」で
シェフはラグビーファンというのが名前の由来のようです。

IMG_20151012_232912

満員だったのでカウンター席へ
キッチンに続く窓から若いスタッフの方達がきびきびと作業するのが見えました。

IMG_20151012_233419

前菜の前のアペリティフ
チーズムースと胡瓜味のソース、酸味のあるさっぱりした味でした。

IMG_20151012_233720

Mariné de saumon Royal, aïoli blanc, pickles et kumquats confits

前菜のひとつ
ロイヤルサーモンのマリネ、アリオリソースと金柑のコンフィ添え

IMG_20151012_234230

Ttoro en gelée fine sur rouille, glace huître et finger sardine

前菜のひとつ
鯖を魚スープのゼリーでよせて牡蠣のアイスを乗せたもの、プレートには鰯のフィンガープディングも
添えてあります。

新体験の味覚でした。さっぱりして美味しかったです。

他のお料理はこちらのFacebookページでご覧下さい。


この川沿いには数多くのレストラン、ビストロが並んでいますので勘を頼りにどこかの店に飛び込んでみて
「当り」だと嬉しいというのも旅の醍醐味ですが(今回そうだったんですが・笑)
「選んでいる時間が無い」「迷わず当りの所で食べたい」という方にはおすすめの店です。

この日もこのレストランは満員でしたので、予約をされるか開店時間間もなく行かれることをおすすめしますが、フランスのレストランにしてはランチタイムに多少入店時間が遅めでも断られないようですのでしばらく待てば
入れると思います。

http://pottoka.fr/la-table-de-pottoka-bayonne/

La table de Pottoka

21, Quai du Bourdieu
64100 BAYONNE
05 59 46 14 94


【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

晴れの日のBayonne(バイヨンヌ・フランスバスク)散策 その2

P5040326

バイヨンヌの旧市街に行く時はいつもこのパスツール広場(Place Pasteur)を拠点にします。
目印になるサント・マリー大聖堂があるこの広場から四方に小さな通りが広がっていて
色々なお店が立ち並んでいます。

誰かと別行動になってもここで待ち合わせればまず迷うことはありません。

P5040329

ここは以前の記事に夜の写真を載せた広場です。昼と夜ではずいぶんと印象が変わりますね。

良く立ち寄るクレープ・レストランもすぐ近くにあります。

P5040322

カラフルで可愛い雑貨屋さん、ウィンドーショッピングも楽しい。

P5040320

きれいなクッションですね。

P5040321

こういうお店にはつい引き寄せられますw

P5040325

バスクの十字架ラウブル(フランスではローブリュー)モチーフの商品が数多く販売されているのを見ました。
こんなカラフルなステッカー、食器、生活雑貨、衣料品などなど。

スペイン側にもラウブルモチーフのおみやげは少しありますが、フランスもののほうが断然可愛いのです。
フランス人のほうが対外的に物の売り方が上手いなと、こんなところでも実感させられますね。

P5040319

昼間からご機嫌なおじさん達、バルの雰囲気はスペインもフランスも一緒?(笑)
ここはフランスにしては店内が賑やかでした。地元ラグビーチームのサポーターが集う店のようです。


P5040316

フランス軍の払い下げショップでしょうか?
バイヨンヌの旧市街でこの日初めて入った通り、こんな店があったとは全然知りませんでした。
旧市街の端のほうで他に店があまりない裏通りなので普段は歩かないところなんです。

P5040331

旧市街の通りは碁盤の目のようにはなっていなくてわりと不規則です。

P5040330

こういう絵を飾ったら南欧風の夏の家っぽくなりそうですね。

P5040332

市内を静かに走る電気バスは旧市街の中も走っていました。
ミニバスなので小回りが利くのが良いですね。

まだ外は明るいのですが、フランスは19時になると店が閉まってしまうのでそろそろ帰ることに。

P5040333

駐車場広場にあるキオスク、バラの茂り方も素敵です。

P5040337

近づくととても良い香りがしました。

次回バイヨンヌに来る時はもっと色んな店の写真を撮るつもりです。
(晴れの日であれば、という条件付きですがw)
今回はチョコレートショップや菓子店など見とれるだけでつい撮りそびれてしまいましたので(^ ^;)


拡大地図を見る



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

晴れの日のBayonne(バイヨンヌ・フランスバスク)散策 その1

P5040304

やっと晴天になりました。土、日、月となんとか保ってます。

フランスバスクのAnglet(アングレット)という街にアジア系のスーパーマーケットがありまして
醤油、味噌、みりん、米酢、麺類他ベーシックな調味料や食材が揃っているので
近隣の在住日本人が時々買い出しに行く「御用達」店のような存在になっています。

土曜日やスペイン側の祝日に出かけることが多いので、店でバッタリ遭遇、ということが良くありますw

そして、買出しの後はAngletの隣Bayonne(バイヨンヌ)の旧市街を散策するというのが
いつものパターンです。

P5040303

金曜日まで冬のような曇天と気温でしたが、土曜日には一気に初夏のように。
木陰が心地良いほどでした。

P5040298

とても手入れが行き届いている公園。
大きなアドゥール川(L'Adour)と旧市街の間にあるこの公園の周りに駐車スペースがあります。
ここはわかりやすい場所で必ず空きがあって旧市街に近いのでいつもこの辺りに車を停めることにしています。

P5040308

まず川沿いの道へ向かいました。ニーヴ川(La Nive)の両岸にはカフェ、レストランがいくつも並んでいます。
ヨーロッパの人達はテラス席が大好き。寒い冬でもテラスに座っている人達がいたのには驚きましたが
こんな天気の良い日はもう皆喜んでテラスでくつろいでいます。

P5040309 copia

なんだかお洒落な雰囲気です。
建物とデコレーションの組合せを店毎にウォッチングするのも楽しいですね。

P5040310

このカフェ・レストランはかなり古そうです。

P5040311

シックな色合いがいいですね。

P5040312

バイヨンヌに行く時はいつも曇天か夕方の暗い時間帯が多かったので、この日は晴天のおかげで
家並みの綺麗な色合いを楽しむこ
とができました。


P5040313 copia

前日までの悪天候のせいで本当は濁っている川の色も空の青さが反射してきれいなブルーに見えます。

P5040314

雨が多い土地で川沿いで湿気が多いというのもあって、老朽化した建物が微妙にゆがんでいるところもあり
しっかりメンテされている所と放置されている所では雲泥の差があります。

旧市街内の通りの様子は次の記事にアップしますね。


拡大地図を見る


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

Feliz Navidad、Zorionak メリー・クリスマス☆

xmas Collage

Feliz Navidad(フェリス・ナビダ スペイン語)

Zorionak(ソリオナク バスク語)

何れもこの季節にあちこちで繰り返される言葉です

今年は不況の影響もあってちょっと寂しい雰囲気になっているスペインですが、せめてクリスマスは
家族や大切な人達と楽しいひとときを過ごしたいものです。

クリスマスの買出しに土曜日フランス側バスクのバイヨンヌに出かけてきました。

PC220032

夕暮れ時、日の入りは18時頃です。

PC220045

市庁舎前広場には、ツリーや焼き栗の屋台

PC220037-d

メリー・ゴーランドが設置されて賑わっていました。

PC220050

こんな感じのスタンドがいくつも並んだクリスマス・マーケットもありました。
これはクリスマス菓子のスタンド。

残念ながら買いたい物が見つからなかったので、旧市街のほうへ向かいました。

PC220046

バイヨンヌには洒落たチョコレート屋が何軒もあります。
プレゼント探しで困った時は真っ先にこの店へ。

そしてなんとか今年の分のミッションが終了、ひと安心です。


クリスマス・イヴには、スペインにもフランスにもサンタクロースがやってくることになってますが
バスク地方では普段山の中で炭焼きをしているオレンツェロというおじさんが
大きな袋にプレゼントを詰めて山から下りてくることになっています。

日付変わって日曜日

PC230064

この時期バスク地方のあちこちで見かけるオレンツェロ人形を

オンダリビアを散歩の途中で発見

農家の軒先には変な顔のオレンツェロが座っていましたw

プレゼントを持って来てくれるおじさんですが、こんな人がのっそり入ってきたら怖いですよ(苦笑)


今年中にまだ記事をアップするかもしれませんが、本年もチキ便りをご覧いただきまして
ありがとうございました。数々のコメントもいただきまして大変感謝しております。

皆さまどうぞ良い年末年始をお過ごしくださいませ



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

夜の街角 バイヨンヌとサン・セバスチャン

PB020014

先週末冬時間に移行して日暮れの時間が一気に早くなりました。

この日は日本からのお客様とフランス・バスクのバイヨンヌに昼食後出かけたのですが
ちょっと散策しているうちに夜になってしまいました。

PB020017

夜19時にはどこの店も一斉に店仕舞いをして、人影が通りから消えてしまいます。

PB020019

ここはバイヨンヌの旧市街の中心部、サント・マリ大聖堂前の広場なのですが金曜の夜でも
この時間はこのように閑散としています。

PB020020

いかにも物寂しい秋のヨーロッパの風情です、が、スペイン側の同時間帯は、、、

PB020026

1時間後くらいのサン・セバスチャンの旧市街です。

PB020028

まだまだ夜はこれから。連休中ということもあって大賑わいです。

PB020029

特にバルの密集度が高い有名なフェルミン・カルベトン通り

それと平行するCalle del Treinta y Uno de Agosto(8月31日通り)にある大人気店
La Cuchara De San Telmoは、満員電車並みの混雑ぶりでした。

ぎゅうぎゅうの店内でカウンターに辿り着いて注文をするのはなかなか大変なミッションです。

このバルでの大人気ピンチョス、キノコのリゾット、イカ墨のリゾット、子牛の頬肉の煮込みなどの
人気メニューが目の前で運ばれていってましたが、その日はタコの焼きものを頼んでみました。

PB020023

シンプルな味付けで、付け合せのキャベツの炒め物が良く合っていて
冷えた辛口のチャコリ(バスクの白ワイン)の肴にピッタリでした。

前日の大雨とうって変わってこの日は天気も良く南風が吹いて暖かく、サン・セバスチャンの旧市街を
そぞろ歩くにはうってつけの夜でした。

La Cuchara De San Telmo

Calle del Treinta y Uno de Agosto, 28
20003 Donostia-San Sebastián


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

スペインの祝日にはフランスへ

10月12日(水)はスペインの祝日だったので「じゃぁ、和食材の買出しに行こう」ということになって
友人とフランス・バスク(フレンチ・バスク)の街に出かけてきました。

まずお昼ご飯を食べに、国境から車で15分程のSaint Jean de Luzへ

Dscf5568-p

曇天で閑散とした秋の日のビーチ。

数年前に行ったきり行けてなかったフレンチ+イタリアンレストランLa Florentineへ行ってみました。
友人がその後何回か行こうとしてどうしても道がわからなくて見つからなかったというので
事前にちゃんと地図で確認して、、、

Florentine

http://www.restaurant-laflorentine.fr/

でも閉まってました。
木、金、土、日しか営業していないそうです。あぁぁぁ、残念。

次に目指した南アジア系中華レストランは、ランチタイム12時から13時半に入っていないと
いけなくて、これまたアウト。

ランチが遅いのに慣れているスペイン時間で動くとこうなります(苦笑)
次回はもう少し早く出発しないといけませんね。
結局ランチはファストフード(マクドナルドよりはおいしいハンバーガーの店)に。
せっかくフランスに来たのにハンバーガーとは、、、

そして近隣在住日本人御用達のアジア系スーパーへ。
バスク地方にはそういう食材店が無いので
ここでしょう油、みりん、麺類、お米などをまとめて調達できるのがとてもありがたいです。

一緒に行った友人が冷凍食品コーナーで思案していると突然現れたのが
ビルバオ在住の別のお友達。
スペインの祝祭日にこのスーパーで知合いにバッタリ会う確率は高いですw

せっかくなので近くのバイヨンヌでお茶することに
気に入っているクレープ屋さんへ。

バイヨンヌのクレープレストラン
http://txiki.dreamlog.jp/archives/50928529.html

今日はデザートクレープを頼みます。色々あって迷います~。

Dscf5572-p

マロンクリームのクレープをオーダーしてみました。おいしかったです。

tea-pot1

一緒に頼んだお茶のポットとカップがとてもかわいくて

tea-pot

特にこの黒猫柄、ブルーの色合いもとてもきれいです

ティータイム後、外に出ると他の店のテラスでお茶を飲んでた女性が散歩用の紐をつけた
猫を連れていました。

でも、その猫は全然その状況を楽しめてない様子で(犬と違いますからね)
緊張感と警戒感がありありで、、、むりやり連れて来なくても家に置いてたほうが
猫はありがたいんじゃないかなぁ。

バイヨンヌの旧市街を散策すると普段スペイン側バスクでは見られないような店の
ショーウィンドウを眺めるのが楽しいんですが、こんなお店がありました。

Dscf5574-p

きれいな布に、可愛いボタン、色のきれいな毛糸などなど

手芸したくなったらここにくればいいんですね

Dscf5578-p

あいにくの曇り空で、シックな建物にグレーのフィルターがかかったような感じですが
こんなところを散歩するのは大好きです。

この近くに洒落たお菓子屋さんがあって入ってみるときれいでおいしそうなお菓子が
並んでたのでおみやげに買ってみました。

Dscf5580

イチゴかラズベリーのムースだと思って買ったところ、クリーム状の部分は
私が苦手な「アロス・コン・レチェ(お米をミルクで煮たデザート)」
だったんですが、スペインのもののようにアニスが入ってなかったので食べられました。

味は上品でとってもおいしいんですが、やっぱりデザートに甘いお米の食感はどうも苦手です。

祝祭日は飲食業以外は何も営業していないので
今日のようなスペインの休日に国境を越えて近隣のフランスの街に行くと
同じような目的でやってきているスペイン人達にあちこちで遭遇します。
ビーチでも、通りでも、お店でも。

同じピソ(集合住宅)の2階に住んでるおじさんにも旧市街の人込みの中でバッタリ会いました(笑)

その傾向はクリスマス直前の連休が最高のピークですけどね。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

バイヨンヌのクレープレストラン

9月になって一気に気温が下がったバスク地方。
一日毎に日暮れも早まってきて秋へまっしぐらといった感じです。

フランス側バスクのAngletという町にアジア系食品スーパーがあって
和食に必要な食材もいくつか置いてあるので時々買出しに行きます。



その際は隣りのBayonneに寄って散策したりランチを食べたりします。
最近良く行くのがクレープ専門のレストラン。



はっきりと通りの名前を覚えていないので、いつも旧市街に入ってから
教会を目指して歩くと行き当たります。



このお店はレストラン兼ティー・サロンなので近辺の他店のように
休憩時間で閉まってるということもないのが利点です。



バイヨンヌの生ハムとおいしいチーズがたっぷりのったサラダ

クレープもブリターニュ風のお食事系クレープとデザート系クレープがあって
種類豊富なのでどれにするか迷ってしまいます。



サーモンがメインの具になっているクレープを頼んでみました。
おいしかったです。薄いクレープですが結構おなかいっぱいになります。



こちらはチーズと刻んだハムを入れて焼いたクレープにトマトソースを添えてありました。

デザートの写真を撮りそびれたのですが、かなり色んな種類があります。
アイスクリームも好みのフレーバーを1スクープから頼めますので
おなか一杯でもちょっとだけ食べたいという時にオススメです。

Creperie à la bolée
10 Place Pasteur - 64100 - Bayonne
営業時間 12:00~22:00
livedoor プロフィール



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


ランキングに参加しています。
ポチッと押してくださったら嬉しいです(❛◡❛)
最新記事
ギャラリー
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • MUJI BGM 22 Basque 無印良品のBGMシリーズ。 新作「22」はバスクがテーマ
  • MUJI BGM 22 Basque 無印良品のBGMシリーズ。 新作「22」はバスクがテーマ
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 3月号「幻のバスク豚に会いに」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 2月号「バスクのディープなる美食ワールドを探訪」
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ1月号「体で覚えるバスク文化!」ほか
  • バスクより新年のご挨拶
  • バスクより新年のご挨拶
  • 植松良枝さんのバスクバルレシピブック BASQUE BAR RECIPE BOOK: スペインバスクの美食の地サン・セバスチャンへ。
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ