チキ便り~バスク地方のとある街より

スペイン北部からフランス南西部に広がるバスク地方から発信しています

夏祭り

サン・セバスチャンで花火を観る

IMG_20140816_221415

サン・セバスチャンの夏祭り、セマナ・グランデの期間中は毎晩コンクール形式で花火大会があります。
毎晩観に行けない場合は、プログラムを見て良さそうな花火業者が打ち上げる日を選んで行きます。

だいたい、アリカンテ・バレンシアなどのスペイン組かイタリア組が見応えありますが、今年は初日の
マドリードの業者もとても良かったそうです。

今年は8月15日(金)に出かけました、バレンシアの花火業者 Pirofantasía (Valencia) の日でした。

P8151729

このブログの一番上に載せている夜景の写真の真ん中辺りにある港の桟橋で今年は観ることにしました。
開始時間の1時間半前くらいに着きましたが、花火が見える側は既に端までほぼ人で埋まっていました。

P8151730

ラ・コンチャは夜景もとても綺麗です。

P8151740

22時45分、時間通りに始まりました。

P8151744

10599209_824645177546958_8024757172243613329_n

P8151769

P8151776

20分間で何発打ち上げられたのかわかりませんが、とても綺麗でした。

花火は終わってもフィエスタは夜中まで続きます。街のあちこちでコンサートやミニイベントが行われていました。

IMG_20140816_222154

夏祭り期間中は小学生高学年から大人向けの移動遊園地は水族館近くの広場に設置されますが
幼児向けのミニ遊園地はブエン・パストール大聖堂と郵便局の間にありました。

IMG_20140816_222621

メリー・ゴーランドは何故かこの時閑散としていましたが、この横にあった「電車」は満員の人気でした。
この時既に深夜の12時を回った頃でしたが、3歳から6歳くらいの子供連れでこの界隈は賑わっていて
子供達はまだ元気一杯でした。

夏の間はスペイン人の時計は、他所と数時間大幅にずれるようです(笑)

サン・セバスチャンのフィエスタが終わって、8月16日(土)から24日(土)まではビルバオのセマナ・グランデが
開催されます。



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


サン・セバスチャンの夏祭りセマナ・グランデ2014

semana grande 2014 san sebastian

Semana Grande 2014 Aste Nagusia  セマナ・グランデ(スペイン語) アステ・ナグシア(バスク語)

今年もサン・セバスチャンの夏祭りが8月9日(土)から16日(土)まで開催されます。

上の画像は今年のポスター、夏祭りのポスターなのに澄み切った快晴の青空じゃないのがバスクらしいです。

スペイン語のみですが、こちらは日替わりのプログラムが載せてあるサイトです。
サン・セバスチャンにいらっしゃる方はどうぞご参照下さい。

http://www.semanagrande.com/2014/es/web


初日の土曜日はちょうど花火コンクールの時間帯に雨予報が出ていて、見る見る黒い雲に空が覆われて
いきましたが、結局降らず無事に開催できたそうです。

2日め(日)はイタリアのグループ、この動画はサン・セバスチャンでのものじゃありませんが
ご参考までに。




こちらは去年の夏祭りの記事です。

サン・セバスチャンの夏祭りセマナ・グランデと花火コンクール 1
http://txiki.dreamlog.jp/archives/51280387.html

サン・セバスチャンの夏祭りセマナ・グランデと花火コンクール 2
http://txiki.dreamlog.jp/archives/51280593.html



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


夏のフィエスタシーズン 2014

IMG_20140705_214416

パンプローナのサン・フェルミン祭、今年も7月6日正午に始まりましたが
上の写真はギプスコア県のパサヘス・アンチョでも開催中のサン・フェルミン祭でのひとコマ。
お祭りには欠かせないバスクの民族舞踊です。

以下は一足早く開催されたイルン市のサン・マーシャル祭の写真です。
夏の間バスク地方内では少しずつ時期をずらして次々に各地でフィエスタが開催されます。

S__491537 - copia

サン・マーシャル祭ではメインパレードの6月30日に午前の部と午後の部に分けて
イルン市内それぞれの地区のグループ毎に街を練り歩くのですが
今年は向かいのお宅のお嬢さんがあるグループの代表カンティネラに選ばれました。

IMG_3432

IMG_3429

自宅前に部隊(グループ)のメンバー達が迎えに来て集結すると
カンティネラがバルコニーに出てきて挨拶するのですが
このひととき、本人はもちろん、ご両親もとても嬉しかったでしょうね。

IMG_3450

今年のメインパレードの日は、とても良いお天気になりました。

IMG_3451

街の中は、お祭りの正装である白と赤の服を着た人で一杯になります。

P6301419

午後の部のメインパレードを終えると、部隊はそれぞれの地区へカンティネラを送り届けに行きます。
こちらの部隊も戻って来ました。

P6301424

ロータリーをひと回り。お祭りの時は特に街の警察の交通課が規制に出動するわけでもなく
街の大事なイベントということでドライバー達もパレード隊を優先しします。

P6301425

P6301430

白いスカートを着ているのがカンティネラ、今回ののお勤めを称賛されているところです。

P6301431

カンティネラの家族が部隊を労うために用意していた飲み物・食べ物でしばし宴が繰り広げられます。

IMG_20140630_221538

そして今年もつつがなく終了。夏の到来です。


去年のフィエスタの記事 パンプローナとパサヘスのサン・フェルミン祭


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


サン・セバスチャンの夏祭りセマナ・グランデと花火コンクール 2

P8121759

ラ・コンチャ湾沿いならたいていどこからでも綺麗に花火は見えますが、一番人が集まるのは
この写真奥にあるビーチです。早く行かないと空いている場所が見つからないほど。

私達はこの写真真ん中辺りの遊歩道で観ようと思っていましたが、バルをはしごしている間に
入場制限がかかってしまっていたので、高台に上りました。

P8121764

高台からもなかなか良い眺めです。

P8121771

fw

P8121794

P8121795

この日の花火会社は地元バスク・ビスカヤ県の会社でした。
同じスペインのバレンシアやアリカンテ、イタリアなどの会社の花火と比べると少し地味ですが
夜景と一緒に十分楽しみました。

花火は22:45から15分くらいであっという間に終わりますが、お祭りの夜はまだまだ続きます。

P8131808

旧市街横の大通り近くにあるキオスクでやっていたコンサートは、アコースティック・ギターにドラム
そしてバイオリン(たまにトロンボーン)という3ピースバンドでしたが、ローリング・ストーンズや
ディープ・パープルなど70年代のロックの曲をアレンジしてなかなか素敵な音を出していました。

P8131819

夜中の1時過ぎですがまだ結構な数の人が通りを歩いています。

P8131820

ライト・アップされたホテル・マリア・クリスティーナ

サン・セバスチャンのセマナ・グランデは17日(土)に終わります。
そして次はビルバオのセマナ・グランデが始まります。



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

サン・セバスチャンの夏祭りセマナ・グランデと花火コンクール 1

花火1

スペイン語でセマナ・グランデ(Semana Grande)バスク語でアステ・ナグシア(Aste Nagusia)というお祭りが
今年も8月10日(土)から17日(土)までサン・セバスチャンで開催されています。

期間中は移動遊園地が設置されたり街のあちこちでコンサートや各種イベントが行われていますが
なんといってもこのお祭りのメインはラ・コンチャ湾での花火コンクール
毎晩22:45から始まり、バスクのローカル局が中継しています。

花火の前に賑やかな街の中を散策してみましょう。旧市街が一番盛り上がっています。

P8121715

前の記事にも登場した「巨人達」ヒガンテス(Gigantes)今日は7体程集まっていました。

P8121717

P8121721

バスクベレーを被った漁師の巨人もいます。巨人達はおいしいピンチョスが食べられるバルが特に密集
していることで有名なフェルミン・カルベトン通りに入っていってます。
ちょうどこの辺りでピンチョスを食べようと思ってたのですが、今この通りに入ると身動きが取れなく
なりそうだったので、別の通りへ行くことにしました。

P8121724

8月31日通りにあるバル、ラ・セパ(La Cepa)で。
トルティーリャ・デ・バカラオ、鱈のオムレツです。中身がトロリとしているほどおいしい一品。

混雑を避けてこの通りに来たのですが、、、

P8121725

外はさっきの巨人達と、それを見物する人達で大混雑!

P8121726

どうやら礼拝堂前がパレードの終点のようです。

P8121728

バスクの笛チストゥ(Txistu)の楽隊

P8121731

8月31日通り、C/ 31 de Agosto が人で埋まっています。

写真右に見える黒いオーニング(日除け)がある店は斬新なピンチョスが有名なフエゴ・ネグロです。

P8121737

サンタ・マリア教会前にあるバル(写真では左手の街灯がついている所)も色んなピンチョスが食べられる
おすすめバルで、価格も庶民的です。

P8121733

カウンターに所狭しと並んだピンチョス、手を伸ばしてまさに取ろうとしている人が。

P8121734

アンチョビーが乗っているピンチョスが人気のようでだいぶ減っていますね。

P8121736

生ハムのミニ・ボカディージョ、おいしそうです!

P8121735

茄子の天ぷらのようなものと生ハム・チーズを重ねたピンチョス、ビールに合います。

花火を見物するのに良さそうな場所があるか、港のほうへ見に行ってみました。

P8121739

港横の広場にステージが設置されてコンサートの真っ最中でした。
どこに行っても人、人、人。

P8121741

遊覧船です。花火を海上から観ながら1時間半のクルーズ。1人16ユーロだそう。

P8121742

P8121745

午後から雲が出て、21時頃から深夜にかけて雷雨予報が出ていましたがなんとか降らずに済みました。

P8121746

この界隈にはシーフードレストランが何軒も並んでいます。

長くなりますので、記事を分けて書きますね。夜景と花火は次回へ。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ



バスクの民俗祭り Euskal Jira

P8031666

8月3日(土)はEuskal Jiraのお祭りでした。
タイトルに「民俗祭り」としましたように、バスクの文化や生活慣習を現在まで継承している、というのを
アピールするお祭りです。

このお祭りに参加する人達は「農夫」「農婦」の格好をしています。
その服装が表すようにとても質素でシンプルなお祭りです。

P8031667

参加者達によるパレードがメインイベントなのですが、バスクのお祭りに必ず登場するこの「巨人」
(Gigantes・ヒガンテス)が先頭をゆらゆらと、時々ゆっくり体を回しながら歩いて行きます。

P8031668

お祭りに欠かせない吹奏楽隊が賑やかな音を奏でながら後に続きます。

P8031669

P8031670

バスクの民族舞踊のグループもいくつか参加して、時々歩みを止めてダンスを披露します。

P8031671

古くからバスクの人達が営んできた酪農をシンボルにした山車

P8031672

本物の子牛達が乗せられていました。

P8031675

農夫にとってロバはマイカーの役目でした。

P8031676

大勢の参加者達

P8031678

P8031681

バスクの木製楽器チャラパルタ(Txalaparta)を演奏しながら

P8031679 copia

バチを垂直に木の板に当てて演奏します。

P8031685

グループ毎に付いている小さな楽隊

P8031691

片手でチストゥ(Txistu)という縦笛を吹き、もう片方で太鼓を叩く
バスクでは良く見られる演奏パターンです。

P8031694

P8031693

子供達がとても可愛らしかったので、、ボケてしまいましたが(苦笑)

P8031686

P8031689

P8031690

P8031696

P8031697

P8031698

P8031699

P8031701



P8031706

P8031711

パレードの最後尾を行くサンパンツァール(Zanpantzar)不思議な格好ですよね。

カラフルな三角棒をかぶり、羊の毛をまとい、腰につけた大きなカウベルを鳴らしながら
練り歩くこの民俗伝承のキャラクター

P8031709



元はその大きなカウベルの音で冬の静寂をやぶってカーニバルの、春の到来を知らせて
悪霊を追い払う役目のものだったようです。

日本の「なまはげ」のように人を嚇したり、暴れたりはしません。
ただ無言・無表情で大きな音を鳴らして歩き回るだけです。

こうして街のメインストリートを練り歩いた一行は最終地点のウルダニビア広場で
その後も音楽を奏で、踊り、お祭りの午後を楽しみます。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

パンプローナとパサヘスのサン・フェルミン祭

san fermin

パンプローナでは7月6日から7月14日まで開催されているサン・フェルミン祭が行われています。

これは7月6日正午前後のパンプローナ市庁舎前広場

正午に市長がサン・フェルミン祭の開会宣言をして合図の花火Chupinazoを打ち上げるのですが
今年は何者かが巨大なバスクの旗イクリーニャを直前に掲げて妨害したために開始が18分遅れました。
合図の花火Chupinazoはこの動画の30分頃です。



フィエスタの期間中は毎朝8:00にエンシエロ(牛追い)がテレビ中継されています。

http://www.rtve.es/noticias/san-fermin/encierros/

デフォルトで当日のエンシエロのフル動画が観られるようになっています。

左のほうにビデオカメラが付いたマップがありますが、これは走路の各ポイント毎の画像を
観られるようになっています。


改めてエンシエロをフルでご覧になりたい場合は「ENCIERRO COMPLETO」のボタンを押して下さい。

生中継をご覧になりたい方は現地時間8:00前(日本時間15:00前)に左上の「DIRECTO」ボタンを
クリックして下さい。2分~3分であっという間に終わってしまいますが。


ところで、サン・フェルミン祭というともちろんパンプローナが有名ですが、聖フェルミンが守護神の町村は
他にもあります。パンプローナと同じナバラ州のレサカとバスク州のパサヘス・アンチョです。

お祭りの規模はぐっと小さくなりますが、現地の人達は毎年楽しみにしているフィエスタです。

パサヘス・アンチョではエンシエロは行われなくなりましたが、バキーリャは今でも行われています。

vaquillas Pasajes 2013

IMG_6254

IMG_6250

 ご覧のとおり放たれた牛と追いかけっこするわけです。

一見のどかですが、油断してると危ない遊びです(苦笑) 




 にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

バスクのビーチと7月のイベント

969731_626161250728961_1472947384_n

バスクにもやっと夏が来ました!

7月5日(金)Hendaye(フランス側バスク)のビーチです。

快晴でやっと夏気分の天気になりました。皆一斉にビーチへ繰り出していますw

来週にかけてさらに気温も上がりそうです。

la concha

こちらは、サン・セバスチャンのラ・コンチャ・ビーチです。
少し前に撮ったものなので人影がまばらですが、今日はきっと人で埋まってたでしょうね。

今月は、各地でお祭りやイベントが続々とあります。

パンプローナでは、7月6日からサン・フェルミン祭

ビルバオでは、7月11日から13日までビルバオBBKライブフェス

オンダリビアでは、7月11日から14日までブルース・フェスティバル

ビアリッツでは、7月17日から21日までビッグ・フェスティバル

サン・セバスチャンでは、7月24日から28日までジャズフェスティバル  が開催されます。

PicMonkey Collage

サン・セバスチャンのジャズフェスでは、スリオラ・ビーチに設置されるステージでのコンサートは
無料で楽しめます。毎年「こんな人達が無料で観られるの?」というようなセレクションです。

今年はジェイミー・カラム、エルビス・コステロ、日本から渋さ知らズなどが出演します。

こちらは去年のジャズフェスの記事です。

その他各市町村でもローカルな夏祭りが開かれているはすです、良いお天気が続くといいですね。


 にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

サン・ファンの夜のスーパー・ムーンと夏祭りの準備

super moon

月が地球に最も近くなる時と満月が重なったスーパームーン

その6月23日(日)の夜は、スペインでは夏の到来を告げるサン・ファンの夜でした。

どんな夜なのかは、こちらの記事をご覧下さい。

今年も各都市の色々な場所(特にビーチ)に大勢の人達が集まって焚き火を楽しんだようです。

P6241310

未だに気温が上がらず全然夏気分ではありませんが、既に学校も夏休みに入り
街では夏祭りの準備が始まりました。

P6241311

6月30日の本パレード前に3回、地区毎のグループの予行演習があるんですが

例年通り、自宅の真下までやって来たご一行は

P6241314

「休憩」の号令と共にさーーっと散ってバルへ向かいました(笑)
歩きまわった後のビールは格別おいしいんでしょうね。

その後また集合して地区を一回りするんですが、休憩時間30分近く?
結構長くてその間も皆太鼓をドンドコ叩きまくっているのでかなりうるさいです(苦笑)

窓を開けた時、あまりの音の大きさに
我が家の猫がおびえていました。
予行演習最終日と本番の日は空気銃を持ったグループも参加するので
周辺の動物たちは音に怯えてしばし受難のひとときを過ごします。

サン・マーシャル祭 去年の記事は、こちら  


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

オンダリビアのフィエスタ 9月8日は一年で一番大切な日

DSC_0740

Fiesta de Hondarribia 8 de Septiembre 2012

バスクの人々は郷土愛が強いので有名ですが、そんな人達にとって一年で一番大切な日は
自分が生まれ育った土地の伝統的なお祭りの日です。

オンダリビアでは毎年9月7日から11日までがそのお祭りの期間ですが、8日のメインパレード
Alardeはフランス軍を相手に勝利を治めた記念に1639年からずっと行われてきているそうです。

隣合わせのイルン市のサン・マーシャル祭のパレードと形式は同じく、早朝と午後に2回
各地区で形成されたグループ毎に決められた正装姿で街の中をパレードするというもの。

そのパレードを良いポジションで観るために、交代で前日の夜中から並ぶ人達もいます。

上の写真はオンダリビアの旧市街地の入り口(門)のすぐ近くです。

DSC_0745

街の男性陣がほとんどパレードに参加しているので、沿道の観客は女性・子供がほとんど。
皆自分の家族や友達の姿を観ようとはりきってやってきているのです。

上の写真の真ん中に映っている赤いヘルメット姿の3人はバスクの州警察隊、坂の上のほうで
ちょっとした揉め事があったようで出動したようです。
ここは旧市街の門からパラドールへ向かうマヨール通りです。

DSC_0749

通りは満杯、教会前の城壁にも人が溢れ、各家のバルコニーにも人が鈴なりです。
狭いスペースに人が殺到したので、後から入ってくるパレード隊が入る余裕が無くなってしまい
警官隊が規制することになったようでした。

DSC_0756

これは坂の上から逆方向に撮ったもの。赤に緑と白のクロスが入ったバスクの旗イクリーニャと
オンダリビアの旗(白地に赤のクロス)があざやかです。

DSC_0798

なんとか状況も落ち着いて午後の部のパレード開始です。

DSC_0806

ひとつのグループは、鼓隊・笛隊と鉄砲隊の3隊で形成されています。

DSC_0859

鉄砲隊の真ん中にはカンティネラと呼ばれるそのグループが毎年選出する地区代表の女性がいます。

左右に1名ずつ隊とは別にカンティネラの護衛のように並んでいるのは、カンティネラの父親・兄弟・恋人の
何れか。カンティネラに選ばれるというのは一家にとって大名誉なことなのです。
ただの美人コンテストではなくて、その地区でどれだけ人気があるかというのが決め手のようです。

DSC_0815

各グループの旗手は大事な役目。汗びっしょりになって旗をふりかざしながら進んで行きます。
ここで沿道の女子達の足元にご注目下さい。

DSC_0815-p1

コップは余計ですが(苦笑)白い服に赤いスカーフやサッシュベルトというのもお祭りの装いですが
足元も白と赤のエスパドリーユで揃えれば完璧です。

今年はこのエスパドリーユがイルン市のお祭りのポスターモチーフとしてクローズアップされました。

DSC_0840

マヨール通りを上ってパラドール前広場に全グループが集結します。
ご覧のように各グループ毎に正装が違います。

DSC_0847

家族や知人が通ると声援にもさらに熱が入ります。

DSC_0866

このグループの正装はイルンのサン・マーシャル祭での正装とほぼ同じです。

DSC_0871

イルンのサン・マーシャル祭は正式に参加できる年齢が確か16歳以上だったと思いますが
オンダリビアのお祭りは年齢制限無しのようで、子供はこのバケツを持つ役目で参加できます。

昔バケツ隊は軍の一行のために水を運んでいたそうです。

DSC_0886

このグループの旗手はかなり年配の方でした。

子供から若者、青年、壮年、そしてこんな年配者まで全世代の町民総出で盛り上げるお祭りです。

DSC_0893

パレードの最後尾は騎馬隊と砲兵隊です。

DSC_0912

見慣れないとぎょっとする姿ですよね。
ツルハシのような工具を担いでると思うんですが毛帽子が大きくて見えません。
職人さんグループでしょう(今もこんな姿で仕事してるわけではありません-笑)

パラドール前広場での全体集結が終わって通りを下ってきているところです。

DSC_0922

パレード参加者が沿道の両サイドに整列し、お祭りの総リーダーであるコロネル(総督)を迎えます。

DSC_0930

楽隊も下りてきました。

DSC_0932

各グループの旗手達もグループ代表として下りてきました。

DSC_0938

オンダリビアの役所前に集結して、今年も街のお祭りが無事終了したことを宣言してフィナーレを
迎えます。

DSC_0960

この時はもう整然と歩いてくる必要はありません。徒党と肩を組みスキップで下りてきます。
皆とても楽しそうで満足気な表情をしています。

今年も無事お役目終了といったところでしょうね。

DSC_0964
 撮影:Ayumi Aguirre

それぞれのグループがこうして自分の地区へ帰って行きます。

日本各地の時代祭りのようなイベント的・観光的要素が無いので、外から来た人には待ち時間も長く
たいくつかもしれませんが、ちょっとエキゾチックな様子がおもしろいとか
街の伝統的な賑わいが好き、という方はこの時期にオンダリビアを訪問されると楽しいかなと思います。

6月末にイルンのサン・マーシャル祭で夏の到来を感じ、9月8日のオンダリビアのお祭りで夏の終わり
を感じ、長い夏休みの後学校も新年度が始まり、これからバスクは秋へと向かいます。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

サン・セバスチャンの夏祭り

donostia-aste-nagusi
8月11日(土)から18日(土)までの一週間、サン・セバスチャン市では夏祭り
アステ・ナグシア(ASTE NAGUSIAバスク語) セマナ・グランデ(SEMANA GRANDEスペイン語)が
開催されています。

今年のポスターは、サン・セバスチャンのシンボル・カラーのブルーで、バーコード風に
ラ・コンチャ湾をデザインしたなかなか素敵なものになっています。

小さなイラストがいくつかのっていますが、左からイゲルド山の塔、チリダのモニュメント「風の櫛」
夏祭り名物の花火大会、そして花火を見ながら食べるのがお約束のアイス(笑)
ウルグル山のキリスト像、クルサール国際会議場、サグエス広場でのフリーコンサート(♪)
というふうにサン・セバスチャンやフィエスタのシンボル的なものがモチーフになっています。

左端の崖のぼりをしてるのだけ、意味がわからないんですが、、

DSC_0402
  撮影:Ayumi Aguirre

旧市街とグロス地区を結ぶスリオラ橋も大混雑です。

DSC_0404

クルサール国際会議場、スペイン語ではLa Quincena Musical de San Sebastianという文字が
浮かび上がっていますが、毎年8月この会場を中心にクラシック音楽祭が開催されています。

セマナ・グランデの夏祭り中は連日昼夜色々なイベントが市内で行われています。

プログラム
http://www.semanagrande.com/programa

大勢の人達がラ・コンチャ界隈を埋め尽くす花火大会は毎晩22:45から行われています。

P8170036

P8170038


そして子供連れや若い子達が出かけていくのが移動遊園地。

DSC_0453

日本のテーマパークや小さな遊園地からすると、とても小規模で古臭い施設ですが
夏祭り期間中しか無いものなのでけっこうな人がやってきます。

DSC_0437

けっこうな速さで回る観覧車、ちょっと怖そうですw

DSC_0448

上下に揺すられながらぐるぐる振り回される「SKATER」

DSC_0447

急降下しながら大回転する「ALCATRAZ」乗ってるところは檻ですね(笑)

DSC_0455

そして移動遊園地の横にセットになってあるのが

DSC_0441

チュロス屋(油の匂いがするので、場所はすぐわかりますw)

フライドポテトやポテトチップスなど他の揚げ物も売っています。

道路に散らばっている赤い紙は、隣の出店でやっているくじ引きでしょう。

自転車も景品なんでしょうね。

こういうレトロな夏祭り風景は昔からほぼ変わっていません。
流れるBGMは少しずつその年の流行に合わせて変わって行きますが。

サン・セバスチャン市の夏祭りが終わると同時にビルバオの夏祭りが始まります。



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

サン・マーシャル祭 2012

San Marcial 2012-p

今日からパンプローナ市ではサン・フェルミン祭が開始されますが、1週間前の
サン・マーシャル祭(イルン市)の写真を何枚か掲載します。

上の写真は30日のメインパレードが終わって家路に向かってる参加者達。

s-marcial1-p

これは前日29日の予行演習時。市内各エリアのグループごとに行われます。

s-marcial2

休憩時間になると皆いっせいにバルを目指します(笑)

P6300107
30日当日は早朝7時前に各エリア毎に集合して、街の市役所前広場に向かいます。

s-marcial2012
市役所前広場に総結集した後は、市内の決められたコースを全隊がパレード。

沿道には自分の家族や知り合いの姿を見ようと大勢の観衆が早くから待ち構えます。

s-marcial2012a
パレードは午前と午後の2回行われ、こうして今年のサン・マーシャル祭も終わり
夏の到来を実感したのでした。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


夏の始まり サン・マーシャル祭

irun-sanmartzial-12


Fiesta de San Pedro y San Marcial / San Pedro eta San Martzial Jaiak

http://www.sanmarciales.com/

スペイン、バスクの学校も夏休みに入り、今年も各市町村のフィエスタが次々に始まる時期になりました。

パンプローナのサン・フェルミン祭と同じく、イルン市でも毎年フィエスタの公式ポスターのコンクールが
事前に開かれます。

今回の優勝ポスターは、フィエスタ時に利用される白地に赤いリボンのエスパドリーユがモチーフ。
シンプルでわかりやすい(地元民にとっては?)デザインです。

一週間のフィエスタ期間中、例年通りにパレードの練習、シアター、コンサート、子供向けイベント
その他色々な催しが行われますが、市民の皆が特に楽しみにしているのは
期間中2日間ある花火大会と、6月30日のメインパレードです。

過去の日記はこちらのリンクからご覧下さい

サン・マーシャル祭 2007

サン・マーシャル祭 2008 パレードの動画


このフィエスタが終わると本格的なバカンスシーズン到来です。

今年はどんな夏になるのでしょう。ここ数日は気温が急上昇して真夏のようです。

blueberry5
春の長雨の間固かったブルーベリーの実が

blueberry6
やっと色づいてきました。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

夏の始まり

気温もぐんと上がってきて夏らしい天気になってきました。

店頭には旬の果物が色鮮やかに並べられています。

こちらでは杏や桃系の果物の種類がけっこう多いのですが、桃は果肉が赤みを帯びたものか
黄桃が主流で、水分と甘みの多い日本の白桃タイプはないのがちょっと寂しいのです。

paraguayo-p

それでもこのparaguayo(またはparaguaya)は、その日本の白桃に近い味がします。

このぺちゃんこになった感じの形がなんとも可愛らしいですよね。

名前からしてパラグァイ原産なのかな?とずいぶん前のブログ記事に書きましたが
どうやら中国原産種らしいです。

この桃が店頭に並び始めて味もおいしくなってくると、夏が来たなと実感できます。


そしてもうひとつ私にとって「ああ、今年もまたこの季節がやって来た」と肌で感じるのは
街のフィエスタのパレードの練習でtxilibito(チリビート)と呼ばれる甲高い音を出す小笛と
太鼓のリズムが通りから聞こえてきた時。

ensayo-san-miguel

イルン市のサン・マーシャル祭のメインパレードは6月30日にありますが
6月20日には各地区毎の予行演習が開始されます。

これが20、21、22日と3回行われ、23日から正式にサン・マーシャル祭ウィークの始まりで
連日色々な行事、儀式、イベント、コンサートなどが続きます。

お祭りの様子については過去記事をどうぞご参照ください。

サン・マーシャル祭 2007

サン・マーシャル祭 2008 パレードの動画

サン・ファンの夜 La noche de San Juan

今夜は夏の到来を告げるサン・ファンの夜

夕方になると外から焦げ臭い匂いが漂ってきます。

スペイン各地で厄除けのため不要になった木材などで焚き火をして
その周りに大勢の人達が集まって、中には肝試しさながらに
煌々と燃え盛る焚き火の上を跳ぶ人達もいたりして賑やかな夜を過ごします。

地中海側の都市バレンシアやアリカンテのビーチには十万人を越す人達が集うそう。
飲み物やバーベキューでいくつもの宴が繰り広げられるようです。

バルセロナではビーチでの焚き火が禁止されたとかで、一部道路を通行止めにして
交差点に焚き火用の木材が積まれてる様子をニュースで映していました。

バスク地方でのサン・ファンの夜の様子、こんな動画がありました。



学校は夏休みに入り、これからスペイン各地で次々に街のフィエスタが始まる季節になります。
livedoor プロフィール



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


ランキングに参加しています。
ポチッと押してくださったら嬉しいです(❛◡❛)
最新記事
ギャラリー
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • ゲタリアの人気炭火焼きレストラン、エルカノ
  • MUJI BGM 22 Basque 無印良品のBGMシリーズ。 新作「22」はバスクがテーマ
  • MUJI BGM 22 Basque 無印良品のBGMシリーズ。 新作「22」はバスクがテーマ
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 3月号「幻のバスク豚に会いに」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 待望のフォトガイドブック登場!「スペイン・バスク 美味しいバル案内」
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ 2月号「バスクのディープなる美食ワールドを探訪」
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • サン・セバスチャンの太鼓祭り 2017
  • 旅するスペイン語 NHK Eテレ1月号「体で覚えるバスク文化!」ほか
  • バスクより新年のご挨拶
  • バスクより新年のご挨拶
  • 植松良枝さんのバスクバルレシピブック BASQUE BAR RECIPE BOOK: スペインバスクの美食の地サン・セバスチャンへ。
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • 第64回サン・セバスチャン映画祭のにぎわい
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • チャコリワイナリー3社代表も来日参加する「スペイン展」伊勢丹新宿店
  • 金沢で再現されたオンダリビアの星付レストラン・アラメダのプレミアムディナー
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ