チキ便り~バスク地方のとある街より

スペイン北部からフランス南西部に広がるバスク地方から発信しています

バル

待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」

スペイン・バスク 美味しいバル案内

スペイン・バスク 美味しいバル案内 <私のとっておき>シリーズ42 が
2月10日に産業編集センター出版部より出版されました。

basque_1227-1


去年の10月に「バスクバルレシピブック」(誠文堂新光社)を出版された料理研究家の
植松良枝さんがご主人と10年連続でバスクを訪問され数多くのバルに足を運び
数々のピンチョスや料理、バル文化を堪能しつつリサーチされた集大成となる一冊です。

basque_1227-2
Bergara
basque_1227-5

basque_1227-6

レシピブック同様に料理写真家の日置武晴さんが撮影されたバルやショップや街並みの写真では
ご自身もバスクファンである日置さんや私達の目に映るバスクの飾り気のない素朴な良さを
ありのままに見ることができます。臨場感に溢れています。

サン・セバスチャンを中心に、ゲタリア、オンダリビア、ビルバオ、フランスバスクの一部
などの周辺地域のおすすめポイントのご紹介、ほとんどが公共の交通機関を利用して行くことが
できる場所のガイドブックです。

basque_1227-4


【概要】

1章 サン・セバスチャン バルめぐり

2大バル通りを徹底取材
それぞれのバルの特徴、名物料理を大公開。

2章 サン・セバスチャン 街の魅力

ヨーロッパ屈指のリゾート、海辺の楽しみ方
女人禁制? 美食倶楽部に潜入
りんごの微発砲酒、シードルの醸造所探訪
市場、食材店、キッチン用品店紹介など。

3章 近郊の街

サン・セバスチャンから日帰りできる近郊の街
オンダリビア、ビルバオ、ゲタリア、サン・ジャン・ド・リュズ
エスプレットの楽しみ方など。


バル、ショップ、街の紹介だけではなく、バルの黒板メニューの見方や現場で使う単語・フレーズ集
バル巡りの楽しみ方のこつなど、すぐに役立つ情報が満載です。

さらに、本の帯を外して開くとサン・セバスチャン旧市街のバルマップになるという優れもの。

この一冊が皆さまのバスクへの旅とバル巡りの強力な旅のお供になると確信しております。

まだこれからバスクへ初めていらっしゃる方も、既にバスクを訪れたことがおありの方も
リピーターの方も、ご覧いただいたそれぞれの方がバスクへの想いを馳せられるようなガイドブックです。

植松さんご夫妻、そしてこの本の作成に関わられたスタッフの皆様全てが
バスクが大好きな方ばかりで、バスクへの愛がぎっしり詰まった1冊になっています。

今回現地コーディネートでこのバスク・バルガイド本制作のお手伝いができたことを
大変光栄に思っております。植松さんご夫妻やスタッフの皆様、この場をお借りしまして
改めて御礼を申し上げます。




バスクの色々な情報は随時こちらでお届けしています。ぜひご覧になってみて下さいね。
↓ ↓ ↓

【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

旅するスペイン語 NHK Eテレ 2月号「バスクのディープなる美食ワールドを探訪」

000009533022017_01_580

NHK Eテレ「旅するスペイン語」2月号発売中です。

放送: 水曜日(火曜深夜) 午前0:25~00:50
再放送:翌週 火曜日 午前6:00~6:25

2月の放送内容は

バスクのディープなる美食ワールドを探訪

・名物市場へ列車でプチ旅
・男の園!?美食倶楽部に潜入
・バスク名物チャコリを味わう
・至福の味 バスクの魚料理を堪能!

番組の詳細はこちらの公式サイトでご覧ください。
https://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/spanish/tv/


担当させていただいたコラム「バスクへのいざない」では

「ピンチョス三昧・バル巡りの楽しみ方」

ということで、ちょっとしたコツやおすすめバルの名物ピンチョスをご紹介しています。
数あるバルの中の一部ではありますが、この本を片手にバスク旅行されても何かのお役に
立てるようにと思いながら書かせていただきました。

書店等でご覧いただけましたら幸いです。

アマゾンでも雑誌・電子書籍版で販売されています。
http://amzn.to/2l5YmAs



バスクの色々な情報は随時こちらでお届けしています。ぜひご覧になってみて下さいね。
↓ ↓ ↓

【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


植松良枝さんのバスクバルレシピブック BASQUE BAR RECIPE BOOK: スペインバスクの美食の地サン・セバスチャンへ。

61uQM78gWwL

バスクバルレシピブック BASQUE BAR RECIPE BOOK: スペインバスクの美食の地サン・セバスチャンへ。
 バルで人気のピンチョスから一皿料理、デザートまで

料理研究家の植松良枝さんが長年のバスク、サン・セバスチャン通いとバル巡りで蓄積された情報と現地取材の集大成としてスタッフの方々の協力と共に完成されたバスクバルレシピ本です。

撮影は料理写真家の日置武晴さん、美しい写真は眺めているだけでも楽しいですが、食欲を誘いますし、身近にある材料で家庭で作れるようにわかりやすいレシピを載せてありますので作ってみたくなりますね。

手に取りやすい単行本サイズで全172ページ。
綺麗な写真+簡潔な説明文で見応えあります。

2017年2月には同じチームによる美食ガイド本も刊行予定でとても楽しみです!



色々な情報は随時こちらでお届けしています。ぜひご覧になってみて下さいね。
↓ ↓ ↓

【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


サン・セバスチャン、カジュアルなお洒落バル・SIRIMIRI

IMG_20150315_223015

サン・セバスチャンの旧市街にあるバル Sirimiri(バスク語で「霧雨」という意味)
マヨール通り、サンタマリア教会のすぐ近くで
クオリティーの高い料理をお手頃価格でカジュアルな雰囲気の洒落た店内で食べられます。

IMG_20150315_222055

この日は奥のレストランスペースで食べましたがオープンキッチンの目の前に5席くらいありますので
そこで食べるのも面白そうです。

IMG_20150315_222517

人が減ってから写真を撮りましたがピーク時は狭くて細長い店内が人で埋まります。

IMG_20150315_221655

カウンターにはおいしそうなピンチョスがずらりと並んでいました。

IMG_20150315_221258

PATATAS TIERNAS CON TRES SALSAS

やわらかーくローストされたポテト、3種類のソース(アリオリ、タマネギとトマト、チーズ)で。

IMG_20150315_210615

FOIE ARTESANAL CON PURÉ DE PERA, VINAGRETA DE FRUTOS SECOS Y PAN DE MANTEQUILLA DE OTAEGUI

フォアグラのパテ(とても上品な味でした) バタートースト、梨のピューレ添え

IMG_20150315_211118

MAGRET DE PATO DE ALSASUA, SU SALSA, ESPUMA DE PATATA Y FRUTOS DEL BOSQUE

鴨のロースト、カリカリの干しぶどう入りパンを乗せてあります。
鴨肉は噛むほどに旨味が口の中に広がり美味しかったです。

IMG_20150315_210857

SOLOMILLO CON SETAS DE TEMPORADA EN TEXTURAS

ソロミーリョ(フィレステーキ)とキノコ付け合せのハーフポーション
この日は3人で色々シェアしましたが、日本人の胃袋ならこのハーフポーションで十分一人前な量です。

単品で頼めますので例えばソロミーリョ(フィレステーキ)とキノコ付け合せのハーフポーション
+グラスワイン(赤)で12ユーロ程度。

この付け合せのキノコ、同じ旧市街の有名バルで一皿頼んだら結構な料金になると思いますw

デザートも何種類かあります。

IMG_20150315_210128

カクテルも各種ありますが、こちらはちょっと割高感が、、、

SIRIMIRI は平日は夜間営業(19:00~)のみなのでランチを食べたい場合は週末になりますが
隣りに同系列のAtari というバルがあり、そちらは昼夜営業しています。
色々なピンチョスが楽しめておすすめです。


http://www.sirimirigastroleku.com/

Calle Mayor 18, 20003 San Sebastián

営業時間

月~木 19.00 ~ 00.00
金    19.00 ~ 00.30
土   13.00 ~ 16.00  19.00 ~ 00.30
日    13.00 ~ 16.00  19.00 ~00: 00

火 定休日


【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


ビルバオでおすすめのバル、ビエホ・ソルチ

P3062408 copy

もしビルバオで1軒しかピンチョスを食べる時間がないとしたら、迷わずこのバル El Viejo Zortzi
をおすすめします。

IMG_20150314_005452

地元サッカークラブ、アスレティック・クラブ・ビルバオのホーム、サン・マメススタジアムの近くにありますが
サッカーの喧騒とは関係なく落ち着いた雰囲気で美味しいピンチョスを堪能できます。

IMG_20150314_010040

バルとレストランが併設していますので、時間や予算、お腹のすき具合に合わせて
クオリティーの高いお料理をカジュアルな雰囲気でお手頃価格で食べられるお店です。

どのTapasを食べてもハズレ無しの美味しさなんですが、特におすすめの数点をご紹介します。

IMG_20150314_013539

Morcilla de Puerro

モルシージャは豚の血を野菜やお米と混ぜたソーセージですが、これはポロ葱と合わせたものを
ソーセージではなくてテリーヌ上に型抜きしてあります。生臭みは一切無くとても上品な味。
リンゴのスライスはただの飾りではなくてモルシージャとの相性ピッタリです。

IMG_20150314_013206

Pimiento Relleno de Bacalao

鱈の身入りベシャメールのピキージョピーマン詰め
バスクで良く食べられる料理のひとつです。

10346377_864719976872811_3179077331670666671_n

Bacalao en Láminas

鱈のスライスの下には赤ピーマンとアボカドのサラダ
これはいつもお代わりしたくなりますw

10634019_864719576872851_6794014704721518273_o

Risotto de Hongos

きのこのリゾット
チーズの味もなかなか濃厚でとてもクリーミーな美味しさ

IMG_20150314_013857

Tortilla Gratinada

このトルティージャの作り方はとてもオリジナルですね。さて中身はどうなっているかというと、、

IMG_20150314_014159

溶き卵を潰したジャガイモに被せてグラタン状に焼いてあるのでしょう。
とても柔らかい舌触りで、これもリピート確実の一品。

この店の料理は全品試してみたい程です。繰り返し行きたいお店ですね。

El Viejo Zortzi
Calle Licenciado Poza, 54. 48013 Bilbao
944 41 92 79
http://viejozortzi.es/


【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


ビルバオのお洒落なカジュアルレストランEL TALLER

P3052362

ビルバオの有名バルLa Viña del Ensanche(ラ・ビニャ・デ・エンサンチェ)がすぐ隣りに
レストラン、EL TALLER(エル・タジェール)をオープンしました。
グルメな食材を揃えて販売するショップがレストランへの入り口です。

IMG_20150311_122806

オリーブオイルや色々な香りのビネガー他おみやげにも良さそうなものがたくさんあります。

IMG_20150311_122018

オープンキッチンですが、音も匂いも全く気になりません。

IMG_20150311_120649

シックで可愛らしいインテリア

P3052346

アラカルトではなくて季節ごとに変わるお料理5皿+デザート2皿のコースメニュー
(50ユーロ、飲み物代別)です。

この日1皿目に出たのは生フォアグラのテリーヌでした。ガラスの器が素敵ですね。

IMG_20150305_132129

続きのお料理やレストラン、ショップの他の写真はFacebookページ「バスクにおいでよ」
アルバムでご覧下さい。

人気店ですので営業開始後すぐの時間帯に行かれるか、電話での予約をおすすめします。

EL TALLER

C/ Diputación, 10 • 48008 Bilbao
TEL:944 155 615
営業時間12:00~23:00 (日・月・祝日休)

http://www.lavinadelensanche.com/el-taller/


P3052348

そしてこれはバルLa Viña del Ensanche(ラ・ビニャ・デル・エンサンチェ)で食べられる
イベリコ豚のコッパ、豚の首の部分を使った製品です。
とてもやわらかく噛む毎に旨味が口の中一杯に広がります。
生ハムがお好きな方は是非お試しになってみて下さい。


【バスクにおいでよ】

Facebookページ
https://www.facebook.com/visitbasque

Twitterアカウント
https://twitter.com/VisitBasque




にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ



レストラン・アラメダのバル(オンダリビア)おススメです!

P5031180

オンダリビアのミシュラン星付レストラン・アラメダのバル(タベルナ)が2月にオープン
先日やっと行ってみました。

P5031179

レストランのお料理は何を食べても大満足なのでバルの一品料理にもかなり期待して
出かけましたw

すっきりとしたなかなかお洒落なスペースです。
夕方早めの時間帯に入ったのでこんな感じでしたが、その後続々とお客さんが入ってきていました。

メニューはどの品も魅力的なのですが、まずはムール貝

P5031169

「Tigre」というちょっとだけピリ辛のソースがおいしくて、残ったソースをパンにからめながら
キリッと冷えた白ワインがすすみますw

P5031170

イカのフリット

シンプルですが、冷凍ものを適当に揚げてべチャッと油っぽいフリットとは全く比べ物にならないくらい
衣はサックリ、イカはしっとり、な食感です。

P5031173

ココットに入って出されるリゾット、この日はイカのリゾットを頼みました。

バルで気軽に食べられるリゾットでこのお味、これもリピート確実です。
そして次回はもうひとつの肉系ベースのリゾットも食べてみたいなと思いました。

P5031176

箸休め的な感じでオリーブと青唐辛子の盛り合わせを

P5031177

サバのマリネ、ハーブの味が利いていました。

P5031178

マスのマリネ これも素晴らしいお味でした。生臭さ全く無し。

こんなお料理をおつまみにお酒が飲めるのは至福です。ビール、ワイン、チャコリ、シドラ、、
全てに合うと思います。

もちろんお酒が飲めない方もここのお料理は素材の自然なおいしさを堪能されると思います。


Ver mapa más grande

バルの入り口は通りに面したほうにあります。

Restaurante Alameda
C/Minasoroeta, 1, 20280 Hondarribia, Gipuzkoa ‎
943 64 27 89

http://restaurantealameda.net/



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

サン・セバスチャンの老舗ピンチョス・バル「ベルガラ」

P9202068

サン・セバスチャンのグロス地区にある有名ピンチョス・バル「ベルガラ」のHPがリニューアルされました。

P9202066

BAR DE PINCHOS en DONOSTIA-SAN SEBASTIÁN

http://www.pinchosbergara.es/

HPには食指が動かされずにはいられないピンチョスの写真が多数掲載されています。

バスク語、スペイン語、フランス語、英語に切り替えられるようになっていますが、実際にこのバルを
お尋ねになる時に少しでもお役に立てるように今回の記事はスペイン語での記述中心に書きますね。

まずHPのメニューバー左端の「PINCHOS CALIENTES」(ピンチョス・カリエンテス)
その場で注文して調理してもらうタイプのピンチョスです。

http://www.pinchosbergara.es/pinchos-calientes-donostia.html

ピンチョスの写真をクリックすると、ピンチョスの名前と主に使ってある食材が書いてあります。

P9202063

これはTXOPITOS(チョピートス) 揚げた小イカに甘くなるまで炒めたトロトロのタマネギが乗っています。
小イカとタマネギ、合うんですよ~。ただ食べる時に中から熱い汁が飛び出すこともあるのでご注意を。

そして「PINCHOS FRÍOS」(ピンチョス・フリオス) カウンターにずらりと並んでいるピンチョスです。

http://www.pinchosbergara.es/pinchos-frios-donostia.html

P9202067

器に入っているのはCHUPITO DE CHANGURRO(チュピート・デ・チャングロ)蟹のカクテルです。
海老が飾ってありますけど中身は蟹なんですw

Plato, por favor.(プラト、ポル・ファヴォール)と言えばお皿を渡してもらえますので
カウンターに並んでいるところから自分の食べたいピンチョスを取って(あるいは取ってもらって)
後で清算してもらいます。

P9202061

でもせっかくならカウンターに並んでるのも、調理してもらうのもあれこれ食べてみたいですよね。
大丈夫です、カウンターのものを先に取っても、テーブル席に着いてからでも順番は関係なく
食べたいものを食べたいだけ楽しめます。

テーブルには、ピンチョスの写真付きのメニューもありますので「これ」と指差せばわかってくれます。
1、2、3(ウノ、ドス、トレス)、、と数字が出てこない時は指で伝えて下さい。

店の人に「Para beber?」(パラ・ベベール?)「お飲み物は?」と尋ねられたら

Vino(ビノ) ワイン Tinto(ティント)赤 Blanco(ブランコ)白 Rosado(ロサド)ロゼ

Txakoli(チャコリ) バスク産の白ワイン

Sidra(シドラ) りんご酒

Cerveza(セルベサ) ビール  sin alcohol(シン・アルコール)←こう言えばアルコール無しのビール

Agua(アグア) 水

お好きな飲み物の後に「ポル・ファボール」でOKです。

おいしく、楽しくお食事が済んだ後は「La cuenta, por favor.(ラ・クエンタ、ポル・ファヴォール)」と
清算を頼むとちゃんとレシートをくれますので安心です。


バル・ベルガラは、旧市街から少し離れたグロス地区にあるサン・セバスチャンのピンチョス文化発祥の
バルのひとつで、最近はスペイン国内や海外からの観光客も必ずといっていいほど足を運ぶような
人気店ですが、地元の人達にも昔から長く愛されているお店です。

旧市街にはそれこそ数歩行けばすぐ次の店に入れるほどバルが密集していますが
日本からいらっしゃるお客様にまずここをおすすめする私なりの理由は、、、

・ピンチョスがおいしい(とても当たり前な理由ですけど、どれを食べてもハズレが無いので)

・お店のスタッフの応対がいつ行ってもムラが無く居心地が良い

・店内のスペースに適度な余裕がある

・店内が明るい

・テーブル席に座って落ち着いて食べられる
 (ただし、確実にするためには早めの時間帯に行くか、電話で予約するか)

・いつ行っても開いている

というところです。この近辺の飲食業は毎週月曜日が定休日のところが多いのですが
例年このバルの休みはクリスマス・イヴの夜と大晦日の夜と元旦だけという、そして昼休みも取らない
スペインでは驚異的な働きぶりなのです。

それに加えて、おいしい、応対も良ければ安心して皆様におすすめできます。

既にバスクにいらしたことがある方には「こんなのもうとっくにわかってる」という記事になりましたが
これからサン・セバスチャンに初めていらっしゃるという方のことを考えながら書いてみました。


BAR BERGARA
Calle del General Artetxe, 8
20002 San Sebastián, Guipúzcoa
943 27 50 26

営業時間 月曜日から日曜日まで 9:00-23:00

オーナーのモンティさんによると2013年中は無休だそうです。

【追記】

2014年3月17日(月)から31日(月)までは休暇のためお休みです。



大きめの地図で見る



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

サン・セバスチャン旧市街にオープンしたKenji Sushi Bar

P8121754

以前の記事でご紹介した持ち帰り寿司の店 Kenko Sushi の高橋さんご夫妻が先月
サン・セバスチャンの旧市街に和風バル Kenji Sushi Bar をオープンされました。

 Embeltrán 16
   20003 Donostia-San Sebastián
 Tel. 943 43 42 50

 営業時間:12時〜16時 (15時半ラストオーダー) 19時〜24時(23時半ラストオーダー)
 休店日:9月から水曜日と木曜日昼

4df12715 サン・セバスチャンを訪れた人の散策コースには
 きっと入っているはずのこの通り
 ちょうど正面にサンタ・マリア教会が見える
 ナグシア通り(Nagusia)と
 エンベルトラン通りC(Embeltran)が交差している角
 にあります。
 劇場テアトロ・プリンシパルのすぐ近くでもあります。

 特に探していなくても「こんなところにこんな店が!」
 とパッと目に付くとても良い立地です。

 私自身もマドリッドやバルセロナに行く時は
 現地のおいしい和食屋情報をネットで探すことが
 よくありますので、このブログをご覧になる
 スペイン国内やヨーロッパ在住の方で同様に
 「サン・セバスチャンで和食」をお探しの方に
 お役に立てればと思い書いています。





P8121750

テーブル席もいくつかありますが、ほとんどのお客さんはこのカウンターかその周りで飲食する
典型的なバルスタイルです。

P8121751

若い地元の寿司職人さんが握ってくれます。

P7251616

白身魚の寿司と貝柱の刺身

P7251614

焼き鳥

P7251613

野菜のてんぷら

P8121748

ミニコロッケ

kenji sushi bar 1

鱈のてんぷら、にんじんのピューレとアリオリソース添え

kenji sushi bar 2

まぐろのたたき


まぐろのタルタルなどこの他にもバラエティー豊かなおいしい一品料理や和風ピンチョスが色々。
どれを食べても良いお味なので、ここに居座ってあれこれ注文したくなりますが
たとえばハシゴの途中や時間がなくてちょっとしかつまめない時も「焼き鳥1本とビール1杯」
で気軽に入れるのもとても嬉しいですね。

価格帯もこの界隈のお店並みで和食だから高すぎるというわけでもありません。

美食の街サン・セバスチャンですが、こういうお店があると日本人としてはほっとします。
オープン以来大勢の地元のお客さんも詰め掛けています。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

ビルバオのビトケ(Bitoque)でランチ

Dscf5615-p創作ピンチョスがおいしいビルバオのバルBITOQUE

ビルバオ在住の友人から「ランチもおすすめ」と聞いて
ぜひ試してみたいとずっと思っていました。
先日やっと機会に恵まれたので行って来ました。

予約の14:30に行くと階下のレストランには、まだ誰も
入っていませんでした。階上のバルには人が溢れて
いたのに。
土曜日だったので皆さんのランチ開始時間が遅めだった
のでしょう。

その後続々と人が降りてきてすぐに満席になりました。

それほど広くないレストランスペースは、白い椅子と
テーブルにパープルのクロス(写真では濃いピンクに
見えますが)のコンビネーションがきれいな内装で
女性向きでしょうか。





今回ご紹介するのは月-土で提供されているランチメニュー。
メニューの最初には季節柄かぼちゃのポタージュが出てきました。
チーズも少し加えてあるような風味で、かぼちゃの甘みがほんのりおいしかったです。

新鮮な材料を使っているので、メニューの内容は変わりますということでしたが
当日まず私達が選んだ一皿目はこれ。

Carpaccio de atún rojo con mosaico de verduras(マグロのカルパッチョ+野菜のモザイク)

Dscf5617-p

薄ーくスライスされたまぐろに刻んだ野菜入りのビナグレットがかけてあり、とってもおいしかったです。

ちなみに11月11日付けの他の品目は

Sushi de salmón marinado, algas Wakami y sésamo.
Risotto cremoso de langostinos y habitas.
Ensalada de láminas de bacalao y emulsión de tomate y aceite de oliva

鮭+ワカメ+胡麻の寿司(Wakamiって書いてありますけど-笑)

車海老+緑豆のリゾット

鱈のサラダ(トマトクリーム+オリーブ・オイル)

どれも試してみたくなります(画像が無いので想像するしかありませんが)

二皿目は魚料理二種、肉料理二種から選びます。

私は、スズキ(lubina)のグリーンアスパラのソース添えにしました。

Dscf5618-p

魚の焼き加減が絶妙でした。素材(魚・野菜)の味がやさしく活かされていました◎

友人は牛ヒレ肉のステーキ。ピューレ状のポテトとモルシージャ・ソーセージのカネロニ添え。

Solomillo de vaca con canelón de morcilla.

Dscf5619-p

半分いただいてみたら、とてもやわらかくておいしかったです。
友人はミディアムで焼いてもらってましたが、肉好きな方にはレアがおすすめかも。

他には

Antxoas del Cantabrico a la papillote, limón y jengibre.
Txipirones rellenos en su tinta.
Falda de ternera lechal.

カンタブリア海産アンチョビーの包み焼きレモン・生姜風味
小イカの墨煮
子牛のハラミ など。

そしてデザートは

Dscf5620-p

手前:チーズケーキ+シャーベット 奥:ムース状のプリン+ホイップクリーム

ムース状のプリンはとても軽く、甘さも控えめだったので、普段甘いものが苦手な友人も
「おいしい」と感嘆の声をあげていました。

ワイン、パン、コーヒーまで込みで平日23ユーロ、土曜日26ユーロのメニュー。

場所はビルバオの中心街、グランビア通りのすぐそばです。

BITOQUE
Alameda Mazarredo nº 6, 48001 BILBAO
944 23 65 45

ランチ時間 13:30-16:00 日曜休

http://www.bitoque.net/web/


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


サン・セバスチャンの旧市街でがっつり食べたい時は

Dscf5434

 C/Mayor マヨール通り

日曜日の旧市街、縦横に交差する通りは大賑わい、BARやレストランも大混雑です。
主な通りはどっちを向いても似たような状況です。

Dscf5435

 C/ 31 de Agosto 31デ・アゴスト(8月31日)通り

最先端の内装や照明をあしらったモダンな三ツ星のレストランや
創作ピンチョスのような凝りに凝ったお料理を食べるのも楽しみですが

典型的なバスク料理を家庭的な雰囲気でがっつり食べてみたいという方におすすめの
BARレストランがこちらLa Viña(ラ・ビニャ)です。

Dscf5436

50年以上代々家族経営されているBARレストランで、いつも店内は人で一杯
この日はレガッタの後ということもあってテーブル席は当然空き待ち状態でした。

それでもなんとか席につき、まず居酒屋風に一度に何品か頼みました。

まずきたのはタコのガリシア風(Pulpo a la gallega)

Dscf5437

あら?典型的なバスク料理レストランをおすすめと冒頭に書いたのにいきなりガリシア風とは、、

でもバスク内のたいていのBARレストランにあるメニューなんですよね。

とにかく、当日の一行は全員タコが大好き
あっという間に一皿目は空っぽに、、、次のものに取り掛かりながらタコおかわり(笑)

クリームコロッケやムール貝のコロッケ風など続いた後に来たのは

Dscf5439

Chorizo a la sidra(チョリソのシドラ煮)

かなり汁が飛び散ってますが(苦笑)その日の店内はもの凄い喧騒で、ウェイターさんも
次から次へと注文をこなすのがやっとで汗びっしょりになって奮闘されてました。

そんな怒涛のランチタイムの締めはこれ

Dscf5440

ベイクドだけど舌触りはレアのような、、、こんな濃厚なチーズケーキ初めて食べました

もちろんこれもみんなでシェアしたんですけどね。

既に何回もリピートしているお友達が驚愕のレシピを教えてくれましたよ。

1ホール分/クリームチーズ1kg 卵7個 砂糖400g 小麦粉大さじ1 生クリーム500g 

La Viña は中に入ってすぐのスペースがBARスペース、カウンターに並んでいるピンチョスや
タコ、チョリソ、青唐辛子の素揚げ他色々の一品料理やこのチーズケースを手軽に食べられます。

奥はレストランスペースでメルルーサのグリーンソースやイカの墨煮、チュレタ(厚切り骨付きステーキ)
などバスクの郷土料理が色々楽しめます。


La Viña
C/ 31 de Agosto, 3  San Sebastian
Tel.943427495

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
livedoor プロフィール



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


ランキングに参加しています。
ポチッと押してくださったら嬉しいです(❛◡❛)
最新記事
ギャラリー
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • MUJI BGM 22 Basque 無印良品のBGMシリーズ。 新作「22」はバスクがテーマ
  • MUJI BGM 22 Basque 無印良品のBGMシリーズ。 新作「22」はバスクがテーマ
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 3月号「幻のバスク豚に会いに」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 2月号「バスクのディープなる美食ワールドを探訪」
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ1月号「体で覚えるバスク文化!」ほか
  • バスクより新年のご挨拶
  • バスクより新年のご挨拶
  • 植松良枝さんのバスクバルレシピブック BASQUE BAR RECIPE BOOK: スペインバスクの美食の地サン・セバスチャンへ。
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ